漁業調査船「開洋丸」の一般公開が行なわれると知り、私は家から近いので行ってみた。この日、1日だけの公開のようで、9時30分からの公開なのでその時間に行ってみた。

夏休みということもあり家族連れが多かったが、「船好き」らしいオタクもいた。
受付で「乗船証明書」というカードを渡されて、船のタラップを上る。
上には係員が待っていて、見学順路を示してくれる。


 晴海埠頭の「開洋丸」



行く前に「開洋丸」のデータを調べておいたのが、下のものである。
【主要目】
全長・・・・・87.55メートル   幅・・・・・・14メートル
総トン数・・・2710トン      最大人員・・・53名
竣工年月日・・令和5年3月13日

「開洋丸は、水産庁に所属する大型漁業調査船で、近海から遠洋までの広い海域において、各種調査機器と大型表中層トロール網等により、水生生物の高精度な資源調査及び海洋環境調査等の高度な調査研究を実施することが期待されています」


 見学コースを上って行く



【基本性能】
・約12,000海里以上の航続能力、30日以上の連続航海が可能な滞洋性を持ち、外洋の荒天域においても十分な耐航性を有する船型としています。
・高度な音響調査に対応した静音性を有しています。ディーゼル機関2機1軸と、推進電動機1機1軸を有し、高速航走時に有効なフィンスタビライザーと低速航走時に有効なアンチローリングタンクの両方を採用することで、横揺れの大幅な低減を可能としています。

・船首部への可変ピッチ型バウスラスターの装備により、各種観測作業時および港内航行操船に必要な横方向の推力を持ち合わせています。


 「CTDシステム」(海水等の調査機器)



【調査研究設備】
・飼育室(0~21℃)を含む研究室5室、CTDシステム、XCTD、計量魚探、超音波多層流速計、極深海測探器、低周波広帯域魚群探知機、マルチビーム海底地形探査装置、GPSブイ装置、環境センサー付き多段開閉ネット、全周ソナー等を搭載しています。
・鯨類目視台、大型表中層トロール網、稚魚採集ネット、自動イカ釣り機を装備しています。


 操舵室(船首)



船内の通路は非常に狭く、すれ違いが困難なので一方通行である。
見学場所は仕切られているが、どこも空いている。
見学者の多くは写真やパネルにはあまり興味が無いようで、船首に行ったら混んでいた。そこにある椅子に腰かけてみたり、船員に色々と質問などしている。
この船は新造船なので、全てがコンピューター制御のようだった。


よく分からないが「コントロール室」らしい



部屋はクーラーが入っていて涼しいが、部屋から出ると外は暑い。
天気が良いので遠くまで良く見えて、気持ちは良いが暑い。
船は6階建てくらいのようで、順路に従うと外階段を上ったり下ったりと忙しい。

私が興味を持ったのは、広いキッチンである。
オール・ステンレスのようで、海の上では陸上以上に塩気に注意しているようだ。
清潔そうなキッチンでは、どんな料理が作られるのか? 食べてみたい。


 船首から「豊洲市場」方面を見る



見学を終り外に出ると、アンケートを依頼された。「この企画をどこで知ったか?」、「住まいは中央区か?」、「年齢?」、「どこに興味を持ったか?」などである。
それが終ると記念品をくれる。3つの内から1つを選ぶのだが、私は「調査船の漁網タオル」を選んだ。これは調査用漁網で作ったタオルだそうで、両端に持つところがある。

注意書きとして「使い始めは網が堅いので、肌の弱い方のご使用は十分注意して下さい。使い込んで行くうちに柔らかくなっていきます」とあった。
その日の夜に風呂で使ってみたが、肌が弱くなくても痛かった。


 お土産の「漁網タオル」



(おまけの話)
この日は予定が無かったので、東京国際フォーラムで開催予定の「ピアノ・グランドバザール」に興味本位で申し込んでおいた。

ところがその後に晴海埠頭の「開洋丸」の一般公開の参加募集があったので、それを申し込んだのである。だから午前中に「開洋丸の見学」で、午後から「ピアノ・グランドバザール」に行くことになった。


 東京国際フォーラムの「ピアノバザー会場」



私は音楽の才能は全く無いので、特別にピアノにも興味は無かった。
でも申し込んでいたし、晴海埠頭から有楽町までは都バスで行けるので「開洋丸」の見学の後に都バスに乗った。地下一階の会場にはたくさんのピアノが展示してあった。

この企画は「ピアノプラザ」という名の会社に恒例のイベントだそうだ。
係員に聞いたら、なんと3000台も出展しているそうだ。
ほとんどのピアノが「USED」(中古品)なのに、私の思っている値段よりかなり高い。


 ピアノは高いのだ!



値段の安いのは「エレクトーン」で、5万円台からある。
アップライト・ピアノの価格は色々で、50万円から外国製は380万円もするのがある。
グランドピアノになると、98万円から驚きの950万円もある。

私の子供の頃はお金持ちの家の子がピアノを習うのが流行っていたが、マンション住まいが増えた現在では、ピアノは売れないのではなか?
「ピアノの買取り」の宣伝はテレビで流れているところを見ると、使わないし邪魔なピアノが家にある人が多いのだろうと思うが、どうか?


グランドピアノの高い機種は950万円もする。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,486

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    開洋丸の研究施設能力は、予想以上でした。これなら魚群探知はもちろん、将来の魚の予測もできるでしょう。でも、自動イカ釣り機、というのが、なんかおかしいです。イカは自動で採れてしまうのですかね。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,486

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ