心の伊達市民 第一号

ブログ閉鎖中の話題(2016年11月28日)


11月24日の朝にいつものように午前5時過ぎに起きたら、前日の天気予報と違い雪が降っていなかった。それが午前6時頃になると、急に雪が降り出した。
それもかなり激しくだ。やはり最近の天気予報は「良く当たる」と思い直した。
居間のTVを点けたら、「11月に雪が降るのは54年ぶり」だと報じていた。



11月24日の朝の雪。(自宅の窓から撮影)


写真が趣味の私は「紅葉と雪」という絶好のチャンスを逃すまいと思い、午前8時に家を出た。しかし窓から見たのと違い、道路に出たら「みぞれ」だった。
仕方無いので家に戻る。1時間くらいして外を見たら、前より激しく雪が降っていた。
そこで改めて家を出る。しかし、また階下は「みぞれ」だったので家に戻った。



寒いのに散歩をしているババ2人。(武蔵野公園)


そんな時に同じマンションの友人のMさんからメールが入り、『明日の早朝に写真撮影に行かないか? 紅葉と雪という都会では珍しい写真が撮れると思う』とあった。
そこで撮影場所を探して、多摩方面の友人達にメールで問い合わせた。
その答えは『都心と違い、多摩方面は3~5センチの積雪』だった。



空気が冷たく、水が温かいので「川霧」が発生していて幻想的である。 (武蔵野公園)


翌日の午前5時45分にマンションの友人と3人で、私の故郷の小金井市に近い武蔵野公園に向かった。
まだ外は暗いし、とても寒い。
7時に武蔵野公園の駐車場に着き、すぐに撮影開始となる。
道路の水たまりは氷が張っている。



銀杏の木の周りだけ雪が無い(野川公園)


野川に出ると空気と川の水の温度差により、川霧が発生していて幻想的な風景だった。
モミジも寒さで凍っている。
そんな寒い中でも散歩をしているジジババがいるのには驚きだ。
「健康のため」と思っているんだろうが、健康に悪いんじゃないかと思う。



モミジも凍り付いている。(武蔵野公園)


あまりに美しい風景なので、いつもより大分、多くの写真を撮った。
友人のプロカメラマンのO君が言う【良い写真を撮る秘訣は、その時そこにいること】というのが実感として分かった。



道路の水たまりも凍っている。(武蔵野公園)


その後に小金井公園に行き、少しばかりの写真を撮る。
どうも最初の武蔵野公園があまりに良いシャッター・チャンスに恵まれ過ぎたせいか、この後の深大寺でもシャッターを押す気力が萎えてしまっている。
やはり何事も「段々、良くなる」というのが良いようだ。



葉っぱも凍る寒さだった。(武蔵野公園)


(おまけの話)
「深大寺で蕎麦を食べよう」ということになったら、一緒に行ったMさんは『私の知っている店に行こう』と言う。
この辺りは小金井に住んでいた私の方がよほど詳しいが、恥をかかせても悪いのでその店に行った。
店の名は水神苑というのだが、ここは料理屋で「蕎麦屋じゃない」のを私は知っている。



真っ赤なモミジの葉が落ちて、赤い絨毯のようだった。(小金井公園)


店に入りメニューを見る。ソバは1種類しかなく1000円もして、他は懐石料理である。
私は言った。『ここは出よう。私の行き付けの蕎麦屋なら田楽などもあり、店も風情があるし、新蕎麦を楽しめるよ』と言ったら2人は了解した。


店を出たら女将さんが追いかけて来た。『何か粗相でもありましたか?』と言う。
私は『いいえ。私達の食べたいものが無かっただけです』と答えた。



朝陽を浴びて、木の影が伸びる。(小金井公園)


車に乗って駐車場を出たら、Mさんが『シートベルトをして!』と言う。私は『大丈夫。すぐ隣の店です』と言って、隣の大師茶屋に入った。
大師茶屋で「モリ蕎麦」と「味噌田楽」を注文し、店外の緋毛氈の敷かれた席に着いた。


2人は『ここの方がよっぽど深大寺らしくて良かった』と言ってくれた。女性がいるからといって「見栄を張らないこと!」とMさんに言いたかった。



お寺の天井裏もモミジも赤い。(深大寺)





コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ