マンションの友人(Xさん)を誘って、新緑の日比谷公園に写真を撮りに行った。
彼はこのブログによく登場する男で、2年前に奥さんを風呂場の事故で亡くしている。
いまは独り暮らしで自炊をしているので、栄養の偏りに心配がある。


Xさんはデジカメクラブのメンバーだが、カメラはコンパクトカメラしか持っていない。
そのカメラも出掛ける時に家に忘れて来る。





大木の根元から小さな小枝が出て来ている


食事の約束を1週間前にしたので、それを忘れていて待ち合わせ場所に来ているか心配だった。
ところが私が5分前に東京BRTの停留所行くと、Xさんは『30分前から来ていた』と言う。
なんだか私が遅刻したような気持にさせられた。
待ち合せ時間はギリギリも困るが、あまり早過ぎるのも困る。





根元から盛大に生えて来た小枝。


新橋でランチの後に、歩いて日比谷公園に向かった。
彼は私より1歳若いのだが、見た目でも年上に見える。
歩き方もヨチヨチ歩きなので私のペースでは付いて来られないので、私が彼に合わせるようになる。


10分ほどで日比谷公園に入る。とりあえずはベンチに座って、記念写真を撮る。
もうこの年になると、『あの時が最後だったなー』ということも起きるので、私は友人と出掛けると必ず記念撮影をする癖が付いてしまった。





チューリップは半分くらいが花弁が落ちてしまっていた。


公園の中央の左側には薄い紫色の「ネモフィラ」が植えられた場所がある。
ネモフィラは「日立海浜公園」のものが日本一だが、ここのネモフィラは少ないがとても綺麗だ。
通り掛かった人は、必ず写真に収めている。


少ないネモフィラを写真に撮るには、低い角度から撮る方が多くあるように見える。
私はXさんにそうアドバイスしたら、彼は『私は大腿骨を骨折してから、屈むことが出来なくなった』と言う。





撮影の仕方によっては、花が沢山咲いているように見える。


ネモフィラの隣には、色とりどりのチューリップが植えてある。
ここも低い姿勢から接写気味に撮ると良いのだが、Xさんは出来ない。
若い女性が私の隣で私を見習ったのか、低い位置からチューリップを撮影していた。


次に「鶴の噴水」の方に行ってみることにした。
松本楼の横を通ったら、ガーデンテラスはお客で満席だった。





ネモフィラの向こうで、大噴水が吹き上げていた。


「鶴の噴水」が凍って以来の再訪だが、新緑に囲まれて鶴が美しく見える。
Xさんは考えも無くシャッターを押しているので、私が撮影ポイントを教えた。
「新緑の植え込みの向こうの鶴」、「赤いツツジ越しの鶴」、「木々の間から見える鶴」などをサンプルを見せながら教えてあげた。同じ場所から撮影しても、Xさんの写真はどこかが私の写真と違うのである。





新緑の中で静かに佇む「松本楼」


公園の大きな噴水のところでも、Xさんは写真撮影をしていた。
出口に向かう時に、私は写真の題材になるようなものを探しながら歩く。
「心字池」の松が美しい。それが水面に映り、なかなか良い構図に見える。


私がカメラを構えても、Xさんはこの構図には興味を示さない。
日比谷公園を出て、私は三越デパートで女房に頼まれた「明太子」を買う予定があるので、Xさんとはバス停で別れたのである。Xさんが今日を楽しんだのかが、気になった。





出口の近くの「心字池」が美しい。


(おまけの話)
Xさんは元々、倹約家なのか?、ほとんど外食をしない人だった。
ところがある日、私に言った言葉に驚いた。
Xさん『なにか美味しいものを食べに連れて行ってくれませんか?』
私  『いいですよ。なにを食べたいの?』
Xさん『なんでもいい』
私  『それでは困る。和・洋・中華・イタリアンのどれかで言ってみて』
Xさん『じゃあ、中華料理をお願いします』





新緑の植え込みの向こうの「鶴の噴水」


このような事情でXさんと2人で中華料理を食べに行くことになった。
食後に日比谷公園の新緑の写真を撮ろうと思っていたので、新橋でランチと決めた。
東京BRTの中でXさんに聞いた。
私  『中華料理だと何がいいの?』
Xさん『ラーメンが好きだ』
私  『ラーメンは中華料理じゃない。では店に行ってからメニューを見て決めたらどう?』





真っ赤なツツジの向こうの「鶴の噴水」


私達は駅から近い中華料理の老舗である「新橋亭」に行った。
「まんぼう」が解除されてから店は賑わいを取り戻し、以前と同じくらいのお客の入りだ。
1500円のランチメニューの中から私は「アスパラと海老の塩炒め」、Xさんは「麻婆豆腐」を選んだ。


Xさんは体も小さいし、かなり痩せていて、少し前に病院に行った時に医者から『栄養失調気味です』と言われたほどだ。だから普段は小食なのだが、この日はなんとご飯をお替りしたので驚いた。
家に戻ってから中華料理店での撮影写真をメールで送ってあげたら、お礼のメールと共に『今日は楽しかったです。また美味しいものを食べに誘って下さい』とあった。よく分からないが愛すべき人である。





木々の間から見る「鶴の噴水」


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,229

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,229

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ