ベトナムの会社の「21周年記念パーティ」に出席した話は、既に書いた。
その時に出会った10年ぶりのN先生を、東京見物に誘った。
彼女は大宮の方の宿舎に1ヶ月間も滞在して、日本語教師の研修を行っていた。

だから日本に来たのに東京のことを知らないのは気の毒と思い、10月1日(日)に「一日東京見物」に誘ったのである。


「東京駅丸の内南口」に到着したNさん



彼女との連絡は、ベトナムの会社の日本人女性のSさんに頼んだ。
ベトナムの先生は日本で使えるスマホを持っていないので、私からは連絡できないのである。午前10時に東京駅丸の内南口改札口で、待ち合わせることになった。

でも心配である。以前にベトナム人実習生と同じ場所で待ち合わせたが、電車の無い国から来ている彼女達は、東京駅に沢山の出入口があるのを理解していなかった。
そのせいで、出会うのに30分以上も掛かったことがあった。


皇居二重橋で



Sさんにしつこいくらいに説明し、「東京駅丸の内南口」を伝えておいた。
当日は15分前に東京駅に行ったら、彼女はもう来ていた。
ベトナム人にしては珍しい。ベトナム人の問題は『時間にルーズ』だからである。

東京駅で記念撮影をして、皇居に向かう。
日曜日ということもあるし、中国の国慶節であるからかもしれないが、大変な人出であった。定番となっている「二重橋を背景に」、記念写真を撮る。
彼女は皇居前広場の美しさと、手入れの行き届いた松林に感動していた。


「コロッケ」を買った(三越デパート)



この日の計画では「東京駅」→「銀座」→「歌舞伎座」→「浅草寺」→「上野」→「上野動物園」→「アメ横」→「勝どき」→「晴海埠頭公園」→「我が家」を考えておいた。
皇居前から「東京国際フォーラム」まで歩き、そこから都バスに乗り「銀座4丁目」で降りた。

デパートの地下食品売り場を見た後に、歌舞伎座まで歩く。
歌舞伎座のエスカレーターを使い、地下の「木挽町広場」でお土産を見る。
「地下」に付いては、面白い話を(おまけの話)で。
そして地下鉄「浅草線」で「浅草駅」で降り、雷門で記念撮影をした。


「マリオカート」が行く(銀座4丁目)



仲見世通りは大混雑で、歩くこともままならない。彼女には初めての日本なので、我慢して浅草寺本堂まで行く。私は「人疲れ」をしてしまい、サンジェルマンに入って一休みとした。仲見世通りのお店はどこでも大繁盛で、コロナでの損失を十分にカバーしていると思う。

東洋人も欧米人も、みんな何かを買い食いしている。
やはり観光というのは「見る」だけでは納得出来ず、「食べる」が付き物のようだ。
もし私が欧米人だったら、「日本はとても面白い国」と感じるだろう。


 浅草寺の前の賑わい



次は都バスで「上野」へ出た。
彼女は「上野公園」は聞いたことがあるらしく、『そこへ行きたい』と言った。
この日は「都民の日」なので、都立美術館と上野動物園は無料だった。
彼女の希望を入れて上野動物園に入ったが、ここも大混雑で「ゾウ」を見ただけで外へ出た。公園の桜並木には季節外れの桜の花が、2輪だけ咲いていた。

不忍池の蓮の葉を見てから公園を出て、アメ横へ行った。もうその頃の私は相当にへばっていた。彼女は私の半分くらいの年齢なので、全く疲れた様子はない。


 上野公園の噴水



上野御徒町駅から地下鉄「大江戸線」に乗り、「勝どき駅」まで戻った。
ベトナムには電車が無い。いまはホーチミン市で地下鉄の工事を行っているようだが、遅々として進まない。

彼女の滞在先の埼玉県は海が無いので、私はわざわざ都バスで「晴海埠頭公園」に案内して東京湾を見せた。丁度、帆船「日本丸」が停泊中で、彼女は生まれて初めて「帆船」を見たそうだ。
晴海埠頭公園から元東京オリンピックの選手村の横を歩いて、やっと家に戻った。

我が家にやって来たN先生は、タワーマンションにビックリである。
お茶を飲んでおしゃべりをしていたら、ESUHAIのS女史がNさんを迎えに来て、今日の一日は終ったのである。万歩計は1万6000歩を示していた。


「日本丸」を背景に(晴海埠頭公)



(おまけの話)
久し振りにベトナム女性と一日を過ごしてみて、驚くことがあった。
彼女が驚いたことに、私が驚いたのである。初めて日本へ来ると、なんでも珍しいのである。

一番は「地下入口」だったそうだ。道路際の階段を人が降りて行く。
中で「なにをしているのか?」が、とても気になったそうだ。
エスカレーターに乗って地下に降り、地面の下を走る電車に驚く。自転車の駐輪場が地下にあって驚く。しかも地下なのに、エアコンが入っていて、更に驚く。地下に商店街があったのにはビックリだ。


歌舞伎座のエスカレーターで地下へ



食べ物が「美味しい」と言っていた。
三越デパートの地下食料品売り場を案内したら、売っているものから目が離せない。
我慢し切れず、「まい泉」で「コロッケ」と「メンチカツ」を1個づつ買っていた。

浅草の「サンマルク・カフェ」で「コーヒーゼリー・パフェ」をひとさじ口に入れて絶句していた。『日本にはこんなに美味しいものがあるんですねー!』
昼に「ラーメンと餃子」を食べた。彼女は焼き餃子を初めて食べたそうだ。ベトナムは「茹で餃子」だけだそうだ。


「コーヒーゼリー」に感激



彼女は『日本は清潔で安全だ』と言った。
また『道路にゴミが落ちていないが、誰が掃除しているのですか?』と私に聞いた。
『これは役所が住民から集めた税金で、人を雇って清掃している』と言ったら、ビックリしていた。

意外なことを彼女が言った。『買い物をしたら、ビニール袋のお金を取られた。ベトナムは無料だ』。
私が『ビニール袋は環境を破壊するので、買い物客にバッグ持参をお願いし、ビニール袋は有料にしてゴミを少なくしている。ベトナムの道路には、ビニール袋が散乱している』と説明した。彼女は言った。『ベトナムが日本のようになるには、これから30年くらいは必要だ』。

彼女はベトナムで日本語の先生だが、初めて日本へ来て色々なことを体験して、『考え方が変わった』と言っていた。


 Nさんからの「ベトナム土産」


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,022

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. 三多摩の田舎者(Y)
    三多摩の田舎者(Y)
    返信

    ベトナム国際親善への尽力に感銘を受けました。そして本当にお疲れ様でした!
    今回の東京見物コースは、三多摩の田舎者にとっては魅力的なコースです。一日では無理ですが、何回にも分けて案内をお願いしたいですね。三多摩親善事業ですよ!

  2. Shinji
    Shinji
    返信

    ものすごい過密スケジュール!私ならこの半分で、もうくたばります。東京は観光客にとっては、テーマパークのように楽しめます。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,022

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ