金持ち中央区が、今年も高齢者を対象に敬老大会の「観劇会」を行った。
区内に3ヶ所ある「歌舞伎座」、「明治座」、「新橋演舞場」を、毎年順繰りに巡るのである。昨年は歌舞伎座だったので、今年は新橋演舞場になった。

招待される資格は9月15日現在で、「70歳以上の人」である。
ここへ越して来た時の私は、丁度、招待される年齢だったので、今回で11回目となる。
招待人数が増える一方なので、これがいつまで続くだろうか?


「ふるあめりかに袖はぬらさじ」のポスター



同じマンションの87歳のバアチャンが、初日に行ったのでLINEで様子を聞いてみた。
彼女の話では『区長の挨拶は良かったけれど、芝居は面白くなかったので一幕で外へ出た。その後に一緒に行ったと友達と映画「こんにちはお母さん」を見たが、その方が良かった』と書いてあった。

今回の出し物は「ふるあめりかに袖はぬらさじ」であり、主演は「大竹しのぶ」である。女房は「大竹しのぶ」はあまり好きじゃないようで、私もバアチャンの話もあったのであまり期待をしていなかった。
でもお弁当付きの無料招待なのだから、文句を言っては罰が当たる。


 招待券「1階15列7番」(1万6000円)



招待状に入っていたパンフレットで、芝居の粗筋を読んだ。
「幕末、開港前の横浜。遊郭「岩亀楼」の花魁・亀遊は店のお抱え通訳・藤吉と恋仲。アメリカから来た商人・イルウスに見初められ身請けが決った。藤吉との恋が成就しない亀游は自ら命を絶つ』

『亀游の幼馴染の芸者・お園は悲しむ。ある日、目にした瓦版に驚く。そこには「異人に体を許すなら、自らの命を絶つことを選んだ攘夷女郎」と真相が捻じ曲げられていた・・・・・・。芸者お園役が「大竹しのぶ」である。


新橋演舞場全景



指定された座席は前から15列目で、横から7番目だった。
この席は花道のすぐ横で、公演中に3回も役者が私のすぐ横を通った。
中央区は全館を貸し切りにしていて、多分、1階は80歳以上、2階席と3階席は70歳から79歳までの人達でほぼ満席だった。

私の席は通路に出る時には、横の人達6人に迷惑を掛けることになるので事前にトイレに行っておいた。期待して早めに行ったのに、今回は残念なことに山本区長は所用で来られず、代理が来て山本区長の代読をした


入口の大きな「中央区敬老大会」の看板



11時から始まった芝居は12時少し前に1幕目が終り、そこから40分の休憩で支給されたお弁当を自分の席で食べる。食中毒を心配してか、いつも酢飯の幕の内弁当である。
役者がボソボソとセリフを言ったら分からないと思い、念のために補聴器を持参した。

思ったよりセリフが良く聞こえた。そこで試しに補聴器を外してみたら、良く聞こえなかった。私より高齢の人が多いのだから、良く分からないままの人も多かったと思う。
女房でさえ、主役の「大竹しのぶ」のセリフは分かり難いと言っていた。


 新橋演舞場の1階席



後半が始まって間もなく隣を見たら、女房は居眠りをしていた。
終ってから聞いたら、『全然面白くなかった』と言った。
それより私が感心したのは「大竹しのぶ」は2時間以上もの間、早口でセリフをしゃべり通しだった。

このセリフを覚えるのは大変だったろうと思う。テレビ演劇や映画なら、「カット!」で撮り直しが出来る。でも芝居はそれが出来ず、いつもぶっつけ本番である。
家に帰ってチケット料金を調べたら、1階席は1万6000円(弁当別)もしたのである。


 私の席は花道の横



招待客は全員が70歳以上だと分かっている。
だから杖をついている人が30%くらいはいる。中には歩行補助カートの人もいる。
足の悪い人は圧倒的に男で、連れの女性はシャンとしている。
私は「杖が必要にはなりたくない!」と、新橋演舞場で強く思った。

芝居がはねてみなが一斉に外に出るが、杖の人が多くてなかなか進まずイライラする。
そこで帰りのバスは1台目に乗れそうにないので、バスには乗らず家まで歩いて帰ったのであった。


 支給されたお弁当(紙パック茶も付いて来た)



おまけの話)
私が築地本願寺にお墓を買って門信徒になり、同時に「築地本願寺倶楽部」のメンバーになって10年近くなる。でも買ったお墓を利用するまでには至っていない。
「築地本願寺倶楽部」のメンバーになると、毎月1回、「TSUKIJI」という小冊子が送られて来る。

その中に「へいわフォーラム2023」という企画が出ていた。
講師は以前はテレビで引っ張りだこだった、戦場カメラマンの渡部陽一氏だった。
講演のタイトルは「戦場からのメッセージをあなたに」だった。


 講演会の案内チラシ



講演会は9月17日(日)の午後1時30分から3時30分までで、お寺なので最初は僧侶の読経から始まった。講師の渡部陽一さんは、テレビで見たままの「ベレー帽」、「チョッキ」のスタイルで登場した。とても丁寧な方で、話し方は普通の人の3倍くらいゆっくりで、常に動き回りボディランゲージを併せて話す。

講演は3部構成で、1部は戦場の子供達、2部はウクライナ情勢、3部は僧侶との対談だった。現地で撮影する時は軍隊と一緒に行動する場合と、自分で通訳、ガイド、セキュリティを雇い、4人1組で行動して身の安全を図る場合とがあるそうだ。


築地本願寺の本堂前の案内看板



本堂の大きなスクリーンに撮影した写真を映し出したが、最前線の写真は無かった。
彼は『戦争は常に子供が犠牲になる。自分はその子供達の写真を撮り、世界に知らせるのが役目だと考えている』と話していた。

ウクライナ戦争にも、この1年半の間に9回も現地に行き写真を撮ったそうだ。
しかもロシア側にも行ったそうだ。彼は現在51歳だそうだが、もう30年間も戦場カメラマンを続けている。とても面白い講演会だった。


講演は「撮影・録音」は禁止(本堂内)


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,360,362

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    好き嫌いは抜きにしても、長いセリフを覚えて舞台で演ずる能力や、戦場へ出かけて危険な場所で写真を撮り続ける人などの、能力気力持続力完成力!そのプロフェッショナルぶりには脱帽します。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,360,362

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ