マンションンの友人2人を誘って、東京湾視察船「東京みなと丸」に乗る予約をしておいた。この2人はほとんど出掛けることが無いので、元気な私が時々、2人を連れ出している。「東京みなと丸」には乗ったことが無い2人は、とても楽しみにしていた。

ところがである。10日前に東京港湾局から電話があり、『東京みなと丸は臨時メンテナンスをするため、当面の間、運休します』と言われてしまった。再開時期は不明とのことで、2人に連絡したらガッカリされた。


 しばらく休止となった「東京みなと丸」



その日の夕方にポストを見たら、私宛の封書が届いていた。
封書には「ニッポン放送」の文字が見えたので、「映画の観賞券が当たった」と分かった。中を見ると、映画「デスパレート・ラン」の2人分の観賞券が「ムビチケ」で送られて来ていた。

「ムビチケ」は初めての経験だが、先ずは連れを誰にするか考えた。
ネットで調べたら、この映画の上映館は都内では新宿ピカデリーだけだった。
しかも最初の回が16時20分からと、私にとっては遅い時間だった。


「ニッポン放送」から届いた封書



私の周りに映画好きは、ほとんどいない。だから先ずは女房を誘った。
すると女房は『その日は私は明治座で歌舞伎の予約があるから、行けない』と断られた。彼女の話では『市川猿之助が自殺未遂で出演が出来なくなり、夜の部の公演の代役は「中村隼人」になった。彼のことを気に入っているので、チケットを申し込んだ』と言っていた。

しかし人気絶頂の市川猿之助が家族心中をして、両親は亡くなり、自分だけ生き残った。この先、どうなるのかが気になった。


 浜町の「明治座」



女房に断られたので、中高の同級生で映画好きのYさんを誘った。
彼は他の予定をキャンセルして、私の誘いに乗ってくれた。気の良い男である。
私は自分のチケットを入手するために、説明書もよく読まずにやってみたが巧くいかない。

そこで説明書を読んでから映画館を呼び出し、見る映画と時間を指定してたら、チケットの種類の画面に「ムビチケ」があったので、そこに「ムビチケ購入番号」と「暗証番号」を入れたら、その後はスムーズにスマホに入場券代りのQRコードが届いた。


 聴取のお礼と観賞券送付の案内と映画のチラシ



そこで次にYさんにもう1枚の「ムビチケ」取得画面をスキャンして、メールに添付して送っておいた。ところが彼から連絡が無いので、私から電話したら『巧くいかない』と言っていた。どうやら彼も説明書をよく読まずに、勝手に始めてしまったらしい。

しばらくして、また電話をしたが『駄目だ』と言う。そこで私から『先ず映画館から入り、映画を指定して、料金の画面になったら、そこにムビチケがあるから、それを選んでくれ』と説明して電話を切った。


「ムビチケ」のやり方を書いた説明書



もう夜の11時近くなり眠くなった。でも待つしかない。
しばらく待ったら電話があり、『やっと出来た』と言っていた。「やれやれ」である。
私の場合も説明書を良く読んでからチケット発券を行えば、なにも問題ないかったのに!」と、自分ながら呆れてしまった。

多分、Yさんも私と同じで、良く説明書を読まなかったのだろう。
お互いに「困ったジジイ」であった。
どうしてジジイというのは、2人してこうも勝手にやってしまうのだろう?
以前に流行った「老人力」なのだろうか?


 説明書通りにやると、QRコードが送られて来る。



新宿ピカデリーで待ち合わせて、映画館に入った。
私は前から3列目を予約したが、Yさんは最後部を予約していた。
映画は学校で人質立て籠り事件が発生し、息子の安否を心配する女性の話である。

彼女はジョギングで森の中にいて、どうにもならない。
スマホを使って学校、警察、友人、母親、職場、知り合いと走りながら連絡をする。
登場人物は彼女以外は、声とスマホ画像以外にはほとんど登場しない。
珍しい映画だったが、面白かった。


「デスパレート・ラン」★★★



(おまけの話)
映画を終ってから、一緒に夕食を食べた。久し振りに天婦羅の「船橋屋」に入った。
カウンター席に座り、Yさんは生ビール、私はお茶である。
天婦羅は7品にみそ汁とご飯が付いて、2700円だった。

職人が目の前で天婦羅を揚げてくれるので、熱々で美味しい。
ただご飯がねー。伊達産「ゆめぴりか」を食べ慣れている私には、不合格だった。


 天婦羅「船橋屋」



Yさんは腰痛が悪化してからリハビリで頑張っているが、その為に出掛けるのが億劫になっているようだ。だからあれだけ映画好きだったのに、この2年ほどは映画を見ていないそうだ。

翌日の彼からのお礼のメールには『久し振りの映画は、昔の映画に夢中だったころを思い出しました。再び、映画に興味を持って、見に行きたい気持ちになりました』とあった。私からは「また映画観賞券が当たったら、誘います』と返信した。


 「どら焼き」(250円)



食後は甘いもの好きのYさんの為に、「追分だんご」を買う予定をしていた。
ところが家を出る前にネットで調べたら、「午後6時閉店」となっていた。
新宿という繁華街で午後6時に閉店とは、よほど余裕のある経営なんだろう。

そこで私は出掛ける時に大江戸線の「門前仲町」で下車して、美味しい「どら焼き」を買っておき、『映画を見ながら食べて』と渡しておいた。
コロナで会う機会は減っていたが、何歳になっても同級生とはいいものだ。


  私の帰り道の新宿地下道。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,401,689

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. 多摩のY
    多摩のY
    返信

    脊椎間狭窄症の痛みを和らげるのに日医大永山病院麻酔科へ通院しているが、かちどきの自由人からのお誘いを優先して新宿ピカデリーへ急いだ。
    新宿駅の変わりように驚いて東口へ出るのに苦労して南口から延々歩いてしまった。
    歩行時間10分を超えてピカデリーに到着した時には痛みがピークを迎えていた。ピカデリーもすっかり様変わりして立派なビルの3階入り口でシアター➆は何と11階である。流石に新宿の映画館である。映画「デスパレート・ラン」は、何も先入観を持たずに観に入ったが、いつの間に画面に没入していた程の☆☆☆であった。
    映画の後のビールと天ぷらは疲れを忘れさせる美食を堪能させた。

  2. Shinji
    Shinji
    返信

    なんでもQRコード。スマホを持ってない人は、人にあらず、という風の勢いの強いこと。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,401,689

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ