心の伊達市民 第一号

毎日のように出歩いてブログのネタを探していると、思い掛けなく面白いものに出会うことがある。これも「散歩の役得」と言うべきか、「たなぼた」かもしれない。
「棚から牡丹餅」の英語訳を調べてみたら、「lucky break」とか「a windfall」と出ていた。

でも私は「a windfall」が気に入った。「風で落ちる」というような感じだろう。
今回は私が散歩の途中で見掛けた「お知らせ」、「看板」、「風景」などに登場してもらう。



かなり前に江東区で見付けた飲食店のお知らせである。
『店主 骨折明けの為 しばらく 10時閉店とさせて頂きます』
『誠に勝手ながら 料理おまかせのみの 営業とさせて頂きます』 
「なぜ骨折したのかなー?」と、それが気になる。



私がランチに立ち寄った日本蕎麦屋の入口に貼ってあった。しかも3枚も!
『工事関係者の皆様 *服装、履き物等 着替えてからご来店下さいますよう よろしくお願いします』
特に綺麗な店内とは思えないが、以前になにか嫌な事件があったのだろうと想像する。
これではもう工事関係者は来ないだろう。客商売は難しいなー。



築地にある「お弁当屋」の看板『疫病退散』。
最近は見掛けなくなった「アマビエ」を今も使っている。
しかも弁当屋なのに、正式の店名は「ほわいと乳販店」だった。

ネットで調べたら次のように出ていた。『築地のほど近くに、元牛乳屋かと思わせる看板を掲げる一軒がある。しかし店頭に並ぶのはどー見ても弁当。日替わりのシャケ弁や唐揚げ弁当など定番が一通りそろっている』。
どうやら以前は牛乳販売店だったようで、店名はそのままのようだ。



築地6丁目のバス停の後ろに面白いものが置いてあった。
『ごみ箱ではありません リサイクルBOX』です。
私はなぜか「アザラシ」の顔のように見えた。

私のマンションではゴミの分別は「生ごみ」、「プラスチック」、「紙類」、「缶類」、「危険物」、「電池」の6種類に分けて出すようになっている。



有楽町のガード下の韓国系居酒屋『キムチいい関係』。
語呂合わせにしても、あまり上手くない。
店は大きく昼間から電気煌々だが、あまりお客は入っていない。
夜は出歩かない私なので、夜は流行っているのかもしれない。



新宿駅の甲州街道に面した「バスタ新宿」の向かい側の立て看板。
『このバス停留所は、バスをお待ちのお客様のための施設です。バス利用者の迷惑になりますので、バス停留所での宴会等の集会、喫煙は一切おやめください。皆様のご協力をお願いいたします』。
看板にあるような「バス停前での宴会」をする人がいるのかー。驚きだ。



足立区東綾瀬で見掛けた「床屋」の壁のアート『そろそろ髪切れば?』。
黄色の三角はポストかな?
でも「そろそろ髪切れば?」はお洒落な言い方だなー。
美容院かもしれない。

(おまけの話)



築地の聖路加国際病院近くにある、道路名「居留地中央通り」。
「居留地」という日本語は殆ど死語だと思う。今では意味が分からない人が増えていると思う。ここは日本開国の時に外国人を一ヵ所に集めて住まわせた場所なので、「居留地」なのである。

私は「居留地」と聞けば、アリゾナ州のインディアン居留地を連想する。
以前にプロカメラマンのOさんに連れられて行った時に、ネイティブ・アメリカン達が車でここへ通って来て商売をしているのを見てしまった。



中央区佃で見掛けた「リンビール」の文字。
酒を飲まない私は初めて見た時に、「これは何だ?」と思った。
でも落ち着いて見たら、古くなった「キ」の一文字が落ちてしまっただけだった。
でも今でも営業中なのだから、修理した方がいいんじゃないか?



マンション前から東京BRTに乗車して、ビックリした。
乗車口の左右にこれがあるのだ。
いくら「ハロウィーン」の飾りと言っても、この路線に子供は殆ど乗っていない。
乗客は新橋と虎ノ門に通うサラリーマンばかりである。
ハロウィーンは日本の文化ではない。日本のお祭りの飾り付けを見たことがない!


コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    店の看板やお知らせ、おもしろいです!特に、店主が自筆で書いたお知らせは、性格や生き方が反映されています。これからもこのシリーズ、続けてください。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ