ブログ閉鎖中の話題(2017年6月2日)

「年寄りは昔話ばかりするから嫌だ」という話を若い頃に聞いた覚えがある。
自分がその年寄りになってみて、やっとその理由が分った。
年寄りには「新しいことは起きない」 のだから、話をするとなれば昔話になる
のは当たり前のことなのである。

(今回の写真は中高時代の友人のKさんの水彩画です)


「首都大学の中庭」



また「年寄りは昔のことは良く覚えているが、新しいことはすぐ忘れる」という
のもある。これも良く考えてみたら、当たり前のことだった。
例えば、大きな壺を想像してみて欲しい。それを自分の頭と考える。


「小石川後楽園・天通橋」



上から次々と物(情報)を入れても、壺が大きければ問題なく入ってしまう。
若い頃は壺の中にあまり物が入っていないので、次々と入れてもまだ入る。
ところが年をとり壺が一杯になってしまったら、どうなるか?
古いものは下に積み重なっているのだから、新しく物を入れれば上から溢れ出るしか
ないだろう。


「上野・奏楽堂」



揺すったりすればまだ少しは入るが、壺が壊れる恐れがある。
年寄りというのは、壺が満タンの状態の人なのである。
中には若い頃に何も入れなかった人もいると思うが、そんな人は少数派だ。
だから年寄りは新しく物を入れても、すぐに溢れてこぼれてしまうのである。


「大平公園」



これを避けるには、どうすれば良いのか?
底の方に入っている古いものを取り出して、捨てるしかない。
或いは新しい壺を追加するしかない。ところが、これが難しい。

どうやって新しい壺を追加するか?
どうやって底の物を取り出して捨てれば良いのか?、今の科学でも分からない。
若者もいずれ年をとるのだから、年寄りの私達を暖かく見守って欲しい。


「大菩薩峠から見た富士山」



(おまけの話)
長年、愛用して来たガラケーが壊れてしまった。
これは6年前に買ったものだと思うが、定かではない。
壊れた原因は分からない。
最初の現象は何もしないのに、気が付いたら電源が切れていた。


「マンチェスター・バイ・ザ・シー」・・・★★★



ガラケーの蓋を開けたり閉じたりしたら、一時的に直った。
それも駄目になり、次にバッテリーを取り出して、入れ直したら大丈夫になった。
多分、バッテリーと本体との接触が悪いのだろうと勝手に判断した。
ところが、それも駄目になった。この時は焦った。


「ノー・エスケープ」・・・★★



私は以前から「画面が小さいから、私にはスマホは不向き」と考えていた。
必要なことは家のパソコンで調べるので、出先でインターネットが必要になることが
無いのである。だから次もガラケーと決めていた。

それに町でも電車でもバスでも、歩きながらでさえも片時もスマホを手放さない人達
のことを、「バカじゃないの?!」と軽蔑の目で見ているという私の現状がある。


「オリーブの樹は呼んでいる」・・・★★



家族は「いい加減にスマホにしなさいよ!」と以前から言っていたので、これを機会に更に強く言うようになった。仕方ないので、ドコモショップに行って相談した。
詳しく話を聞いたら、私が家族のシェアパックというプランに入れてもらい、ズーと
ドコモを使い続けるなら、現在のガラケーの利用料とほぼ同じと言う。


「セールスマン」・・・★★



家に帰ってそのことを話したら、女房は納得しない。
そこで更に詳しく聞いてみると女房が言うので、一緒にドコモショップに行った。
すると以前の係員が説明を間違えたか、足りなかったようで、結局は「現状の使い方ならガラケーで十分です」と言われた。

私は「ケータイ補償サービス」の契約をしていたので、新品のガラケーを4724円で手に入れることが出来た。そんなことで、私は相変わらずガラケー派のままなのである。
・・・・と、いうような次第なので、携帯電話のデータが全て消失してしまった。


「ゴールド」・・・★★★


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,284

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    ”年寄りというのは、壺が満タンの状態の人なのである。” とは良い表現です!

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,284

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ