子どもたちが家を離れてから、
我々夫婦は今は2匹のワンズと同居しているわけだが、
実はもうひとり(ひとつ?)とも同居している。

エゾサンショウウオの「さんしょうくん」だ。


今も時々脱皮をしているエゾサンショウウオ


彼(彼女?)はどこかの山の水たまりから持ってきた
卵から孵ったたくさんの仲間の中の生き残りである。

年齢は15歳?になるか。 
もういつからだったか、忘れるくらい前から元気に生きている。


このエゾサンショウウオは北海道の固有種で、
現在は希少野生生物リストの
「保護に留意すべき種」に指定されている。
天然記念物ではないから飼ってもいいようではあるが。

日光の当たらない家の中の隅に置いてあるため、
時々存在を忘れエサをあげるのも
久しくなるときもあるが
そんなときは
「しまったな・・・無事生きているかな・・・」と
恐る恐る水槽を開けるわけだが、
こいつは「待ってました!」とばかり
いつでも元気にムクっと頭を上げる。

夏は家の中に入ってきた
ハエやゲジなどの虫をあげて
虫が捕れない時はイトミミズをあげているが、
実によく食べる健康優良児である。

野生では冬に冬眠をするが、
暖かい家の中で飼っていると冬眠はしない。

しかし実に長生きをするものだと驚いている。
だが円山動物園によると
飼育下でも30年くらい生きる例が
あるというから驚きだ。

果たしていつまで同居していくのかな・・・



犬と暮らしとカヤックと kayaker

アクセス総数:12,613

豊浦町でワンコたちと暮らし、たまに海で遊ぶ日常をつづります。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

kayakerからの関連記事

犬と暮らしとカヤックと kayaker

アクセス総数:12,613

豊浦町でワンコたちと暮らし、たまに海で遊ぶ日常をつづります。

kayakerのよく読まれている記事(直近期間)

kayakerのカテゴリー

kayakerのハッシュタグ

kayakerのアーカイブ