「花曇り」という言葉がある。
今年の桜の満開の時期は、丁度、季語にあるような「花曇り」の日が続いた。
今回は我が家から歩いて、清澄通りを北上して越中島までの桜を見た。

【朝潮運河】(晴海)
私の住むマンションの裏手に「ドゥ・トゥール」という名のマンションがある。
隅田川から分流した運河で、東京湾に注いでいる。
このマンションの前の朝潮運河沿いに、桜並木が続いている。

以前は我が家の窓から良く見えたのだが、今年になり倉庫街の跡地に2棟のタワーマンションが建ち、少ししか見えなくなった。仕方ないので外へ出て、虎の門と豊洲市場を結ぶ都道2号線の橋の上から桜並木を撮影した。


 都道2号線の橋の上から見た桜並木



【黎明橋公園】(晴海)
朝潮運河を上流に向かうと晴海通りに突き当たり、「黎明橋」という名の橋がある。
橋の右手には「黎明橋公園」があり、桜が満開だった。
それほど大きな公園ではないが、子供用の遊具もある。

この日は平日の午前中だったので、子供達もいなかった。
10本ほどのソメイヨシノが満開だった。


 黎明橋の横にある「黎明橋公園」



【トリトンスクエア】(晴海)
黎明橋公園を出て晴海通りの陸橋を渡ると、そこはトリトンスクエアである。
ここは巨大なビジネスビルで、商業施設も入っている。
東京オリンピックが開催される時に、ここにオリンピック事務局があった。

ビルの前は朝潮運河で、隅田川の支流の月島川がT字型で流れ込んでいる。
朝潮運河には桜並木が続いている。まだ若木ばかりなので、派手さには欠ける。
上流から水上清掃船がやって来た。


 トリトンスクエアの前の運河を行く「水上清掃船」



【月島川】(勝どき)
晴海通りに戻り清澄通りに出て、勝どき駅方面に向かう。
駅の近くで清澄通りを右折して少し行くと、月島川に出る。
その川に架かる橋は「月島橋」で、橋の手前で川岸に降りる。

テラスを歩いて隅田川へと進むと西仲橋で、この間の両側に桜が植えられている。
夜の出番を待つ、屋形船が係留されているのが見える。


月島川に係留している「屋形船」



【佃掘】(佃)
月島の「もんじゃ通り」を抜けて、更に先に進む。
頭の上に佃大橋を渡る道路が見える。
そこをくぐり先に進み、少し左に行ったところにあるのが「佃堀」である。

隅田川から分かれた小さな水路が、住吉神社の裏を通り佃堀で行き止まりとなる。
朱色に塗られた佃小橋の上から見ると、両側に桜が見える。
外国人ばかりのグループがシートを敷いて、日本風の花見をしているのが見えた。


 住吉神社の裏の「佃堀」



【石川島公園】(佃)
住吉神社にお参りし、先に進むと「リバーシティ21」という高級マンション街に入る。ここは有名人が多く住んでいるようだ。
リバシティ21を抜けて先端まで行く。左手は隅田川で、T字型に水路が右に分れる。

その広い水路の両側に、桜並木がある。対岸はもう江東区である。
相生橋に近付くと、桜並木がトンネルになる。なかなか見事な散歩道である。


 相生橋の袂から見た桜並木



【東京海洋大学】(越中島)
今年の桜の開花は、昔のように入学式と重なった。
東京海洋大学でも、4月5日に入学式が行われていた。
私は「桜と明治丸」の写真を撮ろうと思っていたのに、入学式と重なって校内に入れなかった。ところが学校と運河の間に、最近になり展望台付きテラスが出来ていた。

そこに上り明治丸の写真を撮った。本当は明治丸の後方に植えられている桜を入れた写真を撮るのが希望だったのである。


 東京海洋大学で保存されている帆船「明治丸」



(おまけの話)
年のせいか、段々と夜に出掛けるのが億劫になって来た。
そんなことから、近年は「夜桜」を見る機会が無くなった。
天気が優れない日が続いていたが、7日の日曜日は晴れて気温も上昇した。
そこで近場の朝潮運河の「夜桜」を見に行くことにした。

女房に『夜桜を見に行こう』と言っても、『1人で行って!』と言われるだろうと思い、『トリトンスクエアに焼肉を食べに行こう』と誘ったら、『行く!』となった。


 4月1日に開通した「黎明小橋」



夜の6時に店を予約したので、5時45分に家を出た。
まだ明るい時間なので、朝潮運河の桜を見ながら歩いて行った。
そして気が付いた。完成したが、閉鎖中だった歩道橋が開通していた。
帰りにこの橋を渡って帰ることにした。橋の名前は、私の予想していた「黎明小橋」になっていた。


対岸の「ド・トゥールマンション」の夜桜



食事の後に黎明小橋を渡り、新しく完成したタワーマンション「パークタワー勝どき」の運河沿いの道を歩いた。ここから運河の向こう側の夜桜を見る予定だった。しかし特にライトアップはしていないので、道路沿いの照明があるだけだった。残念ながら、期待したほどの夜桜にはならなかった。この日は桜を求めて歩き回ったので、疲れてしまい早寝した。


 暗い中でお花見をする人達


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,406,948

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,406,948

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ