台風14号が去って、やっと25日に空が晴れた。
9月は4週続けて、週末に台風がやって来たという珍しい年だった。
いつもなら日曜日は家で静かにしているのだが、久し振りの晴れの日なので銀座に出掛けて行った。

特に目的は無い。
強いて言えば「外国人観光客は増えたかなー?」と、確認するために歩行者天国を見に行った。


築地大橋を浅草へ向かう観光船「卑弥呼」



昔から「銀ぶら」という言葉がある。
これは「銀座をブラブラと歩く」ことで、ウィンドー・ショッピングをしたり、歩いている人々を見ることである。
ここで気が付いた。他の町でも「〇〇ブラ」はあるのだろうか?

「新ブラ」とか「渋ブラ」などという言葉は聞いたことが無い。
日本中に「〇〇銀座」などという繁華街らしきものがあるが、そこを歩くのも「銀ブラ」だろうか?


昭和通りをまたぐ立派な歩道橋。



「銀ブラ事件」というのを、ネットで初めて知った。
「何ごとか?」と思ったら、現在の上皇が学習院高等科在学中(当時は皇太子)に同級生に「銀座に行きたい」と相談し、側近を騙して同級生3人で銀座に行った事件である。

銀座では2件の喫茶店に入ったそうだが、誰からの通報で大騒ぎになり皇宮警察が繰り出して捕まったそうだ。皇族も気楽に銀座にも行けず大変だなー。


「加山雄三展」(銀座ミワ)



・・・というわけで、私は気楽に1人で銀座に出掛けて行った。
この日は最高気温が28度の予想だったが、湿度が低く気持ちの良い日だった。
そこで家から銀座まで歩いて行った。築地大橋を渡る時には、川風が吹いて帽子が飛ばされそうになる。定期観光船が浅草に向って走って行った。


銀座のウィンドー・ショッピング(もう冬もの)



昭和通りを越えて銀座7丁目辺りに出る。
少し前に「銀座百点」というタウン誌で読んだ、銀座の老舗の宝石店「ミワ」の地下一階で開催中の「加山雄三展」を見に行った。ここのオーナーと加山雄三が大学で同級生だったそうだ。

11時丁度に入ったので、私以外に誰もいない。
加山雄三が描いた絵を展示・販売していたが、値段が高いので驚いた。
素人の私の評価だから当てにならないが、値段ほどは上手ではないように感じた。
私が加山雄三のファンでないからかもしれない。


 三菱電機「MET oA GINZA」



次に三菱電機がスポンサーの体験型イベント会場「MET oA GINZA」に行ってみた。
たまに私でも面白い企画があるのだが、今回のものは子供騙しだった。
入口でタブレットを渡されて、その画面を見ながら会場内の模型の商店に行ってチャットをする。係の女性もジジイが来たので張り合いが無さそうに見えた。
事実、あまり面白くなかった。


三越のライオンは交通安全   歩行者天国の銀座通り



その後は銀座通りに出て、通りに面した店のショーウィンドーを見ながら一丁目に向かう。そして富士フォトギャラリーで、3部屋の写真展を見た。
ここは貸会場なので、上手も下手も誰でも会場は借りられるが高い。

有楽町に出てEPSONのギャラリーを見るつもりだったが、日曜日は休みだった。
仕方ないのでいつもの「うどん屋」で、暖かいうどんを食べてから帰りの都バスに乗った。


常設館の「富士フォトギャラリー銀座」



(おまけの話)
東京フォーラムの前を通ったら、骨董市をやっていた。
かなり多くの人達が来ていたが、私の見たところ高価なものは置いていなかった。
駅の方に戻ると、2人のオバサンが新聞を配っているのが見えた。

これは少し前に、武道館前で私が渡された新聞と同じだった。
1人のオバサンがパネルを持って、それをみんなに見えるようにかざしていた。


東京フォーラムの「骨董市」



数寄屋橋の方に行くと、また2人のオバサンが新聞を配っていた。
暇人の私は新聞を渡されたので、2人に話し掛けてみた。
パネルに「安倍晋三の6悪行」と書かれていて、その下に「異次元金融緩和」、「森友学園疑惑」、「加計学園疑惑」、「桜を見る会疑惑」、「北方領土問題}、「神国日本をつくらんとしたこと」と書かれていた。

私『これらの何が問題なの? 異次元金融緩和で株価が上昇したのですが。森友も家計も裁判で白ですよ。桜を見る会は民主党政権の時もやっていましたよ。北方領土問題はソ連が悪いのですよ』と言ったら、なにも言えなかった。


有楽町駅近くで新聞を配るオバサン2人



私は前回の時に新聞をもらって帰って家で読んだから、この宗教と主張は分った。
宗派はX宗で、本山から破門されている。私は『そんなに熱心に亡くなった安倍批判をするより、X宗の布教をした方がいいんじゃないの? 安倍批判をしていると、みんな引いてしまいますよ。もったいないなー」と言って去って行った。

あるジャーナリストが言っていた。『65歳で引退すると、まだまだ元気である。お金のある人はいいが、年金だけだと何も出来ない。だから「なんでも反対」のデモに行くのでは? 75歳くらいまで働いた方が良い』。全く同感である。
今日の「銀ブラ」で(家から銀座までは除いて)、約6000歩だった。


銀座通りの歩行者天国に置かれたパイプ椅子に座って時を過ごす私。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,018

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,018

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ