ずいぶんと久し振りに、新宿東口を歩いた。
新宿へ行っても映画を見て帰るだけなので、東口はあまり行かない。
地下道から東口の地上へ出たら、思ったほど人がいなかった。
以前はここで待ち合わせの人達で、溢れていたのだが・・・。

それもコロナ禍だけではないと思うが、人の流れの状況が変わってしまったようだ。
東口広場で周りを眺めたが、西口のビル群がいやに目立っていた。


新宿駅東口広場



広場から目の前のビルを見たら、猫がいた。
これは2021年7月のブログで「新宿に巨大な猫出現」というブログを書いた、あの時の街頭ビジョンの猫である。以前と放映方法が違い、コマーシャルの間に短く猫が登場する。

以前は三毛猫だけだったが、今回は白い可愛い猫も登場する。
猫好きの私はコマーシャルが終り、猫が出るのをいつまでも待っていた。


街頭ビジョンの「飛び出す猫」



猫を切り上げて、伊勢丹デパート方面に進む。
右側にある「フルーツパーラー高野」、左側の「ABCマート」、更に進んで信号を渡ると右側に「三省堂」と続く。道路の反対側には「眼鏡市場」があるが、この場所は

私には思い出深い場所だ。私が学生の頃はここは確か「早川」という焼売屋で、2階に雀荘があった。
私はここへ入り浸って、マージャンをしていた。ここで鍛えられたお陰で、社会人になってからは、麻雀ではかなりお小遣いを稼がしてもらった覚えがある。


 懐かしの場所



その先には「ビックロ」があったはずだ。
「ビックロ」とは「ビックカメラ」と「ユニクロ」の共同出店で、家電と衣料品が一緒であった。ところが今は「ビックカメラ」だけになっていて、ユニクロは撤退していた。調べてみたら、ユニクロが10年の契約期限の更新をしなかったそうだ。

開店早々に私も行ってみたことがあったが、なにか違和感があり、「ダメじゃないかなー?」と、その時は思ったのである。相乗効果がどうであったかは発表されていないので不明だが、良ければ契約更新をしていたはずだから、それからも結果が分かる。


  以前は「ビッコロ」、いまは「ビックカメラ」



ビックカメラの並びの少し先は、「マルイ」である。
昔は「月賦販売の丸井」で一世を風靡したが、お洒落とは縁遠かったように思っていた。知らなかったが、今は場所貸しのテナント業にビジネスモデルが変ってしまったようだ。向かい側の伊勢丹には、ここへ越して来るまではずいぶんとお世話になった。

いまは全く縁遠くなってっしまい、滅多に行くことも無くなった。
それでも三越と合併したことにより、零細投資家の私は10%割引で商品を買える。


  「新宿伊勢丹」



伊勢丹の斜め向かいには、2011年までは三越新宿店があった。
その横を入ったところにある、天ぷらの「船橋屋」によく行ったものだ。
カウンター式の天ぷら屋で、職人が目の前で揚げてくれるのが楽しかった。

器に天汁に大根おろしを入れて待つ。職人が熱々の天ぷらを和紙の上に置く、
それを箸でつまみ天汁に浸し口に運ぶ。最近は値段がかなり上がったようだが、私がよく通っていた頃は、定食の1人前が1200円くらいだった覚えがある。


 天ぷら「船橋屋」



腹ごしらえが出来て伊勢丹先の明治通りを渡ると、新宿3丁目交差点である。
その少し先の右側に、「追分だんご本舗・新宿本店」がある。
時間があれば、ここでお茶をする。時間が無い時は、「だんご」を買って帰る。

昔は「新宿3丁目」から「2丁目」にかけては、「ゲイの町」で怖かった。
私は夜の3丁目は知らないが、いまは63軒のLGBTQ御用達の店が林立し、「オールジェンダー」で活気を呈しているようだ。今回の新宿東口の散策は、ここで終り。


 「追分だんご」



(おまけの話)
マンションの友人にHさんという、私より少し年配の人がいる。
ある時、彼の娘さんの結婚相手が会社を閉めて、『アメリカに行って俳優になる』と言って家族で渡米してしまった。なかなか芽が出なかったようだが、最近になり思い掛けない話を聞いた。

『彼はまだメジャーで俳優になれていないが、子供がメジャーにデビューした。「ディズニ―+」の番組の「SHOGUN」に出る』と言った。
私はわざわざ契約してまでは見たくなかったので、そのままにしていた。


 壁いっぱいの「SHOGUN」



最近のことだが、用事があり新宿に行った。
大江戸線の「新宿西口駅」で降りて、地下道に出て驚いた。
壁いっぱいに、更にすべての柱に「SHOGUN」のコマーシャルが出ていた。
「SHOGUN」は10回シリーズのドラマで、プロデュースと主演は真田広之である。

1600年にイギリス人のジョン・ブラックソーンの乗り込んだエラスムス号が網代の漁村に漂着した。そのイギリス人こそ、後の「按針」である。うろ覚えながら彼のことは知っていたが、もう一度、本を読んでみようと思った。


 柱の液晶画面も「SHOGUN」


地下道の壁の巨大な広告の最後に、有名俳優からのお祝いの花束が飾られていた。
その中に「森崎ウィン」という聞き慣れない名前があった。
早速、ネットで調べてみたら「両親ともミャンマー人で、出稼ぎで日本に来た。彼は街でスカウトされてタレントになった。森崎は芸名である」と分かった。

それよりも驚くのはHさんの義理の息子が「50歳を過ぎ、会社を畳んで俳優になりたくてアメリカに移住した」ことである。「人生は一度きりだ」と言って、家族と共に渡って行ったそうだ。私にはとても出来ないが、一方で羨ましかった。


 有名人からのお祝いの花篭


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,030

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

    Shinji
    Shinji

    新宿駅東口広場 は昔大きな映画の看板が並んで西口方面が見えなかったのに、随分とすっきりしましたね。それと、西口に続く暗い半地下道連絡通路があって、思い出横丁に出ましたが、今はスッキリと明るい通路になっていることでしょう。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,411,030

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ