独立行政法人「海技教育機構」という組織がある。
そこでは5隻の練習船を所有していて、その中の「日本丸」と「海王丸」の2隻が帆船である。

私は晩年に海に近いところに住むという幸運に恵まれた。
今は時々、海技教育機構のホームページの中の「練習船行動予定」を見て、帆船が晴海埠頭に入港する日を確認している。そして都合が付く限り、帆船の写真を撮りに行っている。


 晴海港に着岸した帆船「日本丸」



9月27日の午前11時に「日本丸」が晴海埠頭に着岸したことを、ホームページで見た。
先ずは「豊洲大橋」に向かい、そこから撮影することにした。
橋の上を移動しながら撮影したが、帆船だが帆を揚げげていない。

これは仕方のないことで、東京湾内では帆を揚げられないという決りがあるようだ。
「帆の無い帆船」を見ると、例えは悪いは「食べ終った焼き魚」を想像してしまう。
焼き魚を綺麗に食べた後の、骨だけの干物を連想するのは変かもしれないが・・・。


 着岸地点は元東京オリンピックの選手村の裏側



「日本丸」の隣には水産庁の漁業取締船が並んで着岸している。
着岸しているすぐ後ろが元東京オリンピックの選手村であり、マンションと帆船では絵にならない。そこで出航日を調べて、レインボーブリッジの上から「日本丸」を撮影することにした。

レインボーブリッジは長いので、日本丸が橋のどこを通過するかが問題だった。
少し早めに現地に着いて、出航とその後の進路を見ることにした。


モヤの中を晴海港を出て、レインボーブリッジに向かう。



「海技教育機構」のホームページの「練習船行動予定」で確認したら、「日本丸」は10月5日の午後2時に出航すると分った。生憎の小雨模様の天候だが滅多にないことなので、レインボーブリッジに出掛けて行った。
今回はお台場側から歩いて行った。

小雨の上にモヤが掛っていて、晴海埠頭に停泊している「日本丸」が確認出来ない。
しばらするとタグボートが現れて、「日本丸」に近付いて行った。
なにをしているのかは遠いし、モヤでハッキリとは分からない。
午後2時になり、タグボートが動き出すと同時に「日本丸」も動き出した。


日本丸は私の足元を通過して行った。



タグボート2隻と「日本丸」がレインボーブリッジの方へ近づいて来た。
待機していた消防艇が、送別の記念放水を始めた。
私はタグボートの動きを見ながら、「日本丸」がレインボーブリッジのどこを通過するかを見定める。

私の思っていた位置よりは竹芝寄りを通過しそうなので、急いで場所を移動する。
ユックリと近付いて来た「日本丸」は私の真下を通過して、消えて行った。
たった18分のショータイムだったが、これは映画を見るより面白い。しかも無料で申し訳ない気持ちになった。


 洋上を進む「日本丸」(ホームページから)



(おまけの話)
我が家の窓から遠くに帆船「明治丸」が見える。それも船の前のビルに邪魔されて、マストだけである。この明治丸は東京海洋大学の構内の庭に展示してある。

この学校は以前は「東京商船大学」と言っていたが、平成15年に東京水産大学と統合して「東京海洋大学」となった国立大学である。その東京商船大学が明治8年11月に開校してから昭和50年で100年となり、その記念事業として「百周年記念資料館」が出来た。


 陸に上がった「明治丸」



以前は「明治丸フォトコンテスト」があり、毎年のように応募していたが、入選したことはない。秋には校内に植えられた銀杏の紅葉が素晴らしい場所でもある。
そして突然のように新型コロナウィルスのまん延で、一般人の入場が禁止となってしまった。

それが7月2日から再開となったのを、かなり経ってから知った。
でも暑い最中だし、紅葉もまだなので行く気持ちにはなれなかった。


船体は日本に残るただ一隻の鉄製(現在の船は鋼鉄製)



ところが9月から「百周年記念資料館」のオープンと共に、係員の説明が行われると知り出掛けて行った。明治丸は青天の中に凛々しく立っていた。
この帆船は陸上に置いてあるので、初めて見る人には多少の違和感があると思う。
誰も見学者がいないので、1人で自由に甲板に上がったりして写真を撮った。


 船内は入れないが、甲板には行ける。



その後に「明治丸記念館」に立ち寄った。
入口にはこの学校の卒業生らしき、かなり年配のボランティアの説明員がいた。
私は何度も来ているので、その人達には会釈だけして館内を見学した。

出口で係の男性に「ありがとう御座いました」と言い、お愛想のつもりで少しだけ専門的な質問をした。すると「我が意を得たり」とばかりに話し出した。


甲板は木製なので、何度も張り替えていて維持費が掛る。



「現在の明治丸の置かれている場所は、昔はポンドだった」、「戦後に進駐軍に寄って、ポンドに沈められてしまった」、「明治天皇が青森から函館経由で横浜港まで乗船したことがある」、「それを記念して(海の日)が制定された」、「現在の明治丸は船としての機関は全て外されているので、形は船だが消防法では建物扱いになっている」など、延々と話し続けた。

私は次の予定があったので、途中で切り上げたかったがそれも出来ない。
結局は20分以上も説明を受ける羽目になってしまったのである。


 帆を張った明治丸の想像図(明治丸記念館)


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,284

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,284

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ