心の伊達市民 第一号

ブログ閉鎖中の話題(2018年5月23日)


桜が終りツツジも終ると、夏祭りまであまり面白そうなイベントがない。
すると仕方がないので都電荒川線のバラを見に行く。バラは年に2回咲くので、「勝どき通信」のテーマとしてはマンネリ化している。


そこで今回はマンションの友人達を誘って、都電荒川線の鬼子母神をメインテーマにした。
鬼子母神の境内で売店を守るバアチャンがテレビに出ていたので、彼女に会って話を聞くのも面白いと思ったのである。





都電・荒川線は出発する時に昔のように「チンチン」と音を出す。


JR山手線の大塚駅から都電・荒川線に乗り、鬼子母神駅で降りた。
駅から数分で鬼子母神に着く。目当ての古ぼけた売店にバアチャンはいた。
私は「先日、テレビ番組でお顔を拝見しましたので、会いに来ました」と言った。


その言葉でバアチャンは心を開いてくれたのは良いが、延々と鬼子母神ではなく売店の歴史を語ったのである。なんとこの売店のバアチャンは13代目だそうだ。






操業1781年が自慢の13代目のバアチャン。創業時は「あめ屋」だったそうだ。





バアチャンの話のお礼に、ペッパーにそっくりの猫のキーホルダーを買ってあげた。
ところで、ここの鬼子母神は他の鬼子母神とは少し違う。
「鬼」の字が他とは違うのである。辞書には出ていないが、鬼の字の上のツノが無い。
この寺の鬼は「良い鬼なので、ツノが無い」ということだそうで、看板などを見ると確かにそうなっている。







「鬼子母神」の鬼の字を見て欲しい。(ツノが無い)



バアチャンの話が長いので適当に切り上げて、また都電に乗り、次は終点の三ノ輪橋に向かう。
都電の駅と駅は近いし、広い道路を横切る時はJR電車と違い優先ではなく、道路の信号に従う。
だから終点までは45分以上も掛った。


三ノ輪橋でランチとなり、とんかつ屋に入った。
夫婦とアルバイト女性の3人で切り盛りしているのだが、3人ともすごく無愛想である。
でも出て来たとんかつは下町だけあって大きく、安く、美味しかった。






レトロ感の出ている都電終点駅の「三ノ輪橋」の商店街。





食後はまた都電に乗り、バラが一番多く咲いている荒川遊園地駅で降りる。
そこで各自が自由にバラと都電の写真を撮りながら、隣駅の荒川車庫前まで行くことにする。
線路の両側に色とりどりのバラの花が真っ盛りである。丁度、一番良い日に来たようだ。
都電は5分おきくらいにやって来るので、「都電とバラ」の写真を撮るのは苦労しない。




線路の両側に植えられたバラが綺麗だ。



3人が撮影しながら隣の駅に着いたら、ここでMさんの姿が見えないことに気が付いた。
我々は暑いし、疲れてしまい、どこにいるか分からないMさんを待てない。
そこで巣鴨地蔵通りの計画は取り止めにして、ここでMさんと別れて帰ろうとなった。
3人の意見は「Mさんにはメールを入れて、(ここで解散にする)と連絡しよう」ということになった。






都電・荒川線の線路。 この写真ではないが、都電は王子駅を出た一部区間のみ一般道路を走る。





メールを入れたらMさんから電話があり、「どっち行き方面の都電に乗ればいいの?」と聞くのだが、いま4人で乗って来たばかりじゃないかと腹が立つ。
Mさんが乗ったと思われる都電が来たが、彼は乗っていなかった。


そこでなんだか分からないままに3人でその次の都電に乗ったら、2つ先の駅からMさんが乗って来た。
足のあまり強くないMさんは、我々が降りた駅から都電に乗り、我々を追い越していたのである。
まあ、なんと世話の焼ける人なんだ。Mさんと出掛ける度に愚痴っぽくなる私だ。







都電・荒川線は乗車客数が多いので、次々と新型車両が投入されている。



(おまけの話)
同行者の3人の内の1人であるMさんが、集合時間になっても勝どき駅へ来ない。
仕方ないので携帯電話に電話をした。ところが呼び出し音は聞こえるがMさんは出ない。
いつもことで、後で「今日は都合が悪くなった」とでも言うのだろうと「またかー」くらいにしか感じなかった。





荒川遊園地駅と荒川車庫前駅の間は、特にバラが綺麗である





ところが折り返しMさんから電話があり、「どうしてみんな来ないの?」と言ったのには呆れた。
私      「どこにいるの?」
Mさん「マンション前のバス停にいる」
私      「待ち合わせ場所は大江戸線・勝どき駅ってメールで知らせたあるじゃないか!」
・・・というわけで、Mさんのせいで出発時間が大幅に遅れた。







バラと都電はよく似合う。



御徒町駅からJRに乗り、都電・荒川線に乗る為に大塚駅に向かうことになった。
改札口までいたKさんがいない。私は焦った。迷子になったんじゃないかと思ったからだ。
駅員に事情を話して、私は改札口を出てKさんを探した。


見付けたKさんは言った。「SUICAを持っていると思ったら、家に忘れた。だから切符を買っていた」。
現地に着く前からこんな調子なのだから、本当に嫌になる。
でもこんなジジイ達と付き合って7年も経つと、私も我慢強くなって来たものだ。






車両全体の広告は「使って良かったウルトラ養毛剤」















コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ