【靖国神社→千鳥ヶ淵→国立劇場前→日比谷公園】(4月7日)
3月28日に「皇居乾通り通り抜け」に行った時に、千鳥ヶ淵にも行った。
その時はまだ開花宣言が出ておらず、桜も咲いていなかった。
今年はアチコチに桜の撮影に行くので、今年は千鳥ヶ淵はパスしようと思っていた。

ところがテレビニュースで千鳥ヶ淵の様子を見せられると、決心が揺らぎ、結局は行くことになった。7日は最高気温が22度と知らせていたが、体感気温では25度はありそうだった。


武道館は明治大学の入学式だった。



【靖国神社】
先ず最初は靖国神社に行った。
ここにある開花宣言のための「標準木」の、花の咲き具合を見ようと思った。
標準木の近くに行ったら、大勢の人が集まって写真を撮っていた。

コロナ前は開花宣言の出る日でも、数人しか来ていなかったことを思うと隔世の感がある。欧米人がとても大勢来ている。桜を見るだけで、特に靖国神社の歴史も知らないのだろう。


 東京の桜開花の標準木(靖国神社)



【千鳥ヶ淵】
靖国神社を出て、靖国通りを渡れば千鳥ヶ淵である。
千鳥ヶ淵緑道に行ったら、大変な混雑だった。
警備員が何人も出ていて、緑道は中心で区切られていて一方通行となっていた。

しかも警備員が『立ち止まらずに、お進みください』と叫んでいる。
多くの人は写真を撮りたいので無視して立ち止るので、なかなか前に進めない。    


 良い気候の中でボート遊び(千鳥ヶ淵)



人混みの隙間からお濠を見たら、沢山のボートが出ていた。
お濠に垂れ下がった桜の木の下でボートを止めて、ノンビリと写真など撮っている。
一方の私の方はノンビリどころか、人混みで暑いし疲れた。
せっかくここまで来たのだからと、やっと見付けた隙間から写真を撮った。

しかし更に先に進んで驚いた。400~500メートルの列が出来ていた。何ごとかと思ったら、ボートに乗るのを待つ列だった。最後の方の人は、乗るのが夜になりそうだ。


上方は武道館に向かう人達



【国立劇場】
千鳥ヶ淵の桜を見ながら、先に進む。
かなり距離はあるが、半蔵門まで歩いて行った。
信号を渡ると、右手に国立劇場がある。現在は建て替えのために休止中である。

国立劇場の入口の桜は見事である。劇場前に行くにはかなり先の信号を渡らなければならないので、今回は主たる目的地ではないので、反対側から写真を撮った。


国立劇場の桜



【日比谷公園】
そのままお濠伝いに先に進み祝田橋の信号を渡り、右手の日比谷公園の祝田門から中に入った。すぐ目の前が彼岸花の咲く小山の三笠山が目に入る。
そこを通り過ぎるとテニスコートがあり、その向こう側に立派なチューリップ畑が作られていた。

現在は公園の中心は大改造中で、2033年まで中に入れない。
中心部にはチューリップ畑があったので、ここへ移設したらしい。


チューリップ畑(日比谷公園)



日比谷公園も桜の木は少なく、桜の名所ではない。
チューリップ畑の先に桜並木があるが、本数は少ない。
その木の下で、大勢の人達がシートを敷いてお弁当を食べていた。
この場所は桜よりイチョウが有名で、私は秋にギンナンを拾いに来たこともある。

日比谷公園が大改造を終えてオープンするのは、9年も先である。
私がそれを見られるかどうか? 「神ぞ知る」である。


お花見をする人達(日比谷公園)



(おまけの話)【浜離宮恩賜庭園】
浜離宮は日本庭園なので、桜の木は少ない。
大手門から中に入り、右手に進む。
しばらく行くと少し開けた場所に出て、そこに桜並木が見える。
個々の桜が満開になると素晴らしい光景となり、多くの人が写真を撮る。

だから人の入らない写真を撮るのは、開門と同時に入らないと無理である。
その奥が「中の御門」という名のもう1ヵ所の門であるが、あまり使う人はいない。


枝が低く横に広がる桜(浜離宮恩賜庭園)



私の行った時は団体の外国人観光客が来ていて、桜を占有している。
代りばんこに記念撮影をするのは良いのだが、終ってもそこをどかない。
多勢に無勢なので、『そこをどいてくれ!』とも言い難い。
しばらく待っても動かないので、仕方なく桜並木の裏側を撮影した。


 「御衣黄」の開花はまだ先のようだ(花離宮恩賜庭園)



潮入の池の方へと進み、「御衣黄」や「うこん」の様子を見に行った。
この2種類の桜は非常に珍しく、緑色の花びらで咲くのである。
まだ全くの蕾であったが、暖かい日が続けばあと10日くらいで咲くのではないかと思った。

また友人のYさんに怒られるが、中央区民は5月6日まで使える無料入場券を渡されているので、御衣黄の咲く時には無料入場券で見に来られそうだ。
出口に向かい菜の花畑で、「桜と菜の花」の写真を撮ってから、家まで歩いて帰った。


菜の花畑の向こうに桜が見える(浜離宮恩賜庭園)


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,214

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. 多摩の桜(Y)
    多摩の桜(Y)
    返信

    都内の桜の名所を居ながらにして堪能できた。
    感謝しながら多摩格差を思い知らされている。
    八王子市の誇る「高尾山」には頂上へのケーブルカーがあるが麓の「清滝駅」前に老木の桜が毎年見事な花を咲かせて登山客を喜ばせている。
    ところが寄る年波のは勝てずに今年最後の開花となった。記念撮影に行って来たが、根元には「このサクラは、病気・老朽化が進んでしまったため、安全管理上令和6年度内の伐採を計画しております。今年の開花が最後となりますので、見納めください。」とある。
    最後まで頑張った老兵は消え去る!

  2. Shinji
    Shinji
    返信

    靖国神社から千鳥ヶ淵、三宅坂、日比谷公園、これを一気に歩いたとは相当な健脚ですね。しかも人混みの激しい所も通って。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,214

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ