心の伊達市民 第一号

【マスクは私1人だけ】
「外ではマスクを外す」と政府が発表したのに、世の中は変だ。
ほとんどの人が、いまだにマスクをしている。
可笑しいのは、車に運転手しか乗っていないのに、その人はマスクをしている。


バイクで走り去る姿を見ても、マスクをしている。公園でジョギングをしている人達も、マスクをしている。みんなマスクが好きなんだ。
そんな中で私だけがマスクをしないのは、バカみたいでかなり勇気がいる。




     マスクを外して一休み(数寄屋橋交番裏のベンチで)


【靴を買う】
モノは古くなると愛着が出るし、使い易くなる。
特に感じるのはパジャマである。擦り切れそうなパジャマは体に馴染んで気持ち良く、なかなか捨てられない。新しいパジャマを着て寝た時は、なかなか寝付けない。
靴も似たところがあるが、ある時、女房から言われた。


『パジャマは外に来て出ないからいいけど、靴はみっともないから買って!』。
仕方ないので靴屋に行って買って来たが、靴屋で試した時は良かったような気がした。
でも家に帰ったらなんだか履き心地が悪い。靴って、そういうことありませんか?




       やっと買い替えた靴


【竜舌蘭の終り】
築地川銀座公園に「竜舌蘭」があり、蕾を付けたと最初に知ったのは2月8日だった。
それから時々、公園に「花が咲くか?」と思い、見に行っていた。
そして最初の花が咲いたのは、3月5日だった。その後、6本ある木が徐々に開花して行った。


木の一番上の花が咲いたのは、5月20日だった。その頃には下の方の花は枯れて、枝だけになっていた。
一番上の花が枯れて枝だけになったのは、6月3日だった。だが花が落ちた場所から葉が出て来ている。
これで「竜舌蘭」の花は終りとなったが、その後が「どうなるのか?」が気になるので、しばらくは観察を続けようと思っている。




      左(2月8日)、右(6月3日)、花が終って葉が出て来た。


【TOKYU PLAZA】
数寄屋橋交差点にある「TOKYU PLAZA」は2016年に開業した。
それ以前は「阪急百貨店」で、私は昔、ここで旅行用バッグを買った覚えがあるが「それだけ」だ。
最近になり気が付いたが、1階の交差点に面している角のブランド店「BALLY」が無くなっていた。


その後に「どんな店が入るのか?」と思っていたが、入るテナントがいないのか空いたままだった。
TOKYU PLAZAにはよく行くが、私の行くのは屋上で、そこから数寄屋橋のスクランブル交差点を見るためだ。暇人の私は屋上から下界を見下ろすだけで、気分が良くなるのだからバカオヤジだ。




     「TOKYU PLAZA](数寄屋橋交差点)


【スター・ウォーズ】
「TOKYU PLAZA」の1階に入ったのは、臨時的だろうが映画「STAR WARS」の新作の宣伝コーナーだった。入口を入ると大きな映画のキャラクターが飾られている。
左側は「ヨーダ」、右側は「ダース・ベイダー」である。


1977年にジョージ・ルーカスが映画「スター・ウォーズ」を発表した時は、すぐに見に行った。もう45年も前のことだった。その後、シリーズ化されて今回が10作目のようだが、第1作しか私は見ていない。
映画は「続編」は最初の衝撃が強烈で、その後の続編はあまり面白くないと思っている。




      「ヨーダ」と「ダース・ベイダー」(数寄屋橋)


【鏡で感じる自分の年】
年寄りが「健康自慢」をするのは見苦しい。「若ぶる」のも恥ずかしい。
「年相応」が一番良いのだが、同級生達を見ても、同じ年齢なのにずいぶんと違いがある。
自分でも「小食になった」、「腰が痛い」、「忘れっぽい」、「睡眠時間が少なくなった」、「やることが無い」など年寄り特有の症状が出ているのを感じている。


しかし一番感じる時は、「鏡に映った自分の顔」を見た時である。
普段の生活では他人の顔ばかり見ていて、自分の顔は見えない。
鏡に映った自分の顔を見て、「年相応の行動をしよう」と、自分を戒めている。




        床屋「ニュートーキョー」で(有楽町)


【安過ぎる】
昼時に有楽町を歩いていたらJRのガード下に立看板があり、「ステーキカレー 本日590円」と写真付きで出ていた。私は『本当かよ?』と思ったが、いつも見掛ける看板なので一度は試してみようと思った。
店はカウンターだけの小さな店で、15人は無理かもしれない。


食券を買って席に座ると、間もなくステーキ・カレーが出て来た。見た目は本物のステーキがカレーに乗っている。驚いた。立派なステーキである。食べたら美味しかった。
これをサービスデーとはいえ、590円で出すとはバカみたいな値段だ。ネットで調べたら、30年の歴史のある店だった。




      ステーキ・カレー(ふくてい)


(おまけの話)
【わたし バカよね】
最近は「わたし バカよね」と感じることが多くなった。
なぜこのタイトルかと言うと、自分でも嫌になるバカをやったからだ。
そして「わたし バカよね おバカさんよね・・・」という歌謡曲の歌詞が頭に浮かんだ。


この曲は2004年に「細川かたし」が歌ってヒットした「心のこり」という題名であることは、家に帰ってからネットで検索して分かった。




「トップガン・マーヴェリック」★★★


バカをした話であるが、少し前にトム・クルーズ主演の「トップガン マーベリック」を、TOHO日比谷に見に行った。いつものようにネットで予約しておいたので、4階の発券機で予約番号と暗証番号を入れた。すると「該当するチケットはありません」と表示が出た。


なにかの間違いだと思い、もう一度試したが同じだった。
そこで冷静になって、持参した予約番号が書かれた紙を見た。するとそこには前日の日付が書いてあった。
私が日にちを間違えたのである。「わたし バカよね」であった。




TOHOシネマの発券機


腹が立ったので、翌日の予約をしてから出掛けて行った。
映画ではストーリーより、戦闘機の空中戦が迫力あり、もの凄いと感じた。
ネットでウクライナの実戦動画を「Youtube」で見たばかりなので、感じ方がかなり違った。


映画の始まる前の予告編で「スパイ・アンド・オフィサー」を見せられた。
これも面白そうだと思ったので、家に戻ってから予約をし、翌日、またTOHOシネマに行ったのである。
今回は予約画面も正常で、「わたし バカよね」にはならなくて良かったー。




「オフィサー・アンド・スパイ」


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ