ブログ閉鎖中の話題(2014年3月20日)

「件名」にある「1ヶ月に9本」の意味が分った人は少ないと思う。
皆さんは映画はお好きですか? 私は大好きです。

中学生の頃から映画を見始め、結婚したら女房も映画好きだったので、映画は良く見る。最近は便利な場所に引っ越して来たので、見る回数が増えた。
銀座に出れば沢山の映画館があるし、豊洲に行けば大きな座り心地の良い椅子のあるシネマコンプレックスもある。


百田尚樹の小説「永遠のゼロ」の映画化。



しかもシニアになったら、1800円の入場料を1000円にしてくれるから嬉しい。
その上、現役を卒業しているので、いつでも混まない時を狙って見に行ける。
でも、水曜日は避ける。 レディースデイとかで安くなる日なので、オバサンでいっぱいだからだ。


「クロワッサンで朝食を」。 大金持ちの老婆と家政婦の話。



この1ヶ月で9本の映画を見たが、それが「件名」の意味である。
それが添付写真のものだが、どれも甲乙付けがたい。
映画となれば、みんな面白い。


「ネブラスカ」。 ボケた父親と賞金の1万ドルを受け取る為にネブラスカに旅する。 我々のようにボケが始まった年代の人は、見ておくべき作品。



時々いるが、「つまらないから、途中で出た」という人の話を聞くが、それは勿体ない。つまらない映画の中にも、探せば面白いところもある。

私の好みは「ヒューマンもの」である。
コメディは見ない。 ミュージカルも見ない。 アニメも原則として見ない。
最近流行りのコンピューターグラフィックを多用した映画も、好みではない。


「ウルフ・オブ・ウォールストリート」。 ウォールストリートでの大成功と没落の実話の映画化。



私がこの1ヶ月間で見た映画は、全て人間物語である。
特に印象に残ったのは、原題が「The Butler 」で邦題が「大統領の執事の涙」である。
この映画は実話に基づくものであるが、物語は特に波乱万丈ということもない。


「大統領の執事の涙」。 アメリカのアイゼンハワーから7代の大統領の執事として働いた実話。



しかし、私が50年前にニューヨークに滞在していた時代の話がかなり出て来て、非常に懐かしい。まだ黒人が差別されていた時代で、公民権運動が盛んだった。
英語が思うようでなかったので、その時は詳しく分らなかった。


「ダラス・バイヤーズクラブ」。 エイズの薬を求めてメキシコに行く実話の映画化。



他の映画もウォールストリートでの成功と破滅の物語、エイズの薬を求めてメキシコに行く物語、これらはみんな実話だそうだ。「事実は小説より奇なり」というのがよく分る。そんな面白い話を1000円で見せてくれるのだから、映画は見ないと損ですよ。


鑑定士「顔のない依頼人」



(おまけの話)
私が中学生・高校生の頃は「映画館に行くのは不良」と言われていた時代である。
いま考えると、全くナンセンスな話だ。そんな時代にも私は映画を見に行っていた。

同級生のK君やM君が西部劇が大好きで、日比谷までロードショーを見に行っていた。
いまはもうロードショーなんて言い方はしないようで、「封切り」と言うようだ。
その時の影響か、K君はその後、アメリカの西部の音楽である「ブルーグラス」を演奏するようになった。


「小さいおうち」。 女中役の黒木華がベルリン国際映画祭で、最優秀女優賞を受賞した作品。



今の映画の値段は大人が1800円だが、その頃の値段を調べてみたら「80円」だった。ラーメンが40円の時代だから、ロードショー映画は「ラーメン2杯分」だった。
そう考えると、現在の映画の1800円は少し高いように思う。

あの時以来、ズ~と映画を見続けているが、今までにいったい何本見ただろうか?
その中でベストの映画は私の記憶では、「ゴッドファーザー」である。
「水野晴郎」ではないが、『いやー映画って、本当にいいもんですねー』。
そして「淀川長治」ではないが、「さよなら、さよなら、さよなら」。


「あなたを抱きしめる日まで」。 修道院で未婚で生んだ子供を50年後に探し出す実話の映画化。 思い掛けない結末が待っている。



(2023年3月) 10年前のブログを読んで・・・。
1、一般料金は1800円が1900円に100円の値上がりだが、シニア料金は1300円と300円の値上がりになっている。
2、最近は面白い映画は映画館で見られなくなった。予算のあるNetflix、Amazon prime、Disney+などのネット企業が制作するようになり、ネットで見せるようになったからだ。
3、映画が終りエンドロールが流れる中を、席を立つ人が多い。2月に見た「コヴェナント 約束の救出」は、エンドロールの後に出た画像に意味があったのだ。


巨匠「ヒッチコック」


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,399,875

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,399,875

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ