初日の睡眠不足が、前夜の宿で解消された。
午前6時に大風呂に行ってみた。誰もいない。気持ち良い。
部屋に戻りカメラを取り出して、1人で早朝の奈良井宿を歩く。

昨夜は気が付かなかったが、この町は「漆」が特産らしく「漆店」が何軒もあった。「なぜこの町が昔のままに、残ったのだろう?」と不思議な気持ちになった。


 早朝の「奈良井宿」



宿に戻ると、まだMさんは寝ていた。彼は私より9歳も若いのにである。
私はテレビも無いので帰り支度をしていたら、やっとMさんは起き出した。
そして大風呂に入りに行った。帰って来たMさんは『外国人がいた』と言っていた。『なにか話したの?』と聞いたら、『話はしない』とつれなかった。

8時30分になったので、朝食を食べに行った。
私は「もしかして、今日の昼は抜きかもしれない」と思い、頑張ってご飯をお替りした。これがやはり正解だったことは、後になって分かる。


 「KYAKU Narai」の朝食



宿の前で女将さんに2人の記念写真の撮影をお願いした。
そして次は駒ケ岳に向けて出発である。
駒ケ岳は中央アルプスの山で、標高は2956メートルである。

別名は「木曽駒ケ岳」とも言う。
ここでロープウェイに乗って、千畳敷という場所の紅葉を見るのが目的である。


 駒ケ岳ロープウェイ



「菅の台場バス停」の駐車場に車を止める。この先は自家用車の進入は禁止である。
チケット売り場で、バスとロープウェイの往復切符を買う。
なんと「往復料金」は4450円もした。

ここでもMさんは身障者割引で、半額だった。
考えてみると変な話で、健常者の私が身障者のMさんの車に乗せてもらって旅をしているのである。


 中間地点で対向ロープウェイとすれ違う



おんぼろバスに揺られて30分で、「しらび平駅」に着いた。
バスは満席で、補助椅子も満席である。みんな千畳敷の紅葉を見るのが目的の人達ばかりである。ここまでは外国人観光客は、まだ来ていない。

「しらび平駅」からロープウェイに乗る。
ここまではスムーズに進んだ。


ロープウェイの頂上「千畳敷駅」



途中の景色を眺めても、紅葉は見られない。
昨年行った苗場ゴンドラを想像していた私は、全くの期待外れだった。
家に帰ってからネットで調べたら、この山にはアカマツ、ヒノキ、サワラ、カラマツが植林されているようで、これでは紅葉になるはずがない。

ロープウェイは約7分で、頂上の「千畳敷駅」に到着した。
外へ出たら寒い。氷点下の気温だった。


吹き付ける風で凍った霧



その上に風もある。軽装備なら、遭難である。
私はダウンジャケットを持参したので、それだけは良かった。
下の「しらび平駅」では晴れていたのに、上の「千畳敷駅」では霧が出て良く見えない。

予定では千畳敷の紅葉の遊歩道をゆっくりと、45分を掛けて楽しむつもりだった。
しかしガスが出て、少し先も見えない。
それでも頑張って遊歩道に向かう人達がいたが、私は無理と思い行くのを止めた。


 赤い実はなにか?



(おまけの話)
寒い中に留まっても意味が無いので、ロープウェイで降りることにした。
ところが降りる人が多く、ロープウェイに乗る人が建物の外まで並んでいる。
係員に聞いたら、『この場所だと約40分待ちでしょう』と言われた。

私はかなり参った。なにしろ氷点下の風の吹く外で、40分も待つのだから・・。
列は少しずつ進み、約40分でロープウェイに乗れた。
下の駅に着いたら、空は晴れていた。がっくりした。


下りロープウェイを待つ観光客



ロープウェイを降りてから、またおんぼろバスに乗る。
急坂のクネクネ曲がる狭い道路を、バスはゆっくり走る。
途中で何ヵ所かの少し広い場所があり、そこで対向車のバスを待つ。

駐車場で車に乗り換えて、これで家に帰れると思ったら、Mさんが言った。
『行きたい場所がある。ウィスキー工場だ』と言った。
私は酒を飲まないから知らなかったが、「信州醸造所」は「知る人ぞ知る」メーカーだそうだ。


 「信州蒸留所」の工場内



駐車場から約10分のウィスキー工場へ行き、工場見学をした。
工場見学と言っても会社の人は誰も案内してくれず、自分達で勝手に見るだけである。帰りにMさんは5500円のウィスキーを買ったが、それが高いのか安いのかは私には分からない。これで帰れると思ったら、『もう1軒』と言われた。

そして彼の趣味のキャンプ用品店に行ったのである。
家に帰った時は午後8時過ぎで、私は疲れ果てていた。
家族が最初に私に言った言葉は、『ずいぶんと、やつれたわねー!』だった。


売店に並んだウィスキー各種


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,140

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    かなり厳しい旅だったようですね。最後の日は昼も夜も食事抜きのような印象ですが??これでは、やつれて当然でしょう。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,140

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ