最初にモンゴルを訪れた当時でも、
日本でボンネット形のバス🚌を見ることは無かった。


グループは三つに分かれていた。
絵を描くグループとイトウ釣りをするグループだ。
イトウは誰も一匹も釣ることはできなかったらしいが、
自然を満喫したのは間違いがない。

全員集まって40人くらいだろうか。

写真を撮っていないので残念だが、
皆で乗ったバスは汚い(車内は大丈夫)だけでなく、
トンデモないバスだった。

正面のガードが無く
エンジンが丸見えなのだ!!

一時間はバスに揺られながら(ず〜〜っと舗装の無い道を走って来たのだ)
オオカミを遠くに見たりして・・・

山のふもとの、車では行けない所まで着いた。

バスを下りて20〜30分くらい歩いて
氷山の端っこに着いた。
土と氷の間は溶けてひさしのようになっている。

その下で運転手の〜ドルジさんだかバツトルガさんだかと
ツーショットで記念写真まで撮った。

真夏なのでモンゴルも暑い。
氷山の下はとても涼しかった。
氷河に着くまで歩いていた時には
野生のヤクが約2頭、草を食べていた。

駄洒落です(念のため) 

モンゴルの夏を満喫した一日だった。



それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,394

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

糸をつむぐようにからの関連記事

それでも人生は進んでいく 糸をつむぐように

アクセス総数:13,394

北海道室蘭市で生まれ育った無骨で頑固なオヤジですけど? 何か?
インスタでも覗いてケロ

糸をつむぐようにのよく読まれている記事(直近期間)

糸をつむぐようにのカテゴリー

糸をつむぐようにのハッシュタグ

糸をつむぐようにのアーカイブ