最近,むしゃなびブログ内に音楽の好きな方が投稿されていてうれしいです。

私もクラシック,ジャズが好きなので今日はジャズ・ギタリスト,グラント・グリーンのお気に入りの2枚をご紹介します。


左はグラント・グリーンの代表作と言っていい「アイドル・モーメンツ」,そして右はグラント・グリーンがサイドマンで参加したアイク・ケベックの「ブルー&センチメンタル」です。

この青くて黒いジャケット,レコードで欲しくなります・・・。

いずれもジャズの名門,ブルー・ノート・レーベルの作品です。

このグラント・グリーン,面白いところはギターの魅力の一つはコードによるバッキング,カッティング(伴奏)があります。

でも彼はほとんどコードで演奏しません。もっぱらシングルトーン,ホーンライクです。さすがにアイク・ケベックのアルバムでは「グリーン,頼むよ〜」と言われたのか,少々伴奏めいたことをしています。ケベック先輩のお願い,断れなかったんでしょうかね。

正反対のギタリストもいます。フレディ・グリーンと言います。長らくカウント・ベイシー・ビッグ・バンドに在籍し,生涯,ほとんどコードによるバッキングしかしませんでした。
同じグリーンでも大違い。

二人とも唯一無二の個性が際立っています。

グラント・グリーンの魅力はなんと言ってブルージーなねちっこいフレーズを繰り返すところです。ちょっとしつこいなくらいに。

ご紹介する曲は「アイドル・モーメンツ」から名曲「ジャンゴ」です。この曲モダン・ジャズ・カルテット(MJQ)の端正で優雅とも言える名演で知られています。

グラント・グリーンの演奏は真逆と言っていいです。

そしてCD時代になってから加わった楽しみは別テイクも収録されていることです。

別テイクと言っても「ボツ」テイクが多いですが(笑)この「ジャンゴ」の別テイクも,まず顔を合わせての最初のテイクのようで「ボツ」のものでしょう。

曲の始まりから,顔を見合わせながら慎重に合わせているのが想像できます。

しかし,グラント・グリーンのソロが始まると,みんなのスイッチが入ったようで,白熱のソロが展開されます。どんどんアンサンブルが合い,密度の濃い演奏になっていきます。

スタンダード曲を端的に聞かせる完璧な演奏としては,マスターテイクのほうが出来は上でしょうが,自然発生的なジャズの魅力は,マスターテイクよりも5分近く長い別テイクにあるように感じます。

YOUTUBEにUPしてみました。お聞きください。


今(AM9:20),美味しいコーヒーを飲みながら聴いています。

コーヒーというより夜,ウイスキーをちびちび飲みながら聴く方が合うかも知れません。

ではまた!


独断と偏見でご紹介!コメントお気軽に! 名曲 名盤 名演奏!

アクセス総数:596,828

コメント

  1. てんこ
    てんこ
    返信

    こんばんは☆
    お久しぶりです!
    何とも心地良い曲です。?
    ジャズ良いですねぇ~
    今日は
    カレンダーをありがとうございました
    綺麗なお花で癒されます(^▽^)/
    忘れた頃に伺う私ですが^^;
    来年も宜しくお願い致します

    良いお年をお迎え下さいませ~

  2. ASHIMOMI
    ASHIMOMI
    返信

    てんこさん。
    返信遅れました!
    こちらこそありがとうございます。
    来年もよろしくお願いします。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

名曲 名盤 名演奏!からの関連記事

独断と偏見でご紹介!コメントお気軽に! 名曲 名盤 名演奏!

アクセス総数:596,828

名曲 名盤 名演奏!のよく読まれている記事(直近期間)

名曲 名盤 名演奏!のカテゴリー

名曲 名盤 名演奏!のアーカイブ