Googleは何でも知っている。

インターネットと切り離せない世界に生きることは
もうあなたの個人情報は隠せないということだ。

あなたがインターネットで検索するキーワードや通販履歴から
あなたの好みのファッションや書籍も
あなたの交友関係も
あなたがネットでアクセスするヤバい情報もエッチな映像も
そしてスマホを持つあなたがいつどこにいるかくらいは
すべて把握してG様は記録しているのだ。
ネット検索で表示させる情報の順番や
何の情報を表示させるかさせないかさえも彼らの手の内にある。
ネット上の情報はフィルターにかけられているのだ。

ゆえに、GoogleのことをG様と呼ぶのである。
(もちろんネット上にはその情報にアクセスできるハッカーや団体もいるのだが)

なんてこった。
僕らは奴らになんの抵抗もできないのか・・・


世界の道を歩く

Google Street Mapで伊達市の大手門を見ると・・・


グーグルストリートビュー


他にもリアルな情報が握られている。

みなさんはGoogle Street Viewなるものを知っているだろうか?
日本中、いや、世界中の道をドライブしたり歩いたりできる仮想空間である。
自分の住所をこれで検索してみるといい。Google MapからStreet Viewが開ける。
すると見事に自分の家が道からどんなふうに見えるのかがわかる。
つまりあなたがどんな家に住んでいるのか出ているのだ。
駐車場に車があれば、どんな車に乗っているのか?
庭には何が咲いているのか?
もしかしたらあなた自身が愛犬と散歩をしているのが写り込んでいるかも。

いやいや、ほんとプライベートなんてないわけだ。

しかし、これってどうやって撮影されているのか?
まさか衛星からはあなたの家の正面は撮れない。

そう、彼らは車を使って撮影して回っているのである。

ささやかな抵抗

G様がバイトを使って専用車で撮影しているのはわかっている。
インターネットでも公表済みだ。


G様はこんな車を世界中に何台も走らせているのである。

ならば我々の街でも走っているのをみるはずだ。
実際ここ数年で何回か北海道のいろいろなところで見かけてはいる。

そこでG様に対するささやかな抵抗を思いついた。

「G様を逆撮影してやる!」

つまりG様の車を僕が逆撮影し、
その写されている残念な姿をGoogle Street Viewに自ら掲載させ
「G様のプライベートが奪われているところを晒してやる」という
なんの足しにもならない一般市民のささやかな抵抗である。

ということで
それからというもの、車を走らせる時は常に(というか忘れてなければ)
彼らの出現に用心するようになった。

見つけた!

とはいうものの、
G様が走らす撮影車はそんじょそこらに走ってはいない。
しょっちゅう同じところを走るわけがない。

Google Street Viewの撮影日を見ても、
場所によっては数年前の古い画像である。
変化のある都会はともかく、多分人口規模によって撮影頻度が違うのであろう。
それでしばらくしたらG様へのレジスタンス作戦はすっかり忘れてしまっていた。

ところが、ある日。
天災とG様は忘れた頃にやってくる。

この前の7月に伊達市内の国道37号線を走っている撮影車に出くわした。
しかしあっという間であった。


伊達市梅本町の画像 上下に撮影日(Google Street Viewより引用)

ストリートビューの撮影記録を見ると確かに2022年7月。
あの時確かにG様が通り過ぎた痕跡だ。

この時、G様の撮影車の撮影はできなかった。
またしても僕のプライベートを撮影し、
消えていったのだ。

だが、この8月に出張中の函館でまた出くわしたときは
ついにG様の車を捉えてやったのであった。

(つづく)

Street Viewの説明


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

kayakerからの関連記事