ブログ閉鎖中の話題(2017年7月16日)

毎月1回、中央区役所から区報が届く。
どうというような内容の記事は無いが、「催事案内」は良く見る。
時間つぶしに役立つ面白い行事とか、講演会、音楽会、落語会などの案内があるからだ。


聖路加国際大学は病院の裏にある。(ここは築地居留地跡にある)



そんな記事の中に「築地居留地研究会発表」というものがあった。
以前から築地居留地という言葉は聞いていたので、かなり興味を持った。
「居留地」という言葉で最初に頭に浮かぶのは、「インディアン居留地」である。

かなり前に友人のプロカメラマンの案内でニューメキシコ州にバルーンの写真撮影に行った時に、インディアン居留地を訪問したことがあった。


文豪「芥川龍之介」はこの聖路加国際病院のある場所で生まれた。



今ではインディアン居留地は観光資源となっていて、住民は自宅から自動車で居留地に通って来てお土産を売っているのを知って、がっかりした覚えがある。
最近ではインディアンと言ってはいけないらしく、ネイティブ・アメリカンというようだ。

その中の1人の男が「日本人か?」と聞くので「そうだ」と答えたら、「俺は横須賀に居たことがある」と言われて、「ここまで来て、横須賀はないだろう!」と思ったが、言わなかった。


聖路加国際大学の入り口。



築地居留地であるが、日本政府は開国した時に外国人が勝手に色々なところに住まないように居留地を設けたのである。これは東京だけでなく、横浜や関西などの港がある町にある。

その居留地の歴史を研究している団体があり、2ヶ月に1度くらいの割で発表会を行っている。そこで暇人で興味本位の私は、土曜日の午後に出掛けて行った。


入口を入ってエレベーターを探したが無い。



発表会の場所は聖路加国際病院付属の聖路加国際大学で行われた。
50~60人は入れる教室は、ジジババで埋め尽くされていた。
司会者はなぜか白人中年男性で、この人の日本語はネイティブであり驚く。
今回の発表者は早稲田大学1年生の男性と、韓国人で慶応大学留学生の中年少し前の女性だった。


大学4階の廊下。右側が教室で、左側が研究室である。



司会者の話によると、今回のように若い人が講師になって話をするのは初めてだそうだ。早稲田大学の学生は「築地居留地を現代風に開かれた国際交流の場所にするための建築を考えたい」と提案した。
韓国人女性は丸メガネで、いかにも研究者らしいいでたちである。


早稲田大学の学生の発表。



彼女は現在はソウルの名門大学である「梨花女子大」で博士課程で研究をしているらしい。彼女の発表は「居留地の居住空間の研究」であったが、なにぶんにも韓国には腹を立てている私なので、「築地居留地の研究より、正しい慰安婦の歴史問題を研究して欲しい」と言いたくなったのである。

(下の居留地の説明)
白色は居留地・・・・外国人は借地をして、自分で家を建てて地代を払う。
赤色は雑居地・・・・日本人が建物を建てて、外国人は家賃を払って住む。


築地居留地の昔の地図。(手前が隅田川)



(おまけの話)
聖路加国際病院は日野原重明名誉医院長で有名な病院である。
昔の築地居留地という場所は、まさに現在の聖路加国際病院のある場所なのである。
彼は先日の7月18日に、呼吸不全で自宅で亡くなった。105歳だった。
この年になると、もう亡くなる時は老衰ではないかと思う。


日野原重明・聖路加国際病院・名誉医院長。



その時の様子を「築地居留地研究会」の会長が発表の前に我々に話してくれた。
私が日野原名誉医院長の年まで生きるとすると、あと30年もある。
彼ほどの人物なら惜しまれるだろうが、私なら飽きられる。
日野原氏は最後の延命措置の「胃ろう」を拒否して、自宅に戻ってから静かに亡くなったそうだ。




彼は日航機ハイジャック事件の飛行機に乗り合わせ、4日間の人質生活を経験している。またオウム真理教の地下鉄サリン事件では、当日の外来患者を全て断り被害者全員を受け入れた。誠に立派な医者であり、多くのファンがいるし、尊敬の的となっている。

築地居住地研究会はその聖路加国際病院の協力を得ているので、研究会の発表の前には全員で起立して1分間の黙禱で日野原氏を偲んだのである。(合掌)



伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,401,469

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,401,469

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ