3月14日に東京に桜の開花宣言が出たが、東京といっても広いので開花状況はバラバラである。この時期になると私はネットで、東京各地の開花状況を確認するようになる。
そして19日に小石川後楽園が「満開」と出ていたのを見付けた。
多分、ここが今年は東京で一番早い満開だろうと思う。


 「小石川後楽園」の枝垂れ桜



最近の私はどこかへ行く前に、その場所の歴史を調べるようになった。
小石川後楽園は『江戸時代初期(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の中屋敷として作ったもので、二代藩主の光圀の代に完成した庭園です。光圀は作庭に際し、明の儒学者の意見を取り入れ、中国の教え「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から後楽園と名付けられました』とある。


「小石川後楽園」の入口左側の桜



そこで早速、「善は急げ」とばかりに20日に出掛けて行くことにした。
天気予報では20日は「晴れ」、21日は「曇り」、ところが花見の真っ最中の22~27日までは「曇り一時雨」となっていて、28日以降まで花が残っているか心配になった。
私の記憶では、こんなことは初めてのように思う。

「後楽園」のいわれの「先憂行楽」と、「今の中国とはずいぶんと違うなー」と思いながら、地下鉄「飯田橋駅」で降りた。


 入口正面にある枝垂れ桜



小石川後楽園の入口に行ったら、大勢の欧米人観光客が並んでチケットを買う姿が見えた。個人ではない観光客は、ガイドがチケットを買うのを遠くで見て待っていた。
「なぜこんなにも多くの欧米人が多いのか?」と不思議な思いをしたが、その後、どこへ行っても外国人観光客だらけなのを見て、「みんな桜を目当てに日本に来ている」と分かった。


ソメイヨシノはまだ3分咲きだった



この庭園は「枝垂れ桜」が多いので、ソメイヨシノより早く咲き今は満開である。
ソメイヨシノもあるが、まだ3分咲きくらいだ。
桜の木の周りには写真を撮る人が群れていて、とてもじゃないが良い写真は撮れない。

人の入らない撮影場所を探してウロウロするが、そんな場所は無い。
池に向ってアップで撮るしか方法が無いのも困ったものだ。


池の反対側から見た水面に映る桜



桜のアップの写真では、どこで撮っても同じになってしまう。
そこで桜の木の無い、池の反対側に行ってみた。
こちらは人も少なく、水面に映る桜の木が綺麗だった。

更に奥に進むと、そこには蓮池がある。
たった1本のソメイヨシノの花びらが池に落ち、その花びらが睡蓮の葉に寄り添うような光景が綺麗だった。


 睡蓮に寄り沿う花びら



小石川後楽園での撮影を切り上げて、神楽坂に行ってみた。
同級生のMさんが住んでいた頃にはよく行ったが、彼は倉敷に越してしまったので久し振りの神楽坂だった。
私のお気に入りの日本蕎麦屋「山せみ」で、ランチセットを注文した。

蕎麦屋なのに「とんかつ」が美味しい。ランチセットには蕎麦とヒレカツが付いて来る。ヒレカツの切り口がほのかにピンク色で、揚げ方が上手で美味しい。
残念なのは、もう年のせいでセットを食べ切れなくなってしまったことだ。


「山せみ」のランチセット(1300円)



(おまけの話)
天気の良い内にと思い、まだ少し満開までにはあるが、帰りに地下鉄を「上野・御徒町駅」で降りて「上野公園」の桜を見に行った。不忍池の桜は、まだほとんど咲いていない。

私の観察による判断では、「川や池などの風の通る場所の桜は、冷気で咲くのが遅い」である。学問的にはどうか分からないが、私の経験ではそんな感じがする。


「上野不忍池」のソメイヨシノ



不忍池から上野公園の方に行ってみた。
公園の入口にある枝垂れ桜が満開で、その周りには待ち合わせの人達が大勢いる。
石段を上り公園内に入ると、一方通行となっていた。

往きは右側、帰りは左側で、中央にロープが張られている。
そこに逆行して来るジジイがいた。こういうジジイが高速道路で逆走して来るのだと思った。ただ歩いているだけの花見は面白くない。


 公園の中央通りは一方通行



「清水観音堂」の先から、右手に入ってみた。するとそこには全く違う光景があった。
ブルーシートを敷き、その上にグループで座り、楽しそうに飲み食いをしている。
横を通る外国人観光客が珍しそうに、スマホで動画撮影をしている。

彼等はSNSに投稿するのだろう。自国で「お花見の正しいやり方」を広めて、それによって「正しいお花見のやり方」が外国でも普及するかもしれない。


3年ぶりで盛り上がる「お花見宴会」


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,384,706

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    良い天気、桜、睡蓮、そばとトンカツ、花見に宴会。 ああ良き春の一日なり。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,384,706

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ