心の伊達市民 第一号

【驚く世界の習慣】
平日の朝5時からラジオの「文化放送」で「おはよう寺ちゃん」という番組がある。
その中で世界の色々な国に住んでいる日本人女性との対話があるが、これが面白い。

イタリア、イギリス、フランス、ドイツ、スウェーデン、エクアドル、コロンビア、ロシア、アラブ首長国連邦など様々な国に住む日本人女性が現地の情報を教えてくれる。
外国から見る日本の話も面白いが、やはり日本にいては分からない現地の話がとても愉快である。


文化放送「おはよう寺ちゃん」


ある日のスウェーデンの話題であるが、あまりに日本と違うので驚いた。
自分の子供が友達の家に遊びに行った時の話である。
スウェーデンは夕食時間が早く、午後5時から6時に食べる家庭が多いそうだ。
友達と遊んでいたら彼女のお母さんが「ご飯よ」と言った。

すると友達は『ご飯を食べて来るから、ここで待っててね』と言って部屋を出て行ったのだそうだ。日本でなら『一緒に食べましょう』となるが、スウェーデンではそうはならない。 世界は広い!


 数寄屋橋の「キティ・ショップ」


【オミクロンBA.5】
オミクロンはもう飽きた。いつまでこんな状況が続くのだろうか?
私の周りでオミクロンに感染した人はいない・・・と思う。本人が言わなければ分からないから。ウィルスは変異を続け、最近は「BA.5」が主流になっているそうだ。

幸いに重症化する率が低いようなので、みんな安心していて、それで感染者が増えるのかもしれない。私の友人は第4回目のワクチン接種で全身の筋肉が痛くなり、『もう次は打たない』と言っていた。


 オミクロンBA.4/5の特徴


皇族の三笠宮百合子さまがオミクロン・ウイルスに感染したとの報道を見た。
なんと彼女は99歳である。しかも皇族でこの年齢なら外を出歩くこともないだろう。
また接触する人も限られているので、彼女に移した人は特定できると思う。
そのことで私はいつも疑問に思っていることがある。

それは毎日、テレビでは「今日の東京の感染者数」を真っ先にニュースで取り上げている。医師や関係者は感染者に「この患者の行動範囲」を聞き出しているはずだ。
すると統計的に大凡の感染源が分かるはずだ。なぜ「○○に注意」と知らせないのだろうか?


 築地川銀座公園にある「健康の小径」は痛い。


【ワクチン接種】
最近の全国の、特に東京でのオミクロンの感染者が激増している。
私は既に4回目のワクチン接種を行ったが、友人達から連絡が来た。
栃木県に住むOさんは『接種後に体全体が痛くて、しかも手が震えている』と言っていた。

マンションの友人のFさんは『前回の接種でも3日間は具合が悪かった。自分は外へは出掛けないので、4回目で更に具合が悪くなることが心配なので、接種は見送るつもりだ』と言っていた。高齢者は接種の副反応と、接種しないことによる感染のどちらを選ぶべきか悩んでいる。


 「中央区新型コロナワクチン集団接種会場」


【値上げラッシュ】
最近のニュースを見ると、「値上げ」の情報ばかりだ。
最近の経済状況では値上げはやむを得ないとは理解しているが、小さな値上げが束になって襲って来るとそうとも言っていられない。23年度の企業決算では、利益が前年度仳「00%アップ」というニュースを聞くのではないだろうか?

食料品の値上げは女房が良く知っているが、最近になり『猫のエサの袋が小さくなり、しかも値段が上がった』と嘆いていた。「量を少なくして値段は据え置き」の話はよく聞くが、両方一緒とは猫をバカにしていないか?


猫のエサが大幅値上げ


【銀座の人出】
東京のコロナ感染者が2万人に近付いた7月16日(土)に、用事があり昼過ぎに銀座に行った。そしてあまりの人の多さに驚いた。
三越デパートでパンを買うために、地下一階の入口から入った。
そこには自動検温機と、デパートに現時点で何人のお客が入っているかを2つの大きな画面で映し出している。

滞在人数を見てビックリした。午後1時33分現在で、なんと4156人であった。
コロナが騒がれ出した時は1000人以下だったし、その後も2000人には行っていなかった。みんなコロナに注意はしているのだろうが、もう休日には都心に出るのを厭わなくなったようだ。


 7月16日(土)の現時点での在館人数。


(おまけの話)
【宅配便】
新型コロナウィルスの蔓延から、私のマンションでも目立って変化が起きている。
その1つは「宅配便」が増えた。それは1階の裏の通路に、Amazonの箱が山積みになるようになったので分かる。マンション入口では「Uber eats」や「出前館」の配達員が、かなりの頻度で部屋番号を押しているのを見掛ける。

駐車場の入口には「キッチンカー」が来るようになった。
デジカメクラブの女性会員に聞いたら、亭主は「在宅勤務」だと言っていた。
コロナ騒動が終ったら、これらは元へ戻るのだろうか?


山積みとなった「Amazon」の箱(手前にもある)


【宗教を考える】
安倍元首相を殺害した犯人は「統一教会」に恨みを持ち続けて、遂に凶行に至ったと報道している。どうも新興宗教には、「信心の深さは献金額で示す」ということがあるようだ。ビデオ・メッセージを送っただけの安倍元首相は、「とばっちり」を受けたようなものだ。

宗教は変な方へ行くと怖い。かなり前は「オウム真理教」の事件があった。
政治家は宗教を選挙の時の「集票力」に当てにし、宗教は政治家を「広告塔」に利用する。欧米諸国でも「政教分離」は言葉だけで、実際には出来ていない。
米大統領の就任式の宣誓の時に「聖書」を使うのだから。


  私の菩提寺「築地本願寺」


【映画「君を想い、バスに乗る」】
7月はあまり見たい映画が無く、最初に見たのが18日の「君を想い バスに乗る」であった。原題は「The Last Bus」で、粗筋は「亡くなった妻と交わした約束を胸に時間・年齢・運命に抗いながら老人用フリーパスで、スコットランドの最北端からイングランドの最南端(ランズエンド)まで1300キロを路線バスの旅をするトムの話」である。

ストーリーが進むに連れて、色々な事情が分かって来る。そして最後に、その約束の事情が分かる。しっとりとした良い映画だった。
そして私もこの映画に影響を受けて、遠くない内に「勝どきから東京都の西の端まで」シルバーパスで路線バスの旅をしてみようかと思った。


「君を想い バスに乗る」★★★


コメント

  1. admin
    admin
    返信

    外を出歩くのならコロナなんかよりも熱中症に十分お気をつけください!(^^;

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ