天気が良かったので、アートを求めて銀座1丁目から8丁目まで歩いた。
都バスを「有楽町駅」で降りて、銀座一丁目方面に向かう。
東京国際フォーラムの横を通ったら、ギターの音色が聞こえて来た。

近寄ってみたら、いつもそこで演奏している「ダニエル・コフリン」だった。
彼は東京都の認定した大道芸の資格で、そこでギターを弾いている。
アメリカ人とのハーフで、演奏が上手なので、いつも人だかりがしている。


 アーティスト「ダニエル コフリン」



次は1丁目の「フジフィルム・フォトサロン東京」に写真を見に行った。
この写真展はプロもアマも出展できるので、写真の優劣が激しい。
そこを出た時に、急に思い出した。

少し前のテレビニュースで、『1丁目の「yogibo」という店が、夜中の0時からバーゲンをする』と知った人達が前日から並んでいる風景だった。

私からすれば、ただのビーズのソファ、椅子、クッション、ネックピローなどを売る店である。50%以上の割引に釣られて、並んだのかもしれない。
この日はバーゲン後の3日目だったせいか、店にはお客がいなかった。


「yogibo」



銀座通りを歩いて行ったが、そろそろクリスマスの飾りが目立つようになった。高級ブランド店のショーウィンドーが、そもそも「アート」である。
4丁目角のNISSANのショールームに着いたら、昔のダットサンが飾ってあった。向かいの三越デパート前は、待ち合わせの人で大混雑である。

それに加えて外国人観光客が、ウロウロしている。
銀座は建物に高さ制限があるので、高層ビルの再開発は出来ない。
だからみんな街を歩く。それが銀座の魅力でもある。


「NISSAN」 ショールーム



NISSANの上の6階の「SONY イメージング・ギャラリー」に行った。
そこで「猫」の写真展が開催中である。
「猫がそんなことする?」、というような写真が展示してあった。

エスカレーターで下の階に降りたら、白人女性が群がっているのが見えた。
近付いて行ったら、そこには犬のロボット「aibo」が動いていた。
みんな興奮状態で、夢中でスマホで動画を撮っていた。


 SONY PLAZA「イメージング・ギャラリー銀座」



7丁目に行くと、左側に立体花壇が目立つ時計の「OMEGA」がある。
1階から上まで14段の花壇があるが、季節ごとに花を入れ替えている。
OMEGAを過ぎて横道に入ったら、男が私の方に近付いて来た。
そして手に持つ紙切れを、私に見せた。

そこには『38じかん なにもたべてない。しんどい』と書いてあった。
私は銀座で、この男に会うのは2度目である。
前回は暇だったので、『私も朝から何も食べてない』と言ってやった。
中国からニセ坊主も来るし、新手の出稼ぎかもしれない。


「OMEGA」 立体花壇



銀座8丁目に行くと、私の贔屓の「資生堂」がある。
贔屓と言っても化粧品を買うのではなく、地下のギャラリーである。
資生堂のギャラリーは1919年にオープンした現存する日本最古の画廊といわれ、銀座地区最大級の空間で現代美術を紹介している。

今回のタイトルは「このあたらしい世界 ただ、いま、ここ」というものだった。写真の作品がメインであるが、他には小さな作品もあった。
いつも見に行って思うのだが、いつも「難解なアート」である。


 「資生堂ギャラリー」



銀座8丁目の土橋近くに、高級バラの販売をする「ローズギャラリー」がある。この店は生花ではなく、プリザード・フラワーを販売している。
これはバラを乾燥・脱色・着色したもので、2~3年は持つそうだ。

それより驚くのが値段で、化粧箱入り「一輪のバラ」がなんと2万9700円もする。写真のような大きなものは、10万円以上もするだろう。誰が買うのか? 銀座で買い物をする人の中には、私の想像を越える人達がいるようだ。


 「ローズ・ギャラリー」



(おまけの話)
SONY PLACEで写真を見てから、エスカレーターで下に降りて行った。
3階に来た時に「Inbody 無料測定実施中」の看板を見付けた。
通り過ぎたが気になって戻って、もう1回、看板を見直したら住友生命が行なっていた。

「無料」にも惹き付けられたが、「Inbody」とは初めて聞く言葉だった。
そこでよく分からないままに、部屋の中に入って行った。
受付で「Inbodyの測定をお願いします」と言ったら、機械のあるところに案内された。


「Inbody の測定実施中」の立て看板



靴下を脱ぎ、機械の足印のところに立つ。
そして両手でバーを握り、これもメッキの押し釦のような場所に合わせて、両手を開く、この時、肘を曲げてはいけないらしい。

約15秒ほどで結果が出て、それをプリントアウトした紙を別のテーブルで渡される。そしてそこに書かれた数値に関して、係の女性が説明してくれた。

この機械は韓国製で「体を構成する基本成分である体水分。たんぱく質・ミネラル・体脂肪を定量的に測定できる」そうだ。
家に帰ってからRAKUTENで調べたら、なんとこの機械は82万5000円もした。


「測定器」



私の測定結果は100点満点中「66点」だった。
「筋肉量 50.9」、「体脂肪量 20.9」、「肥満指数 24.2」、「タンパク質量 良好」、「ミネラル量 良好」だった。
僅かに上半身の筋肉量が不足していたが、これは仕方ない。ゴルフを止めたからだ。

下半身は毎日、歩き廻っているので、「標準」であった。
これは住友生命が行なっているので、もう生命保険に入れない年齢の私はお客でないのか、あまり愛想が良くなかった。


 測定結果をプリントして渡してくれる


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,025

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. Shinji
    Shinji
    返信

    生命保険に入ろうか、どうしようかと迷っている間に、もう老齢になってしまって、入れなくなった。これで迷いが一つが消えうせた。ありがたい。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,025

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ