芸大を受験して東京・目白に住んでいた頃JRの初乗りは30円だった。

明治通りと目白通りの交差点にある
千歳橋近くにあったアパートの2階から
見通しの良い天気の日には富士山が見る事ができた。

新宿の高層ビルは 
まだ3本しかなかった。

アパートから目白駅まで10分とチョット。

池袋駅までは15分くらいだったので、
電車で池袋に行く事はなかった。

新宿には歩いて30分はかかるが
時々歩いていた。

「22歳の別れ」という歌が流行っていた頃。
僕は年上の彼女と別れて
油絵の師匠の住んでいる盛岡に引っ越したのだった。

そこで妻と出会い結婚して長女をもうけ、
7年暮らした。

数少ない尊敬する人である師匠の
10歳年上の奥様からは数々の教示を頂いた。

・本物とは何かとか 知っている事と知るべき事 
とか

・何を創るにしても、まず人間作りから
とか 

生きるヒントの数々・・・

中でも最も印象に残っているのが
「絵なんて子供でも誰でも描ける。絵画の世界は政治の世界だ」
というもの。

来客が多い家だったのでストレスの為か、
奥様はトイレに入ると30分は出て来ない時もあった。
一冊の本を読んでしまうのだ。
その頃は
まだ速読という概念すら無かったので
僕は信じていなかった。

そうして多くの本を紹介されて読んだが
発売当時日本最長だった中里介山著
「大菩薩峠」未完の長編もそのひとつだった。

信頼できる人から紹介されなかったら
チャンバラ小説だと思って、
たぶん一生読む事はなかった・・  (続く)



それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,396

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

糸をつむぐようにからの関連記事

それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,396

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

糸をつむぐようにのよく読まれている記事(直近期間)

糸をつむぐようにのカテゴリー

糸をつむぐようにのハッシュタグ

糸をつむぐようにのアーカイブ