2日目は「寝不足」から始まった。
日の出の時刻に車から外を見たら、なんと20人ほどの人達が撮影に来ていた。
しかし雲が厚く、太陽が見えるようにはならなかった。

明るくなったので、昨夜の食事の道具の片付けをしてから出発した。
この日は奥志賀に行って、紅葉を撮影するのが目的だった。


途中で見掛けたスキー用リフト



車は湯田中、渋温泉を通り、志賀高原に入る。
その頃になったら、皮肉なことに秋の青空であった。
真っ青な空に白い雲があり、天は高く「秋だなー」と感じた。

中学・高校時代に毎冬にスキーに来ていた志賀高原の「丸池」を通過した。
雪の無い丸池は私の見ていた光景と違うので、どこのヒュッテに宿泊したのかよく分からない。


 秋の空は天が高い



奥志賀に入っても、紅葉は見られない。
「蓮池」があったので、車を止めて撮影する。
この時期に奥志賀に来る人は稀らしく、あまり観光客を見掛けない。
風もなく、蓮池は水面が鏡のようで美しかった。季節外れの白い睡蓮が2輪、咲いていた。


 「蓮池」



奥志賀では紅葉を撮影するのが目的だったので、あてどもなく走り回る。
しかしまだ紅葉には早かった。ネット情報では「紅葉していると出ていた」とMさんが言った。細い道にも入ってみたが、同じだった。Mさんがスマホで何か調べていた。
そして言った。『滝と牧場があるから、行ってみようか?』


「奥志賀の細道」



滝はあったが、木々に囲まれてわずかしか見えないし近付けない。
牧場へ行く砂利道を進むと、牧場の入口に看板があった。
中に入ると奥に小屋があったので、そこに車を止めた。

丘の上から牧場主らしき人が来て、『何か用事ですか?』と聞いた。
Mさんは『見学です』と言ったら、オヤジさんは『今日はたまたま柵の壊れた個所を直しに来ていた。普段は入口に鍵を掛けて入れない』と言った。
我々は運良く、牛の放牧の様子を見ることが出来た。


「漆の木」だけが紅葉していた。



次の目的地は伊那郡箕輪町にある「赤そばの里」である。
ここで昼飯に蕎麦を食べる計画だった。
ところが奥志賀で時間を掛け過ぎたこともあり、箕輪町に着いた時は午後2時を過ぎていた。目的地の蕎麦屋は午後2時で閉店だった。この日も昼飯を食べ損ねた。

駐車場に車を止めて、「赤そば」の畑へ急ぐ。
林を抜けると突然、開けた場所に出て視界が広くなり、一面の「赤そば」の光景だった。畑の広さは4万2000平米もあるそうだ。


「赤そば」の畑(普通のそばの花は白い)



「赤そば」というのは資料によると、『1987年にヒマラヤの標高3800メートルのところから、赤い花が咲くそばを日本に持ち帰り、信州大学の(故)氏原暉男名誉教授がタカノ株式会社(宮田村)と共同で開発して真紅の花を作り、「高嶺ルビー」と名付けました』

『その後、長期にわたり品種改良を重ね、2011年に更に赤みを増した「高嶺ルビー2011」が誕生しました。このそばは、花を楽しむばかりではなく、味も良いので、まさに見て楽しみ味わうそばになりました』ということであった。
箕輪町は「赤そば」で町興しをしているそうであった。


「赤そば」



(おまけの話)
Mさんは「赤そば」の撮影に熱心に取り組んでいる。
私は20分くらいで飽きてしまったので、先に車に戻って休んでいた。
昨夜の一睡も出来なかった影響が、いま頃になって出て来た。
それから30分以上も経って、Mさんは戻って来た。

次の目的地は塩尻市奈良井町である。
ここは古い宿場町が残っていて、我々は今晩はそこへ泊まるのである。
予約してある高級旅館「BYAKU Narai」に着いた時は、もう薄暗かった。


宿泊先の「BYAKU Narai」は元は日本酒の醸造元



Mさんが予約したのは彼には珍しく、1泊5万円もする宿だった。
日本酒の醸造元を改造して、もの凄くお洒落な宿となっている。
部屋数は8部屋しかなく、全てが「至れり尽くせり」である。

我々の部屋は道路に面した二階で、そこから町が見下ろせる。
部屋には檜の風呂もあり、キングサイズ・ベッドで快適である。
部屋にテレビを置いていないのが、良い雰囲気を出している。


夜の宿場町を1人で散策した。



夕食は酒蔵風の建物で、レストランになっている場所で食べる。
温泉宿で定番のような料理は出ない。全てが創作料理であり、洒落ている。
食後に私は1人で夜の宿場町を歩いてみた。端から端まで約1キロある。

真っ暗で明かりの点いている家は少ない。ホテルに戻りフロントで聞いてみた。
すると『ここは間口が狭く、奥に深い家の作りになっています。昔の税金対策で、間口を狭くしているのです。ですから明かりの点いていない家も、奥の部屋は電気が点いています』と言った。部屋に戻ったら、Mさんはイビキをかいて寝ていた。


 住民だけは宿場町に車で入れる。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,017

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    青空の写真、壮大で爽快ですね!
    奈良井の宿、BYAKU は我々も泊まりました。思い出に残る宿でした。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,017

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ