毎年この時期になると、桜を見て廻っている。
ここへ越して来て12年ともなると、いつも同じ場所に行くのでマンネリとなっている。
でも桜の花が好きなので、相変わらず出掛けて行くのである。
今回はいつもと違い、何ヵ所かの桜を一緒に載せたいと思う。

【六本木ヒルズ】(3月21日)
ここは毎年のように行っている。
テレビ朝日の横の「毛利庭園」の桜が綺麗だが、お勧めは住居棟の裏の横断歩道橋から見る桜である。時々、道路を通過する車が、桜の中を進んで行く光景が私は好きだ。

それと忘れてはいけないのは、私の母がこのすぐ近くで生まれ育ったのである。
かなり前にいまは亡き母を60年ぶりに、その場所に案内したことがある。
その場所は区画整理がされていなくて、建物は無いが昔の面影があったようだ。
私の親孝行の話である。


「六本木ヒルズ」(裏通りの歩道橋から)



【ミッドタウン六本木】(3月21日)
六本木ヒルズに行けば、「ミッドタウン六本木」にも行くことになる。
フジフィルムのギャラリーで写真展を見るのが、ここへ行った時の恒例の行動である。

その先の信号を右折すると、そこから桜並木が始まる。
途中の横断歩道橋から見る桜はみんなも好きなようで、いつも混み合っている。
右手に見えるレストランは桜の時期はいつも満席で、いつかは入ろうと思っている。


「ミッドタウン六本木」(右側はレストラン)



【浜町緑道公園】(3月22日)
浜町緑道公園は人形町の「甘酒横丁」を進むと、100メートルくらい先にある。
横に長い公園は、以前は水路があった場所を埋め立てたものと思う。
ここには以前はよく通ったものである。

私の趣味の仏像彫刻で、以前にここにある「弁慶像」を彫ったことがあるからだ。
写真を何枚も撮って、それを見ながら彫刻したが、それでも分からないことがあり見に行ったのである。


「浜町公園近くの緑道」(弁慶像がある)



【門前仲町・大横川】(3月22日)
大横川は墨田区から江東区を流れ、隅田川に注ぐ運河である。
この両岸には桜の木が植えられていて、桜の季節には色々なイベントが開催される。
私が見に行った時は、大きな「お花見観光船」と個人所有らしき大きなボートが水上から花見をしていた。

個人所有のボートには金持ちそうな欧米人がグループで乗っていて、酒を飲んで楽しんでいた。運転席を見たら、驚くことに同じ欧米人だった。ボートはレンタルか?


「大横川」の舟遊び(門前仲町)



【月島第二児童公園(勝どき駅前公園)】(3月23日)
「月島第二児童公園」という名の桜が綺麗な公園があるが、ここは「勝どき駅」の上である。なぜ隣町の「月島」とおいう名を付けているのか調べてみた。

すると公園の隣に「月島第二小学校」があった。勝どきにマンションが建ち人口が増える前は、学区が月島だったのだろうと思う。勝どきの児童数が増えても、学校の名前は変えられないらしい。この公園では、週末にはマルシェが開催されて賑わっている。


「月島第二児童公園」(勝どき駅上)



【日比谷公園】(3月24日)
普段はあまり日比谷公園には行かない私だが、年に3回は必ず行く。
それは「春の桜」、「秋の銀杏拾い」、そして「冬の凍結した鶴の噴水」の時である。
公園の外れに「野外音楽堂」があり、色々なコンサートが開催される。

最近になり、その野外音楽堂が建て直しの為に、取り壊されることになったと知った。
その最後のイベントとして、無料のコンサートがあるようで、私は申し込んだが「当るか?」。


「日比谷公園」(鶴の噴水を桜越しに見る)



【泉岳寺】(3月24日)
三田に用事があったので、ついでに泉岳寺に寄ってみた。
泉岳寺と言えば、「浅野内匠頭」、「赤穂浪士」、「忠臣蔵」が思い浮かぶ。
ここは桜の木が多く、特に「四十七士の墓」に行く参道の桜が綺麗だ。

10年以上前だと思うが、私は両国の義士が討ち入りをした「吉良邸」から、義士と同じ道を辿り浅野内匠頭の埋葬されている泉岳寺まで歩いたことがある。かなり距離があるので、私は義士とは違い2回に分けて歩いた。 


「泉岳寺」(四十七士の墓の入口も門)



【浜離宮恩賜庭園】(3月24日)
浜離宮恩賜庭園の桜は「八重桜」が多く、ソメイヨシノは少ない。
特に緑色の花が咲く桜である「御衣黄」と「ウコン」が珍しい。
4月1日から5月7日まで中央区民は入園が無料のチケットが配られる。

今回の写真のソメイヨシノは3月中なので、シニア割引で150円で入園した。
ここも銀座に近いせいか、欧米人の観光客が多かった。


「浜離宮恩賜庭園(外国人観光客が多い)



【リバーシティ21】(3月25日・雨)
「リバーシティ21」というのは、元IHIの佃工場のあった場所に高級マンションを建てて付けた名前である。隅田川はリバーシティの手前で、朝潮運河に枝分かれする。
その両方の岸辺に桜の木が植えられている。全長で1キロくらいだろうか?

昨年は私は足の悪いマンションの友人2人を、ここに案内した。
タクシーで近くまで行き、桜を見て歩いた。普段はあまり歩けないXさんは、写真を撮るのに夢中になり、1キロを歩いたので驚いた。
私が写真を撮りに行った日は雨で、満開なのに誰も来ていない。


 雨の中の「リバーシティ21」(中央区佃」



【トリトンスクエアと朝潮運河】(3月25日・雨)
我が家の窓からトリトンスクエアが見えたのに、その途中にタワーマンションが建設中で見えなくなった。トリトンスクエアの前に流れるのは「朝潮運河」で、そこには桜の木が植えられている。

川沿いの桜は他の場所の桜と違い、咲くのが遅いようだ。
海から吹き付ける冷たい風の影響かもしれない。
ここの桜の木は若木ばかりで、木は小さいが花の勢いがあるように感じる。
私が写真を撮りに行った日は雨で、この日を逃すと花が落ちてしまうので仕方ない。


  雨の中の「朝潮運河」(中央区晴海)     


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,384,704

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    桜を追って、違った場所を違った日に記録しておくのも貴重ですね。晴れの日、雨の日、山の手、下町。短編ドキュメンタリー映画にしたらぜひ見たいです。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,384,704

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ