ベトナムの会社の、日本人女性役員(Sさん)から電話があった。
女性『9月25日にESUHAIグループの創立21周年記念パーティを、日本関係者だけで東京で行うので参加して頂けませんか?』

私 『参加しますが、21周年記念とは半端ですねー』
女性『昨年、行いたかったのですが、コロナ騒動で出来ませんでした』
私 『そうですかー。でもラッキーセブンが3つで、21周年になるからいいかも・・・』


東京駅丸の内口の夜景(9月25日)



彼女は創立時からのメンバーで、創立記念パーティを行った時もいた女性である。
その頃は神田の外れの貸しビルの、小さな部屋での創業だった。
創業社長ソンさんは私が現役の時に、私の会社にベトナム人材を売り込みに来た男である。その時のことは良く覚えている。

女子事務員が『社長に会いたいという人が来ています』と言いに来たので、暇だった私は社長室に来てもらった。


 東京駅のタクシー駐車場(9月25日)



その時の彼は日本の大学を卒業したばかりで、ベトナム人実習生を日本企業に売り込む営業マンだった。しかしあまりに日本語が上手なので、ベトナム人とは思えなかった。

男『ベトナム人実習生を紹介する会社で働いているのですが、貴社でベトナム人実習生を採用して頂けませんか?』
私『なぜ私の会社を知ったのですか?』
男『私は近所に住んでいます。そこで飛び込みで来ました』


パーティ会場「common cafe」



私は彼の誠実な態度を気に入ったのと、私の外国好きということもあり、今までに至る25年間の付き合いとなった。採用に付いては、私はホーチミン市まで行って10名と面接し、その中の2人を採用した。

その後、彼は会社を辞めて独立した。今の成功に至るまでに、会社を1回廃業している。まだ世の中のことが分かっていなかったので、私が反対したのに仲間を誘って共同経営をした結果の失敗だった。


パーティ会場にはスクリーンも用意された。



その間にも私は色々とアドバイスをし、最終的に最初に就職した会社の業務だったベトナム人実習生の派遣事業が成功となったのである。今ではベトナムには12ヵ所に支店を設け、日本語学校の生徒数は2000名、過去に日本に派遣した実習生は1万5000人を数える大企業に育ったのである。


子会社も増えて、日本で実習を終えた実習生をベトナムに進出している日本企業に紹介する業務も行っている。後に彼から聞いた話では、「橋本さんの会社が、私の営業で受注できた第一号の記念すべき会社でした』と言っていた。これから日本は労働者不足になるので、彼の会社は益々、発展するだろう。


 開会宣言をするSさん



パーティは東京駅近くのカフェを借り切って行われた。
出席者は総勢で20数名だったが、その中に私がビックリした人がいた。
彼女の名はNさんと言い、私は10年ほど前にホーチミン市に3ヵ月滞在し、日本語学校で生徒達に日本語を教えていた時に教員室で私の隣に座っていた女性だった。

今回の来日は日本政府の招きで「日本語教師の研修プログラム」に選ばれて、1ヶ月間の日本滞在だそうだ。久し振りに会えて、お互いにとても嬉しかった。 


 ソン社長の誕生祝の花束贈呈。



パーティが始まり、私は乾杯の音頭をとらされた。
乾杯の前に少しだけ、私とソン社長との出会いの話をした。
ベトナムの習慣なのか社長は家族を同伴して、1人づつに挨拶をさせた。
その後はベトナム人社員の紹介と各自挨拶、日本人社員の紹介と各自挨拶と続く。

誕生日が近いソン社長の誕生祝も加わり、午後7時前から始まったパーティは延々と続いた。店から閉店を知らされて、やっとパーティは終ったが、3時間にも及ぶパーティだった。 ベトナム人は本当に「パーティ好き」なのである。


パーティのお土産のベトナム製「テーブルクロス」



(おまけの話)
「21周年記念パーティ」の誘いを受けた後に、また連絡があった。
Sさん『パーティの前日に社長家族が日本に来るので、橋本さんに会いたいそうです』

私  『それではみんなで我が家に来て下さい』
Sさん『大勢ですよ。社長夫妻、娘さん2人、お手伝いさん、それと私の6人です』
私  『全然、問題無い。みんなで来て下さい』
Sさん『社長の長女は早稲田大学に入学することになった』
私  『それは良かった。私達が出来るだけ、面倒を見よう』


午後2時にインターフォンが鳴った。



ソン社長の家族は以前は日本に住んでいたこともあるので、私はみんな知っている。
お手伝いさんのJちゃんは、私達夫婦がホーチミン市の社長の家に呼ばれた時に料理を作ってくれた女性だ。

彼女は以前に実習生として、日本に3年間、住んでいたので日本のことは知っている。
午後2時丁度に、部屋のチャイムが鳴った。そして6人は我が家にやって来た。
ソン社長とはコロナ騒動があったので、3年ぶりの再会である。


 我が家の居間で歓談する女性達



ベトナムから色々なお土産を持って来て、良く知った同士なので話が弾んだ。
ソン社長は事業の話を一生懸命に説明してくれた。相変わらず熱く語る男だ。
コロナの2年間でゆっくりと、将来の事業の在り方を考える時間があったのが幸いしたと話していた。

事業は益々、発展し、『来年はまた12階建てのビルを建てるので、是非とも家族で来てほしい』と頼まれた。私の関係した若者が成功する姿を見るのは、私にとってはなによりの「冥途の土産」となる。


ベトナム土産の一部


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,556

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    飛び込みできた、ソン氏、ラッキーでしたネ!!こういうのを運命の出会いというのでしょう。その後25年経ち、親交は深まり、またソン氏の発展を見るのは、先生が昔の教え子を見守るような感慨深いものがあるでしょう。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,556

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ