(前回までのあらすじ)

インターネット社会に生きる我々はもはやプライベートなど無いに等しくなってきている。
特に世界のインターネット検索を牛耳るGoogleにおいては、その広範な無料サービス提供の対価として、インターネット利用者の個人情報をゲットし、利用しているのである。
そんなG様(Google様のこと。爺様ではない)をなんとか出し抜けないか・・・。
そこで密やかな抵抗として、ストリートビュー撮影のために撮影車で我が物顔で撮影するG様のプライベート行動を、自らの仕掛けである「ストリートビュー」で世界に露出させる試みをしたいと思ったわけである。

函館にいたG様

さてさて、ともあれ、G様は函館にいたのである。
7月に伊達にいたからもしかしてずっと道南を彷徨いていたのであろうか。

函館の客先に打ち合わせに向かう途中だったのだが、
目的地まであと2-3kmというところで突然G様とすれ違ったのだ。

今回も出会った時はあっという間であった。

ドライブレコーダーなる高価なものは拙車(とは言わないか・・)に装備はないわけで、
突然来られても「あ”〜・・・」てなもんで通り過ぎていくばかり。

しかし、今回は打ち合わせまでの時間に余裕があったし、
比較的交通量の少ない道であったので、
すれ違ってからすぐに左に寄せて一時停止した。

Uターンして追っかけてやろうと思ったのだ。

それで後ろの車をやり過ごし、
早くUターンしてG様を追いかけたかったところだったが
対向車が何台か来てしまい、
結局G様の撮影車との間には5台くらい入っただろうか。

そして数百メートル先に行ってしまった状況で後ろから追いかけた。

ええい、前の車どもが邪魔だ。
しかし追い抜きもかけられない。

そんな先行者も1台左折し、1台右折し・・・と
次々に僕の前方から消えていった。

が、G様は前方にまだ現れない。
と、かなり前方の信号で赤信号。

しめた!この信号で止まってくれていれば・・・
と期待して信号待ちの列に並んだが、
なんとそこに止まっていた車3台にG様の姿はなかったのである。

またしても逃したか・・・

いやいやいや・・・・
本当に残念である。
今回は尻尾まで捕まえていたのに・・・・


客先との約束の時間もあったので、
ここで諦めるしかない。
泣く泣くコンビニでまたUターン。

失意のうちに車を走らせていると・・・・

出た!奴だ!・・・

出たのである。

ストーキングされているとも知らず
相変わらず我が物顔でのうのうと撮影しているG様が
対向車線を向こうから曲がって来るのが見えた。

多分見失った時に横道に入って撮影しながら本道に戻ってきたから
今頃またすれ違うことになったのであろう。

いや〜ほんと、ラッキーである。
僕にはこいつがカモネギに見えた。

で、すかさずさっきから助手席に撮影体制にしておいたiPhoneを左手で取り出して
すれ違いざまにシャッターを押した。



カシャ!

・・・


一瞬であった。
時速40km同士ですれ違うのだから時速80kmの車を撮影するわけで、
多分撮影可能な距離からすると0.4秒くらいしかチャンスはないはず。


僕はすぐに車を左に寄せて停車させ、ちゃんと撮れたかドキドキしながらチェックした。

すると・・・


おー!!一瞬のチャンスを捉えて
まあよく撮れているではないか。

スズキのアルト。
ルーフには2000万画素の全方位カメラが積載されているのがわかる。

結構地味だから意識しないとカメラだってことも気づかれないかな。これ。
軽自動車だし・・・。



コントラストなどを上げて拡大

問題はここから・・・

さてさて・・・

G様のお姿を捉えることができてまずは最初のハードルをパスした。

問題はここからである。

僕の目的はG様のプライベートな姿をG様自身の仕掛けで世界中に露出させることである。

つまり、僕がカメラで撮っているところがストリートビューに写っていないと意味ないわけ。

どうなんだ?ストリートビューに写ってる?

もうひとつ、このチャレンジで難しいところは、
G様は動画撮影をしているわけではないというところだ。

つまり、何秒かの間隔でシャッターが切られ、
それを繋ぎ合わせてストリートビューを作っているわけ。

だから僕が車の中からカメラを向けて撮影しているときにG様が写してくれているかどうかは実はわからないのだ。

実はこの問題には恥ずかしながらあとで気づいた。

だが撮影は一瞬だが、
カメラを構えていたのは2秒くらいあったはずだから・・・・と

淡い期待をもちながら、そろそろ今回の函館の写真がマップに
アップロードがされただろうと思った9月の中頃になってストリートビューをチェックした。

撮影場所は写真のデータにしっかりと位置情報で記録されている。
この事実自体、G様の掌の上にいるということだが、まあいいか・・・

その場所あたりをストリートビューで開いてみる。

(つづく)


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

kayakerからの関連記事