心の伊達市民 第一号

ブログ閉鎖中の話題(2015年4月20日)


静岡の友人のM君が上京した時に、国立公文書館で開催されている「JFK その生涯と遺産展」に行ったと知らせて来たので、JFKが大好きな私も行ってみることにした。JFKとは我々の年代なら誰でも知っている「ジョン・F・ケネディ」第35代アメリカ大統領である。


国立公文書館は、地下鉄東西線の「竹橋駅」で降りる。


ミドルネームの「F」が何かを知っている人は少ないが、このFは「Fitzgerald」である。ケネディ大統領に付いて語ると、とてもこのブログでは紹介し切れない。
良い面だけでなく、悪い面では有名映画女優達との病的な浮気、マフィアとの関係、ベトナム戦争へ介入などもある。


私は国立公文書館には初めて入った。


国立公文書館は千代田区の竹橋にある。
展示場は入場無料で、貴重な資料や手紙などの展示と、ビデオでケネディの演説を流している。

あの有名な言葉「あなたの国が何をしてくれるかを問うのではなく、あなたが国に何が出来るかを問いかけて下さい。」も流れていた。
【Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country】


JFK展の大きな看板。


ケネディ大統領の演説は格調高く、国民の心を打つ。
私は日本の政治家もケネディに見習って、心に響く格調高い演説をして欲しいと感じている。

私がNYに行く前年の1963年にケネディ大統領が暗殺されたが、皮肉なことにNHKテレビが実験的に衛生中継をしたその時に映し出された最初の映像がケネディ大統領の暗殺であったのだから、日本人はみんな驚いてしまった。


同じ時代を過ごした人には必見の展示会である。


暗殺犯はオズワルドの単独犯だとして片付けられたが、そんな単純な話ではなかったようだ。そのせいか、その後、何度かそのことが本になったり、映画化されたことからも分かる。私はその都度、その映画を見に行った覚えがある。
あれは今でも謎の多い事件であった。


このヘアスタイルが日本の若者の間で、ケネディ・カットとして流行した。




私が今でも残念に思うことが2つある。
1つは歴史に「もしも」は無いが、「あの時、暗殺されなかったら、その後の世界の歴史はどうなっただろうか?」ということが分からないことである。

もう1つはケネディが暗殺された5年後に、「ジャクリーヌがギリシャの海運王と言われた23歳も年上のオナシスというジジイと結婚した」ことだ。
この結婚はなぜか、「私の夢を壊された」ような気がした。
まだ若かった私はジャクリーヌが、「金に転んだ女」のように見えたのである。


国立公文書館の向かい側は皇居の北桔梗門。



私はケネディと同じ時空を過ごしたので、非常に親しみを感じている。
当時はケネディ・カットと言って、同じヘアスタイルが流行ったほどである。
故ケネディ大統領の葬儀の時になにも分からずに、いたいけな姿で参列していた長女のキャロラインが今は駐日アメリカ大使として日本に赴任しているという巡り合せに、私は深い感慨を覚える。


ここにもアメリカ人らしき観光客が・・・。JFK展には興味が無いようだ。


(おまけの話)
ケネディが暗殺された頃のアメリカにいた私は、ある意味では「歴史の証人」かもしれない。私がNYにいた1964年7月に、ケネディが暗殺される前に心血を注いだ人種差別を禁止する「公民権法」が成立した。

それでも人種差別は無くならず、私はグレイハウンドの長距離バスに乗る時には、どの席に座れば良いかを白人運転手に聞いた覚えがある。
その理由は、黒人は後部座席だったからで、日本人は準白人扱いでバスでは前の方に座れたのである。公民権法が出来ても、その頃はまだ人種差別が当たり前だった。


ケネディ記念コイン。(50セント)。 私は1個だけ持っているが、今の価格は2490円と思ったより安い。


私は自分のルーツを家族に見せたくて、1974年の「アメリカ建国200年祭」の時にNYに旅行に行き、私の住んでいたクイーンズ区フラッシングにあるアパートを見せた。

そのアパートは当時から入り口がオートロック式となっていて、磁気カードこそ無かったが、今の私の住むマンションと変らない。地下室にはコイン式の洗濯場があり、生ゴミは各階のダスト・シュートから地下室へ投げ入れることが出来た。


今でも当時のアメ車が走るキューバ市街。


あの頃のアメリカは輝いていたし、歴史的にも絶頂期だったのかもしれない。
そこで、もし生まれ変わることが出来るなら、私はあの時代のアメリカの白人に生れてみたい。ケネディ展に行って、昔を思い出した。
ボケ老人の口癖のようだが、「あの頃は良かった」。


ケネディが海上封鎖をしてソ連と核戦争になりかけたキューバと、オバマ大統領は国交を再開した。






コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ