タリズマン・マスター

 実は全国各地の神社仏閣には、「姿見の井戸」というのがあります。高野山の七不思議の中にも姿見の井戸というのがあります。実は、これは私個人の話で、今まで覗いて写らなかった井戸が一つだけありまして…。


(イメージ写真)


 東京都練馬区・長命寺を訪れてみてください…そして是非とも境内にある井戸を覗き込んで欲しいです。写らなかった井戸はここなんですが、もしあなたの顔が水面に写らなかったら…私と同じですわ…まだ私は生きてますが、それ以来二度と訪れなくなった場所でして…。写らない場合、残された命は長くないないだろう…とされています。脇にある案内板には「顔が写れば長生きするだろうと伝えられている」と穏やかな文章しか書かれていませんが…つまり逆に言ったら寿命の短い者の顔は反射しない…という事ですよね?

このお寺は高野山とゆかりが深いので、高野山の「姿見の井戸」を模して作られたみたいですが、オリジナルでも「自分の姿が写らなければ、3年以内に死ぬ」と断言していますわ…。

 もっともこれは理由あっての物言いでしょうけど…奥庭の小さな水面を覗いてみて、自分の顔が見えないほど目がかすんでいれば体調の悪い証拠らしい…
それを基準に注意せよ!という事なので、しっかり目をこらせば見えない訳ねぇだろう!と思って覗いてみたのですが、私の顔は?どこにも写っていなかったです。そんな体験した方もけっこういますよね?


気分悪いですが、同じ体験している方は原因は分かりませんけど、ご一報を!

むしゃなび占いはこちら


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

タリズマン・マスターからの関連記事

ちょっと不思議なおはなし タリズマン・マスター

タリズマン・マスターのよく読まれている記事(直近期間)

タリズマン・マスターのカテゴリー

タリズマン・マスターのアーカイブ