【石原慎太郎の本】
女房が石原慎太郎の書いた、「私という男の生涯」という本を買って来た。
幻冬舎から出版された本だが、「自分と女房が亡くなった後に出版する」という条件付きで書かれた本である。これは自叙伝であるが、読んでいて面白い。

本書の中でも書いているが、自分は好色だと言う。愛人も何人かいたし、婚外子もいる。海を愛し、女を愛し、小説を愛し、政治に関わり、最後は脳梗塞となり、死を恐れている様子が書かれている。「ここまで書いていいのか?」とも思い、また「こんなに勝手な人生を送れて、本当に羨ましい」と私は思った。


 「私という男の人生」(1980円)



【日産ショールーム】
本を読み終えてから、銀座に行った。そこで今回は4丁目の角に建つビルの話である。
一番目立つのが「GINZA PLACE」の1階の日産のショールームで、いつも外国人観光客がたむろしている。今は3月に行われる「ABB FIAフォーミュラE世界選手権第6戦に合わせて「NISSAN FORMURA E PARK」を開催している。

このレースは、東京ビッグサイト周辺の市街地で行われるらしい。
でもNISSANと言えば、どうしても楽器の箱に入って逃げた男「カルロス・ゴーン」を思い出す。彼はいまはどうしているのか?


「フォーミュラE」



【和光のショーウィンドー】
日産ショールームの斜め向かいに建つのが、高級デパートの「和光」である。
ショーウィンドーは曲線状で、毎月のように展示物が変る。
これを見るのも、銀座に出た時の楽しみの1つである。

2月後半から3月3日に行われる、東京マラソンを応援する「GO! TOKYO」という展示が始まった。その意味は『東京マラソンの主役はランナーはもちろん、ボランティア、応援するランナーの家族・友人など、大会に関わる「自分を更新する」全ての人達。SEIKOもオフィシャルタイマーとして、大切なタイムを記録します』だそうだ。


「和光ショーウィンドー」を中側から見る。



【三愛ドリームセンター建設中】
和光の向かい側の三越デパートは、あまり面白味が無いのでパスする。
もう1ヵ所にはあるのは「三愛ドリームセンター」であるが、いまは閉鎖されている。
会社の説明では『竣工から60年が経過し建物の老朽化が進んでいることから、安全性の確保のため建て替える』

『完成は2025年。創業者・市村清の思いを宿すこの場所からさまざまなメッセージを発信することで、銀座の街にふさわしい新たなランドマークを目指す』とある。あの円筒形のビルはモダンで、懐かしい。次にどんなビルが建つのだろう?


 「三愛ドリームセンタービル」



【鳩居堂の鳩】
新橋方面に向かうと、すぐに1663年創業の「鳩居堂」がある。
いつもはただ通り過ぎるのだが、ある時、外国人観光客がカメラを上の方に向けていた。私もつられて見上げたら、店のマークの鉄製の鳩の彫刻が飾ってあったのが見えた。そして「なぜ鳩居堂」というのかを知りたくなり、店の歴史を調べてみた。

『屋号は儒学者・室鳩巣の命名。中国の民謡集「詩経」にある「維鵲巣有、維鳩居之」で、カササギの巣に託卵する鳩に、「店はお客様のもの」という謙譲の意を込めた』とあった。2017年には鳩居堂の土地は1平米で4032万円となり、2年連続で日本一となった。


「鳩居堂」



【ワシントン靴店】
鳩居堂の並びで、少し先に「ワシントン靴店」がある。
ここも歴史は長く、1933年の創業である。
この店と隣のSoftBankとの間のワシントン靴店側の壁に、「女の子が店を覗いている絵」がある。「なぜここにこんなだまし絵があるのか?」と思い、HPから問い合わせた。

すると親切に、私のバカな4つの質問に答えてメールが届いた。
「回答」1、殺風景なので、なにか生かせないかと考えた。2、通り掛かる人に楽しんでもらいたい。3、作者はイラストレーターの藤田 修一」。4、今までに塗り替えはしていない。これで私は安心して、ワシントン靴店の前を通れる。


ワシントン靴店の「だまし絵」



【ウィスキー博物館】
ワシントン靴店の少し先の「イグジット・メルサ」の6階に、「ウィスキー博物館」がある。私は酒を飲まないが、ここのウィスキーのコレクションは凄い。
入場料を取って見せるのではなく、販売が目的のようだ。
日本のウィスキーだけを扱い、何千本もの希少価値のもの、珍品などを揃えている。

私が見ていたら男性店員が近付いて来たので、聞いてみた。
私 『写真を撮ってもいいですか?』
店員『どうぞ』
私 『どこの国から?』
店員『中国です』
結局はウィスキーの話はしないで、彼との会話は終った。


 大量のウィスキーの展示に驚く    



(おまけの話)【辛抱34年】
東証の日経株価が、2月22日に終値で3万9098.68円を付けた。
遂に34年ぶりにバブル期の株価を越えた記念すべき日となった。
私は19日に越すかと思い、兜町近くの「カブトワン」に撮影に行った話は書いた。

しかしその日は少し下げて終り、おあずけとなった。
22日の気温は8度に届かず寒い日で、他の用事もあったので「カブトワン」には行かなかった。ところが、私が行けなかったその日に、高値更新をしたのであった。


 「渋沢栄一の想い出」



だが23日は天皇誕生日で祝日、24日は土曜日、25日は日曜日なので、株式市場は3連休である。そこで私の予感では、カブトワンに行けば「22日の株価は残っている」と思った。そしてわざわざ兜町まで出掛けて行った。

築地市場前から都バスに乗るのだが、バスが遅れてタッチの差でバスは出て行ってしまった。仕方ないので、地下鉄で茅場町まで行った。幸先が悪いので、「駄目かな」と思いながら地下鉄に乗っていた。


日本経済新聞のニュース



カブトワンに行くと、会社は休みだがビルは開いていた。
中に入ると天井から下がった巨大なLED画面に「渋沢栄一の想い出」が映し出されていた。その画面が変ると、延々と日本経済新聞のニュースが流れた。

「株価表示はしないのか」とガッカリして、エスカレーターで2階の様子を見に行った。するとガラス越しに画面が株価表示に変ったのが見えた。
慌てて1階におりると、私の目的の「39098.86」の数字が出ていた。
歴史的な場面を撮影出来て、その日は満足して家に戻ったのである。


  遂に終値で「39098.68円」を!!


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,284

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,284

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ