以前の記事から読まないと意味わからないと思うよ。

遭遇は忘れた頃にやってくる(1)
遭遇は忘れた頃にやってくる(2)
遭遇は忘れた頃にやってくる(3)



この不思議な文字列を解読できる輩はいるだろうか。

このロゴの作成者は何がしかの意味をこめているはずである。

そこで解読を試みてみた。

ちょっと集合知を利用して色々な人に問いかけしてみたが、
少しヒントが得られた。

まず、この文字列。

ある人がつぶやいた。

ギリシャ、キリル、ラテン、ルーンなどの文字の集合体だなあ、、

なるほど・・・
英語っぽいけどアルファベットを使う違う言語かも。

左上の木の枝みたいなマーク。
そしてRに見える文字
これらはどうもルーン文字のようだ。

ルーン文字とは7世紀頃までヨーロッパの古代ゲルマン民族の間で使われていた24種(あるは25種)の文字。
いくつかはアルファベットの起源になったとか。

その解釈は2種類あって、
「ゲルマン式」と「アングロサクソン式」の2種類の意味があるらしい。


引用:https://market.japanvikings.com/blog/2021/12/28/173815

いくつかの解釈があるようだが、
以下の解釈がなぜかしっくりきた。


引用:https://waqwaq-j.com/germane/1133/


引用:https://waqwaq-j.com/germane/1133/

だが円周を囲む文字列はあまりにも意味をなすように見えない・・・

すると、またある人が考えをシェアしてくれた。

少し自分で考えてみたのですが、自分の英語スキルが低いため全く見当違いの方向であるかもしれません。

まず周りの文字列は

TCEPAFICCOAOMONOCANODIOEONNANKAKGVANOTOVOVEOPENTO

と自分には見えました。(LEET表記は「こう見える」が基本の読み方になるので違う文字の可能性はかなりあります。

Iが実はLであったりΦはeの他p、q、9、rなど色々な解釈ができたり、理論よりも感性寄りの表記です)
分解すると

AAAAAACCCCDEEEEFIIKKMNNNNNNOOOOOOOOOOOPPGTTV

になります。

Oがイヤに多いですね。

自分のボキャブラリからなんとか絞り出せたそれっぽい単語は

EVAC POINT OF INNOCENT

くらいでしたが、
画像の外枠にある「ER」やビーコンに集まる動物たちと組み合わせると
動物保護団体系のなにかなのかな、
と自分には思えました。

(それにしたってなんでこんなにわかりにくい事やってるんだとも思いました)
もちろんこれが答えだとは言えませんが、考察の助けになれれば幸いです。

おー!!!

これまたナイスアドバイス。

ヒントになりそう。

確かに中央の図柄を観ると、
何やらいろいろな動物が何かに集まっている。

ライオン?
エイリアンにも見える不思議な4つ足の生き物。
それにアヒル?
蛇?
サソリ?
そしてナマズ?深海魚?

彼らは何を持っているのであろうか?

椰子の実?

傘みたいなものは何を意味する?

そして上にある文字列をアナグラムで考えて
これをBEACONと読んだらどうかということ。

ビーコンというのは発信機。

なんらかのものに動物たちが引き寄せられ、
いや崇めている?

(それにしたってなんでこんなにわかりにくい事やってるんだとも思いました)

そうなの。

なぜここまでして暗号化する意味があるのか?

しかし一部の人?にはメッセージになるはずのこの複雑怪奇なロゴ。

誰か解いてくれないかな?


インディージョーンズ、頼む!!!
これを解いた時には宇宙人からお迎えがくるかもしれないのだ・・・

(いや、もしかしたらポアされる?)


犬と暮らしとカヤックと kayaker

アクセス総数:11,528

豊浦町でワンコたちと暮らし、たまに海で遊ぶ日常をつづります。

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

kayakerからの関連記事

犬と暮らしとカヤックと kayaker

アクセス総数:11,528

豊浦町でワンコたちと暮らし、たまに海で遊ぶ日常をつづります。

kayakerのよく読まれている記事(直近期間)

kayakerのカテゴリー

kayakerのハッシュタグ

kayakerのアーカイブ