ブログ閉鎖中の話題(2014年11月19日)

宇都宮へ行って来た。その目的は「地底湖探検ツアー」である。
この地底湖は大谷石の採掘場の跡地で、その地下に溜まった湖の中をゴムボートで探検するのである。これは非常に面白そうな企画で地元市町村が時折開催しているが、予約を取るのが非常に難しい。費用は5400円で、現地集合、現地解散である。


大谷石の切り出し現場



大谷石というのは、昔はお大尽の家の石垣や蔵に用いられていて、万年塀の私の家とは品格が違った。その大谷石を切り出していた場所が宇都宮市大谷町であったことから「大谷石」と名付けられた。そういえば、同級生のM君の家は大谷石の塀であったのを思い出した。


石材店では切り出した「大谷石」の形を大きなカッターで切り揃えていた



宇都宮駅から関東バスに乗り、集合場所の「道の駅」にある「ろまんちっく村」で降りる。今回のツアーの参加者は13名だった。
その内の2名はテレビ朝日の取材陣で、残りの11名の内、男性は私ともう1人だけだった。最近のオバサンはオジサンより物見高い。

先ずは大谷石の露天掘りの現場を見る。大きく掘り下げられた下の方で、石工の職人が1人で機械を使って大谷石を切り出していた。
次に石材店でその大谷石を加工している現場を見る。ここまでは驚かない。


大谷石を切り出した跡地に建つ個人の家。



いよいよ次は「地底湖」である。
明治から昭和の終りまで、人間の手で掘られていた現場の跡地がある。
そこに長い間に雨水と湧き水が溜り、地底湖となったのである。この場所は個人所有の土地なので本来は自由に見られないが、市町村が町興しのために地主を説得してこのような面白い企画のツアーを組んだのだそうだ。いまはまだ試験的なツアーである。


切り出し現場はエジプトの遺跡のようだ。



真っ暗闇の中で僅かに点灯している壁の電球と、ガイドのヘッドライトを頼りにゴムボートに乗る。フラッシュを焚かないと、自分の足元も見えない。
全くもの音のしない真っ暗な静寂の中を、ゴムボートは進む。
気温もかなり低いように感じる。途中で左へ曲がった。

突き当りは頭がつかえるほど天井が低い。ボートは反対側に進み、そこでボートから降りて小さな切込みの穴から上陸する。
カメラのフラッシュで明るく見えるが、撮影が終ると真っ暗になる。


真っ暗な洞窟の中で、ゴムボートに乗る。



上陸した後に背中を屈めながら進み、広い場所に出る。
そこを手探りで進み、狭い通路を進むと突き当たる。下を見ると穴がある。
底に水が溜まっている。昔の石工のトイレである。

元の場所に戻り、またボートに乗る。そして約50分の地底湖探検は終った。
久し振りの、とても面白い企画に出会った。


地底湖を2艘のゴムボートで進む



このツアーの間は、ズーとテレビ朝日が撮影している。私も撮影されたし、インタビューも受けた。ツアーの感想を聞かれたので、『これは面白い。しかも大谷石の切り出し現場の跡はエジプトの王家の墓のようだし、地底湖はイタリアの青の洞窟のようだ』とオーバーに話したが、果たして採用されるか?
放送は火曜日深夜の「お願いランキング」という番組だそうだが、誰が見ているのか?


洞窟の奥でボートを降りて上陸する。



(おまけの話)
宇都宮と言えば「餃子」である。
なぜ餃子かと言うと、それは宇都宮市観光協会のHPに出ている。
市内に餃子を出す店は2000軒ほどあるそうだが、折角、宇都宮まで来たのだからと思い餃子を食べてみた。


ボートが奥へ進むと、天井に頭がつかえる。



現地に行く前に、駅の近くの餃子屋に入った。
そして「12種類の餃子」というランチを食べた。
地底湖探検の帰りにも餃子を食べる気でいたが、いざ駅に着いたら食べる気がしなくなった。2食続けて餃子を食べられるほど、私はもう若くなかったのである。


宇都宮餃子は東京と違いは無かった。



新幹線で東京駅に着いたら、なにやら警察官や駅員が大勢出ていて、乗客も何かを待っているようだった。先に進めないので、私も待つことにした。
するとしばらくして、天皇皇后両陛下が警備に守られながら、向こうから私の方へ歩いて来た。私は生まれて初めて天皇皇后両陛下を目の当たりにしたが、常に「多くの人に見られ、低姿勢でいなければならないのも辛い」だろうなーと思った。


奈良県での公務を終えて戻った天皇皇后両陛下。


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,485

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,485

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ