心の伊達市民 第一号

テレビニュースで「140年ぶりの皆既月食が見られる」と煽っている。
皆既日食なら興味があるが、月食なんていつも起きていることだからあまり興味が無かった。


月はいつも居間のソファーに座っていると、窓から見えている。
以前の家と違い書斎が無くなってしまい、今の片隅に机と椅子を置いている。
だからパソコンをやっている場所からも、月は見えている。



気が付いたら、工事中のマンションの上に欠けた月が出ていた。


それでも当日の19日になったら、皆既月食が気になった。
6時少し過ぎに窓の外を見たら、建設中のマンションの屋上のクレーンの傍に月食が始まった月が見えた。

そうなると写真に収めたくなって来たから、私もいい加減なものである。
いつもは午後7時が夕食なので、それまでは撮影をしようと思った。



この時は絞り(f)が上手く出来ていなかった。


月食はなかなか進まない。
他の動く物の撮影と違い、かなり余裕をもって撮影できる。
試しに撮影してみて、「明る過ぎる」と感じて、絞りをマイナスにする。
手持ちの撮影ではぶれるので、三脚も用意した。



太陽が地球に隠れて、月が赤くなった。


段々と月の暗い部分が増えて来るのと比例して、月がドンドン上空に上がって行く。
その都度、三脚の足の調節をする。
段々と三脚の足の長さのバランスが悪くなり、カメラが後ろに倒れそうになって来た。

倒れないように重しを用意しようと思ってその場を離れたら、ドン!ガタン!と大きな音がしてカメラが三脚ごと倒れてしまった。



皆既月食が近付いた時に、ヘリコプターが飛んで来た。


私は慌てた。
女房が台所から飛んで来た。『どうしたの?、床が傷だらけじゃなの!』と怒られた。
私は床よりカメラの方が気になった。壊れてしまったら、その先の撮影は出来ない。

『カメラを外してから、重しを取りに行けば良かった』と後悔したが、遅かった。
とりあえずシャッターを切ってみたら、シャッターは大丈夫そうだ。
他にはどこが駄目になったかは分からない。


午後7時42分頃に、ほぼ皆既月食となった。


月が大きく欠けてきたので、とりあえず撮影に戻る。
今度は倒れないように、シッカリと重しもした。その時、南の方からヘリコプターが飛んで来た。


「月食の月の下を通過してくれ!」と念じたら、その通りにヘリコプターは飛んだ。
月の前、月の下、月の後ろと3枚の写真が撮れたのはラッキーだった。



皆既月食が終ると、月の明るくなるのは早い。


食事中も気になったので、時々、席を立ってシャッターを押した。
月は益々、上空に去って行く。時々、雲が出て来て月を隠してしまう。
「もう駄目か?」と諦めかけた頃に、また月が現れる。


これを繰り返している内に、遂に午後7時47分になり、月食が最高潮となった。
その後もダラダラと撮影を続けたが、どうということも無かった。
でも「次回は140年後」と聞くと、「人生最後の皆既月食」に出会った幸運を感じざるを得なかった。



午後7時51分には完全に元に戻った。


(おまけの話)
ここからは皆既月食の始まる前の話である。
旅行で留守をしている間に、マンションのデジカメクラブから色々な連絡が入っていたので、それを片付けていた。


月末にマンション内のコミュニティ・ギャラリーで我々のクラブの写真展を開催することになっていて、私は会長なので、色々と決めることがあった。



真っ赤に染まった西の空(中心のビルの上から富士山が見える)


秋も深まり、最近は5時前に空が暗くなって来る。
パソコンの手を止めて窓から何気なく外を見たら、空一面が真っ赤だった。
「空一面」なので火事とは思わなかったが、「何ごとか?」とは思った。


よく見ると西の水平線に太陽が沈んだばかりのようで、夕陽で空が真っ赤だったのである。
こんなに赤い空を見たのは、北海道に滞在中にゴルフ場から見た洞爺湖が真っ赤だった10年前以来だ。



怖いくらい真っ赤な空に浮かぶ富士山


慌ててカメラを持ち出して写真を撮った。
夕陽の沈むのは早い。早くしないと、真っ赤な空が終ってしまう。
女房にも見せたくて、大声で女房に言った。『空が真っ赤だぞー!』。


慌てて飛んで来た女房も、『凄い‼』を連発していた。驚異の自然現象だった。
その時、真っ赤な空に立つ東京タワーが大谷選手のMVPを祝して、赤色のライトアップをしているのが見えた。



「MVP」を祝してデザインされた東京タワー。


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ