心の伊達市民 第一号

安倍元首相の葬儀が7月12日(火)に、芝の増上寺で行われると報道があった。
有名人の葬儀は青山斎場で行われることが多いので、意外な感じがした。
そこで調べてみたら安倍家の宗派は「浄土宗」なので、大本山である増上寺になったのだと思う。増上寺は何度も行っているので、馴染みがある。


増上寺の前の交差点から


私は今回の事件が悔しくて仕方ない。
犯人は『政治的な意味合いで殺害しようとしたのではない。(旧名)統一教会に恨みがあり、安倍元首相が親しいと思い狙った』と供述しているそうだ。こんなことで殺されてしまうとは、残念で仕方ない。

「奈良地検は山上容疑者の刑事責任能力の有無を調べるため、鑑定留置を実施する方針を固めた」という報道があるが、鑑定の結果、「責任能力なし」となったら、多くの国民の気持ちのやり場が無い。


増上寺に向かう人の波(増上寺正門前から)

12日は朝から蒸し暑かったが、私は増上寺に行き安倍元首相にお別れを言いに行くことにした。
多摩地区に住む同級生、北海道伊達市と壮瞥町の友人達、それに外国に住む友人達など、行きたくても行けない人達の代りにも私は行くと決めた。私は暑さに弱く熱中症にならないように、しかし礼は失しないよう「黒ズボン」、「白半袖シャツ」で献花に行くことにした。


 道路の向こう側では報道陣が。

午前中はマンションのデジカメクラブの月例会があったので、それを少し早めに切り上げた。そして大江戸線で「大門駅」を降りたら、もうそこから増上寺に向かう人達がいっぱいだった。なぜみんなが増上寺に行くと分った理由だが、いつもと違い「黒服」の人ばかりだったからである。
また20%くらいの人達が、手にお花を持っていることからでも分かった。

 


やっと増上寺に入ったと思ったら、Uターンさせられた。

増上寺の門に辿り着いたら、警察官に「中に入らず左に進め」と指示された。
指示に従って進むと反対側からは列が進んで来るが、どうやら先の方でUターンさせられるらしい。

道路を挟んだ反対側には、報道陣のビデオカメラの放列が見える。
芝公園に入ったところで、列はUターンして増上寺に向かう。
途中で増上寺の別の入口があったが、そこから関係者の車が中に入って行くのが見えた。


 増上寺の外の道路に並んで、中を見る。

やっと増上寺の正門から中に入れたと思ったら、その列は中でUターンして門の外へ出される。そして左に曲がり、増上寺の敷地の端の道路を左折する。東京タワーに向かう道である。
しばらく進むと終点となり、そこでUターンして戻らされる。そして途中の入口から、やっと増上寺の中に入った。ここまでで約45分も掛かっている。


やっとここから一般献花場に入る。

私のいるこの場所からは、先の方に「献花台」が見える。
「あと10分少々だな」と思ったら、列は動きを止めてしまった。時間は午後1時少し前である。

ここからは私の想像だが、増上寺内で葬儀が始まったのではないかと思う。
どこで葬儀を行っているかは、私の場所からでは全く見えない。
多分、岸田総理の弔辞、僧侶の読経、近親者の焼香と続き、この間は一般の献花を止めたのだろう。


列の先頭から第2献花場を見る。

(おまけの話)
午後1時15分ころになり、列は前に動き出した。
私の前で献花台に進む人数が制限になってしまい、私は先頭で待たされた。
そこから見ていると、一度に30人ほどの人達が献花台の前に進む。
献花台の前に進んだ人は、祈ったり、写真を撮ったりで動かない。

 


 第1献花場は大混雑

係の人が「交代して下さい」と言っているように見える。しかしみんな動かない。他の係員が来て、半ば強制的に前の人と後ろの人を入れ替えた。
出口に近い場所にも献花台があるが、そこにはあまり行かない人が多い。
私の前の係員が、我々を献花台に進むように指示を出した。


献花場の安倍元総理の若々しい遺影

しかし前のグループを排除しないので、私は先頭だったのに一番後ろに付くしかなかった。立ち去る人がいたので、その隙間を見付けて端の方から一番前に出て安倍元首相の写真に向って祈る。
腹立たしくて仕方なかったので、「お礼とお別れ」の他になにを祈ったかも忘れてしまった。

後ろを見れば、増上寺の外に並んでいる人達が見える。
私は他の人のことも考えて、早目に切り上げた。葬儀場に来たことで、少しだけ気が晴れた。

(その日の夕方のニュースでは「献花に訪れた人が多過ぎたので、私の行った少し後に打ち切りになった」そうだ)


第2献花場の向こうに、寺の外に並んだ人の波が見える。


コメント

  1. 山本英次
    山本英次
    返信

    応援していた議員が自民党へ宗旨替えした為に最近自分も宗旨を変えざるを得なかった。自主性のない応援団であるが、今回の安倍元総理の死については自然に悲しみを覚えた。
    遠く三多摩に住み、歩行困難の身には葬儀場へ行くことは諦めていたが、H君の思いやりに感謝するものである。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のアーカイブ