桜の開花が聞かれるようになった時に、『そうだ!六義園の枝垂れ桜を見に行こう』と思い立った。そして小雨が降る中を、都バスに乗って六義園に向かった。
都バスは「上野松坂屋前」から「早稲田」行きに乗り、「上富士前」で降りる。

シニア料金の150円を払って中に入ると内庭大門があり、そこから有名な枝垂れ桜が見る。大勢の人達が枝垂れ桜の前で、記念写真を撮っている。
しかし来るのが少し遅かったようで、花は満開を過ぎてかなり散っていた。


「しだれ桜」



六義園は文京区にあり、1702年に川越藩主・柳沢吉保によって造園された。
吉保は和歌や文学の知識を活かし、風光明媚な紀州和歌の浦の景色や、万葉集や古今集に詠まれた景勝地を園内に88ヵ所も再現した。 江戸期からの景観を留め、文化や歴史を伝える六義園は、富士山や金閣寺などと並んで国の特別名勝に指定されている』。

庭園内のところどころにアクリル板が立ててあり、そこには風景に合わせた和歌が書かれている。アクリル板の和歌を通して庭を見るという、粋な計らいである。

【出汐湊】
「和歌の浦に 月の出汐のさすままに よるなくたづの こゑぞさびしき」


「出汐湊」


【妹山 背山 玉笹】
「いもせ山 中に生たる 玉ざさの 一夜のへだて さもず静けさ」


「妹山 背山 玉笹」


【玉藻】
「和船の浦に 千々の玉藻を かきつめて 万代までも 君が見んため」


「玉藻」


【指南岡】
「尋行 和歌の 浦ぢの浜千鳥 あとあるかたに 道しるべせよ」


「指南岡」


【心泉】
「心の泉 いにしえよりもふかく 詞の林 昔よりしげし」


 「心泉跡」


【紀川上】
「朝もよひ きの川上を 詠れば かねのみたけに 雪ふりけり」

私が大学生の頃の話であるが、この近くに友人が住んでいた。
彼の家で麻雀をすることになり、4人が集まった。
その時に彼の高台の家の窓から見えたのが、六義園の庭だった。


 「紀川上」



(おまけの話)
雨も止まないし昼時になったので、またバスに乗り上野に戻った。
途中で不忍池が見えたので、そこで降りた。
こちらも雨というのに、大勢の花見客で混雑していた。

多分、半数以上が外国人観光客だと思う。
最近のアジア人は身なりも良くなり、顔つきも日本人に似て来たから分かり難い。


 不忍池「ボート池」(1)



外国人観光客は旅行の日程の関係もあり、雨だからといって観光を止めない。
しかも欧米系の人は、なぜか傘をささないのである。
スワンボートに乗って楽しんでいる人達も多い。

私も以前に天気の良い日に1人で乗ったことがあるが、これはとても気持ちが良い。
ウミネコがそんな人達を眺めている。


不忍池「ボート池」(2)



ボート池を横目で見ながら、弁天堂の先の道路を横切って石段を上る。
そこはお花見のメインストリートの「さくら通り」である。こちらは更に人が多い。お花見をしながら歩く人のために、道路の中心に仕切りがあり一方通行となっている。

まだ満開には少し早いが、傘をさして桜を見て、みんな満足そうだった。今年の桜は予想外の気温と天候で、この先、どうなるだろうか?


 上野恩賜公園の「さくら通り」の人混み


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,556

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    和歌を通じて風景を楽しむ。何という雅趣のある国民であろう!桜を見てしみじみと喜ぶ。なんという平和を愛する国民であろう!なのに、、、とここでは政治の話は控えるのが、風流というものだろう。

  2. 風流(Y)
    風流(Y)
    返信

    アクリル板を通して俳句を詠みながらその景色を想像する、この趣に感心しました。
    素晴らしい日本人!
    これを戦禍から守ったのは?

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,556

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ