10月はいつもより多く、6本もの映画を見た。
その理由は「TOKYO FILM FESTIVAL 2023」があったことも関係している。
映画を見る時は、ネットで評判を確認したり、ラジオの文化放送で流れる映画評論家のコトブキツカサの解説も参考にしている。

【旅するローマ教皇】
10月最初の映画は「旅するローマ教皇」であった。
これは良く調べないで見に行ったのが悪かったが、ドキュメンタリー作品だった。


 「旅するローマ法王」★★



【洞窟】
毎月1回は必ず「HERMES」銀座店で映画を見る。
HERMESは儲かっていることもあるが文化活動に熱心で、10階にミニシアター「ル・ステュディオ」がある。そこで土曜・日曜に予約制で古い映画を無料で上映している。

10月は「洞窟」という、ドキュメンタリー映画だった。
ほとんど音声の無い、ただ洞窟を探検して行く映像だった。


「洞窟」★★



【トオイと正人】
東京工芸大学が創立100周年を記念して、所属教授の制作した映画を無料で公開した。題名は「トオイと正人」である。この映画はドキュメンタリー風で、「タイの小さな町で残留日本兵とベトナム系タイ人の間に生まれた少年トオイが、父の帰国に合わせて福島県にやって来る。トオイから正人になった少年が大人になり、自分の中に眠っているトオイを探す記憶の旅に出る。


  トオイと正人」★★★   



【OCEAN'S ELEVEN】
この映画は「オーシャンと11人の仲間」のリメイク版で、2001年の作品である。出演はジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツなど、錚々たるメンバーである。ラスベガスのカジノの金庫を狙う1人の話である。演出と画像の荒唐無稽さが楽しめる。
(TOKYO FILM 2023)    


 「OCEAN'S ELEVEN」★★



【プロミスト・ランド】
この映画「プロミスト・ランド」は2012年の作品で、マット・デイモン主演である。あるアメリカの田舎町でシェールガスの採掘権を安く手に入れようとするエリート社員が、農民との交渉の中で人生の岐路に立たされる話で面白かった。アメリカの田舎の事情がよく分かった映画だった。(TOKYO FILM 2023)


「プロミスト・ランド」★★★



【ドミノ】
この映画「ドミノ」は、映画評論家のコトブキツカサが推薦していたので見に行った。刑事ダニーは公園で目を離した隙に、娘が行方不明となる。娘の行方不明に関与している男を追い、現実と見紛う世界に踏み込んで行く。少し難解な筋である。

最後に娘を助け追い詰めた男を殺すが、字幕の後に男は生き返る。
続編を予定しているようだ。


「ドミノ」★★



たまに見たい映画があると、新宿武蔵野館まで出掛けて行く。
ここは待合室が狭いが、色々とお楽しみが用意されている。
私が気に入っているのは、突き当りにある一画である。

そこにはその時のテーマにより、色々な画像が貼られている。
今回はヒッチコックで、写真撮影用にディレクターズ・チェアが置いてあった。私は恥かし気もなく、椅子に座ってタイマーで自撮り写真を撮ったのである。


ヒッチコックの画面を背景に。



(おまけの話)
10月23日から11月01日まで、「東京国際映画祭」が開催された。
上映会場は銀座・日比谷・有楽町・丸の内など10ヶ所くらいの映画館と、特設会場である。ホームページを見たら、映画によっては普段より相当高い価格で、一番高い映画は3000円もした。

私は普段はシニア割引で1300円で見ているので、3000円も出して見たくないと思った。映画館以外の上映場所では、無料で公開する映画があった。ミッドタウン日比谷の前の広場には巨大なスクリーンが立てられていて、その前には折畳み椅子が並べられていた。


 「TOKYO FILM 2023」(日比谷で)



10月30日にたまたま通り掛かったミッドタウン日比谷では、午後3時から「OCEAN'S ELEVEN」を上映すると分り、時間調整をしてから見ることにした。会場の横では缶コーヒーメーカーの「GEORGIA」がボトル・コーヒーを無料配布していたので、それをもらった。上映時間が近付いたので会場に行くと、またボトル・コーヒーを渡されたので、今度はラテをもらった。


 10月30日にもらった「GEORGIA」のコーヒー



翌日の放映予定を見たら「プロミスト・ランド」で、見たことが無かったので、31日にも見に行った。この日は早めに行ったので、またボトル・コーヒーをもらった。その横で行っていたイベントを覗いていたら、係の女性から「マイボトルを作りませんか?」と誘われた。

これは私の写真を撮って、それをボトルに貼ってくれるサービスで、時間があるのでお願いした。そして画像処理をした自分の顔が貼られたボトル・コーヒーが完成した。


10月31日にもらった「GEORGIA」のマイボトル


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,410,948

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. shinji
    shinji
    返信

    人の生涯を追ったドキュメンタリーに、フィクションの映画よりも感動することが多くなった私です。明らかに年齢のせいです。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,410,948

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ