【シルバーパスの利用結果】(1)
このブログを読んでいる友人のHさんは、毎週必ず「手紙」でコメントを書いて送って来る。その中に『橋本さんはシルバーパスを、年間でどのくらい使ったかの結果を知りたいところです』とあった。
そこで私の利用結果を知らせるために、1ヶ月間のデータを取ってみた。

先ずはシルバーパス取得の条件である。
*住民税が非課税の人は年間パスが1000円 *住民税が課税の人は2万510円である。 
*配偶者は扶養家族で非課税なので、1000円である。


「神保町駅」(地下鉄・新宿線)



【シルバーパスの利用結果】(2)
次に都営交通の運賃体系であるが、都バスは距離に関係無く、一律料金で210円である。大江戸線では近場は178円だが、私が時々行く「新宿」と「中野坂上」は272円である。また私がよく使う「東京BRT」は一律料金で220円である。

私営バスは都内に限り一律220円となっていて、シルバーパスで乗車できる。
滅多に乗らない都営「舎人ライナー」は距離制で、170円~340円である。


「清澄白河駅」(地下鉄・大江戸線)



【シルバーパスの利用結果】(3)
最後に(もしシルバーパスが無かった時)私の推定年間利用運賃である。
しかし面倒なので計算上は、全て1回を利用頻度の多い都バス料金の「210円」として計算した。

その結果報告であるが、10月の1ヶ月間に利用した回数は76回であった。
従って「210円×76回=1万5960円であった。
これを12倍すると1年間で15万9600円も乗っているので、Hさんへの回答は以下の通りである。
15万9600円(1年間)-2万510円=13万9090円も得している。


中野坂上駅(地下鉄・大江戸線)



【ITの専門用語】
最近の新聞や雑誌でIT関連の記事を読むと、よく分からないカタカナがたくさん出て来る。それを思い付くままに書き出してみたら、主なものだけでも11個もあった。

「ギグワーカー」、「メタバース」、「アバター」、「アルゴリズム」、「クラウドファンディング」、「ビットコイン」、「デジタル」、「トランスフォーメーション」、「サブスクリプション」、「サスティナブル」、「ブロックチェーン」。
これを正しく誰かに説明する知識は私には無い。
まだガラケーのHさんは、いくつ解説できるだろうか?


  枝木の伐採で冬支度(ITでは出来ない)



【HIBIYA CINEMA FESTIVAL 2022】
10月14日から「日比谷 映画祭 2022」が開催されていた。
「ミッドタウン日比谷」の前の広場に舞台が作られていて、そこで無料で映画が上映されている。私はTOHOシネマで予約していた映画「アフター ヤン」を見る為に、前を通り掛かっただけだった。

「アフター ヤン」は奇妙な映画で、近未来ものである。
白人男性と黒人女性の夫婦の間に養子にした中国人の女の子がいる。
その他に「ヤン」という人間そっくりのロボットがいるが、それが故障してしまったことから起きる騒動である。


「アフター・ヤン」★★



【天高く 馬肥える秋】
秋になると、空が高く感じるようになる。
しかし「馬」は競馬場くらいで、ズーと前から身近では見られなくなった。
広い場所に出ると、空を見上げる。秋の空は雲にも特徴があり、「うろこ雲」、「ひつじ雲」が現れる。その雲によって、空の高さを感じることが出来る。

マスクを外し、深呼吸をする。深呼吸なんて「久し振りだなー」と思って、2度3度としてみた。秋が1年で一番好きな季節だ。これからは都内の紅葉を見に行こう。


 秋の「うろこ雲」



【嫌な夢を見た】
よく「いくつになっても学生時代の試験の夢を見る」というような話を耳にする。
私は全くそんな夢は見ないが、最近になり、朝方に嫌な夢を見ることがある。
ある朝の夢である。「どこか遠くの町からタクシーに乗って、伊達市に向かった。見知らぬ町でタクシーが止まり、運転手がどこかに行ってしまった。その時、車がズルズルと崖に向って後退していることに気が付いた私は、慌ててサイドブレーキを引いた。

そこへなぜか伊達市のKさんが現れた。
私は彼に『運転手がどこかへ行ってしまった』と言ったら、『この町の駅で、列車から新聞が降ろされるのを待つのです』と言ったのである。私がサイドブレーキのことを話したら、『よくあることです』という返事が返って来た。勘弁してよ!Kさーん!


      「月島川」が「三途の川に」に見えたが、幻覚か?



(おまけの話)
【八王子ラーメン】
いつも「多摩格差」で愚痴をこぼしているYさんに、あるニュースを連絡した。
テレビニュースの特集で「住宅街のグルメ」みたいな食事処の話題だった。

番組では3ヵ所が取り上げられていたが、その中の1軒がYさんの家からもそう遠くない「八王子ラーメン」だった。
私がわざわざ行くには遠いし、コロナのこともあるので、Yさんに取材をお願いした。
その報告が以下のものである。


幟旗が無ければ、普通の民家のラーメン屋「麺楽」



『見た目は完全に民家で個人名の表札まであります。中に入ると更に驚きで、普通に玄関。手作りのスリッパが6足色とりどりに並んでます。和室(座敷)は庭が見えるのどかなシチュエーションです。洋室(椅子席)は、主人の趣味の部屋風で私鉄電車の写真やロック調の人形も飾られている。

店員さんは、おばあちゃんとお嫁さん(娘か?)と台所にマスター(お婿さん?)の3名体制でお出迎え。メニューは中華そばだけでなく、ハリマオカレーライスなるものも。このハリマオカレーと八王子ラーメンのセット1.100円を注文する』


  客席はお座敷。



『「八王子ラーメン」の定義は以下の3つであるとしている。「醤油ベースのタレ」、「表面を油が覆っている」、「きざみ玉ねぎを具としている」。スープはやや甘めの味わい。出汁は鶏ガラだと思いますが軽めで、油も少なめです。麺は細くて柔らかめ。この柔い麺がノスというか家庭を感じさせます。

チャーシューは昔ながらな煮豚。アッサリで歯ごたえあるメンマは結構良いです。お店の雰囲気が民家っぽいのと同様、ラーメンの味も優しいほんわか系。女性スタッフの接客はとても良く、味よりも雰囲気を味わう店かもしれません』。

多摩格差を嘆いているYさんだが、都心には無い素晴らしいラーメン屋があるではないか!


『中華そば』(600円)


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,017

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    テクノロジー用語をカタカナで表示する記事があふれています。カタカナだから余計わかりにくい。英語で書いてくれた方がわかりやすいものもかなりあります。
    ところで、ラーメン600円なんて、おどろきです!また、普通の民家で商売していいのでしょうか?

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,017

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ