スペイン巡礼の旅

【第8日目】ビルバオからサンセバスティアンへ


ビルバオの宿で朝起きて朝食をとる。
2段ベッドではあったが、綺麗で快適な宿だった。

この日はビルバオ(Bilbao)からバスでサンセバスティアン(San Sebastian)に移動。


100kmをバスで移動

サンセバスティアン(San Sebastian)に着いた。


素晴らしい天気


サンセバスティアンはバカンス地。湘南の江ノ島みたい。






JC時代の目標達成パンツでドヤ顔


この日8月9日は昨年7月に亡くなった母の荼毘(火葬)がある日であった。
実は母の遺体は北大白菊会に献体していたのであった。医学進歩に役立ててもらったと思う。


母を偲んで


父母を想う

母の荼毘(火葬)の日程が決定したのは巡礼ツアーが決まった後だったので、兄弟共に立ち会えないことは事前に伝えてはいたが、「ひとり焼かれるのは辛いでしょうね・・・」と路横の公園で祈り偲んだ。
この日の夜は兄と二人で静かに母父の思い出話しをした。


父と母


ビートたけしと母・・・

ちょっとお茶目で押し出しの強い母だった。
ビートたけしとは、何処かの飛行場で大昔に撮ってもらったらしい。


兄貴とバカンスの地で浮かれ、垢落としをしたいとこだったが、この日はそんな気分なれず静かに過ごした。


【第9日目】ビルバオ経由バルセロナへ


サンセバスティアンはバカンスの街

次の日、朝サンセバスティアンにさよならを告げてビルバオに戻る。


大西洋のバカンスの町からビルバオに戻る。


ビルバオ空港

そしてこの日はビルバオ空港からバルセロナに向かうのであった。



ピレネー山脈に沿って飛行し地中海が見えてきたら降下し、1時間の飛行でバルセロナに着いた。

宿は2段ベッドのホテルだった。


もう我慢ならないと兄貴が言うと思いきや、俳人の心得か、疲れて文句を言う元気も無いのか、2人共に巡礼旅ので大人になって現状を受け入れるのであった。



シャワー待ちの列


バルセロナ初日の宿


また2段ベッドかー


(次回公開予定 11月23日)【第10日目から11日目】バルセロナとバレンシアを楽しむ


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

スペイン巡礼の旅からの関連記事

農業もゴルフも続けるのだ! りっきー

伊達の経済界を引退後、会員制農園の経営者であり、農家になる。だいぶ自由が利かなくなった体に鞭を打ち、毎日の農作業とゴルフに励む。

スペイン巡礼の旅のよく読まれている記事(直近期間)

スペイン巡礼の旅のカテゴリー

スペイン巡礼の旅のアーカイブ