いつまでも暑い日が続き、「この暑さは10月も続く」と天気予報で伝えていた。
この現象と「地球温暖化」は関係あるのだろうか?
9月21日は少しだけ涼しくなったので、「浜離宮恩賜庭園」と「日比谷公園」に早い秋を探しに行って来た。

【浜離宮恩賜庭園】
先ずは家から歩いて、隅田川を築地大橋で渡る。
隅田川を吹き抜ける風で、帽子が飛ばされそうになる。
浜離宮の入口の手前の大手門橋を渡る時に下を見たら、たくさんの「ボラ」が泳いでいるのが見えた。最初に見た時からは、ずいぶんと大きくなった。


 ボラの群れが泳ぐ。



浜離宮恩賜庭園は9月15日から21日まで敬老週間として、「60歳以上は無料」にしている。これは差別なく、外国人観光客にも適用しているそうだ。
正面のお花畑は「キバナコスモス」が真っ盛りだが、もう終りに近付いたのか、ミツバチの姿は無かった。


「キバナコスモス」



更に進み船着場に行くと、まだ遊覧船の寄港は行っていなかった。
船乗り場の前の広場には、1本の大きな木がある。
これは「アメリカンディグ」という名の木で、私は以前より注目している。
真っ赤な小さな花がたくさん咲くのだが、それより秋が楽しみだ。

巨大な鞘の種が枝から下がるのである。ところがなぜか今年は枝を伐採してあり、鞘になる実も種も刈り取られてしまっていた。全くガッカリである。


汐入の池で休む「川鵜」



この日も外国人観光客が多かったが、なぜか欧米人ばかりだ。
アジア人は自然は好きではないようで、買い物と食べ物なのだろうか?
出口の方へ歩いて行くと、「女郎花(おみなえし)」の花に「ナミアゲハ」が飛んで来た。動きが早くて、なかなか写真に撮れない。これが粘ってやっと撮れた1枚である。


 「女郎花」に飛んで来た「ナミアゲハ」



今回は彼岸花の様子を見に行ったのだが、今年の暑さでまだ咲いていなかった。
茎だけが伸びて来ていたが、その数も少なく、今年の彼岸花は期待できそうにない。
道路脇には「ムクゲ」が咲いていた。
この花はピンクと白があり、街路樹として今の時期はアチコチで見られる。


 「ムクゲ」



(おまけの話)【日比谷公園】
次に銀座で用事を済ませてから、日比谷公園に向かった。
有楽門から中に入り、そのまま奥に進むと桜門があり、そこに大きな銀杏の木がある。
行ってみて驚いたのは、もうギンナンが鈴なりで、地面にもたくさん落ちていた。


ギンナンが鈴なり



昨年は10月後半に、この場所にギンナンを拾いに来たのだが、今年は1ヶ月も早い。
しかもまだ葉が青い内から実が落ちている。なにかが変である。
異常な高温続きで、ギンナンが早く成熟したのだろうか?
踏み付けられたギンナンの甘い香りが周囲を覆い、少し気分が悪くなった。


大量のギンナンが落ちている



その先の三笠山は、例年は離岸花が見事に咲く場所である。
ところがここも茎ばかりで、しかも数が少ない。
雑草に覆われていて、よく見ないと分からない。
その手前のテニスコート脇には、ヒマワリが咲いていた。
でももう終りなので、葉は虫に食われ、花びらは落ちかけていて情けない姿だった。


 情けない姿のヒマワリ



イチョウ並木をギンナンを踏まないように進み、「鶴の噴水」の池を見に行った。
しかし殆ど人は来ていないで、私の他にはカメラマンが1人だけだった。
池の周りの木も、少しだけ色付いてきた感じがする。


「鶴の噴水」



噴水を見た後に、帰るために幸門に向かった。
日比谷公会堂の手前で、ヒマラヤ杉に大きな松ぼっくりが付いているのが見えた。
幸門を出て汐留に向かい、「YATSUDOKI」でソフトクリームを食べ、東京BRTに乗って家に帰った。この日の万歩計は「1万2800歩」を示していた。疲れた!


ヒマラヤスギの「松ぼっくり」


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,284

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

    Shinji
    Shinji

    築地―浜離宮―銀座―日比谷―築地。この行程を踏破して一万2、800歩!健康に良いこと間違いなし!

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,412,284

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ