まるで何かを象徴するかの様に、
庭の隣家との境い目の角に勝手に育ち出した野薔薇の木。

7〜8年放置していたので今は大きく育った。

花の季節には白い花が咲く。
一度も選定はしていない。
伸び放題である。

そんな野薔薇の木にいつもやって来るすずめのつがい。
朝食ルートになっているのだろう。
早起きした朝は必ずと言って良い程見かける。

三羽の時が暫く続いた。
子供に違いない。
大勢の時もあった。

大勢やって来た時は喧しい。

暇な朝はニコンの24倍双眼鏡で
テリトリーの争奪戦を眺める。

人間は物を見る時には光子と呼ばれる電子を発して、
はね返って来る電子で物を確認しているらしい。

いつも警戒している鳥たちはその電子をキャッチしている。
だから見るだけで飛び去る事が多い。

我々も見られている時、キャッチしているのだが
鈍い私にはわからない。



それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,393

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

糸をつむぐようにからの関連記事

それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,393

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

糸をつむぐようにのよく読まれている記事(直近期間)

糸をつむぐようにのカテゴリー

糸をつむぐようにのハッシュタグ

糸をつむぐようにのアーカイブ