ブログ閉鎖中の話題(2014年3月31日)

マンションのデジカメクラブの撮影会があった。
幹事のYさんはグルメなので、いつも打上げ用に珍しい、美味しい店を準備してくれている。それが楽しみで、私は撮影会に参加している。


上野公園は花見客で大混雑。


これから続々と日本中から桜の便りが届くと思うが、「桜の撮影は難しい。」と私は常々思っていた。ところが丸ビルで行われていた、「福島の桜フォトコンテスト」を見て、自分の技量の無さを痛感した。
桜の撮影が難しいのではなく、私に「桜を取る技量が無かった」のである。


最近は2人だけの宴会も多い。


優秀な作品はどれも、「その時、その場にいる」を実行している。
誰も来ないような雪の日とか、早朝、夜などに撮影している。
それもたった1回で撮れたとは思えない。相当に何回も通ったのであろうと思う。


染井霊園は多磨霊園の20分の1の広さだから、かなり小さい。


桜の素晴らしい写真を撮るには、まず心構えから変えないと駄目なようだ。
友人のプロカメラマンのO君の言うように、「その時に、そこにいる」という難しさだけを虚しく感じた。

撮影会は午後3時からだと言うので、私はその前に1人で巣鴨に行った。
「巣鴨と桜?」と疑問に思う人もいると思うが、ここには染井霊園という名前の霊園があり、なんとそこが「ソメイヨシノの発祥の地」だと知ったからである。


染井霊園は墓地なので、花見客もいない。


染井霊園の次には上野公園に行った。不忍池の蓮はまだだが、桜は7分咲であった。
最近は桜見物の外国人も多く、アチコチから外国語が聞こえる。
宴会をしている中国人も大勢いる。


芝増上寺の鐘楼堂の「枝垂桜」。


その次は芝の増上寺に行った。こちらもすごい人出である。
ここの桜はほぼ満開であった。お隣の芝東照宮から芝公園に行った。
芝公園には小さな山がある。 こちらも若者の宴会で盛り上がっていた。


三解脱門の赤色に映える桜。


春になると、普段は気が付かない場所に桜が咲いている。
そして若者が大勢出て来て、宴会をしている。
最近はオジサンより、若者や外国人の方が花見宴会をやるようだ。

そして今回もまた、会心作となるような写真は撮れなかった。
でも、まだまだ今年は桜の写真を撮りに行く。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当る」である。


芝増上寺。徳川家康が祀られている。


(おまけの話)
団塊の世代が続々とリタイアし始めた。
それにより年金支払額が増えて政府も困っているが、商売人は彼らを狙って色々と商売のネタを探し、格安で提供している。


芝増上寺の桜の小枝にも花が咲く。


しかし彼らはやることが無く、引退してから始めた趣味だから底が浅いし、問題も多い。その最たるものが、マナーの悪さである。

「立ち入り禁止」のところには平気で入るし、「フラッシュ禁止」でもフラッシュの止め方が分らないのかフラッシュを使うし、私が被写体を狙ってカメラを構えていても、平気で私の前に割り込む。


これも桜か? 枝の皮を見ると、桜のように思えるのだが・・・。


自分のことしか考えない輩が多い。
特にオバサン・カメラマンのマナーが悪い。
しかも私より高級そうなカメラを持っているのだから、なおさら腹が立つ。
カメラメーカーの写真教室では、先ずは撮影技術より先に撮影マナーを教えて欲しい。


帰り道の勝どき駅の公園で夜桜を見た。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,393,820

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,393,820

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ