心の伊達市民 第一号

(緊急事態宣言の発出前の話題)

天気が良いので、久し振りに都庁の展望台に行ってみようと考えた。
毎日、出掛けるとなると、そうそうは行くところが無くなる。
現役の時は毎日なにも考えずに会社に行けば良かったが、今は自分で行く場所を考えなくてはならなくなってしまった。


大江戸線「都庁前駅」


コロナ騒動の前は新宿に行く時は、NIKONのサービスセンターでカメラの修理依頼をする。その後に都庁の展望室に上って「都庁おもいでピアノ」を弾く人の演奏を聞いたり、眼下の街並みや富士山を見て良い気分になった。
時には都庁の職員用食堂で、お昼ご飯を食べたりした。


駅の検温器は1℃マイナスに出ているように思う。(以前から)


都庁の展望室に行く前に、果たしてコロナ下でも展望室は一般公開しているかどうかを確認してみた。やはり予想通り閉鎖中で、「新型コロナ感染症の感染拡大防止の観点から、都庁展望室は当面の間、休室します」。

そしてその下に「再開日時に付いてはホームページやツイッターなどを通じて、改めてお知らせします」とあった。


都庁第一庁舎の2階からの光景。


でも特に行く場所も無いので、都庁に行くことにした。
大江戸線「都庁前駅」で下車する。改札を出ると、右側に無人の検温室がある。
誰もそこに立ち寄らないが、私は行って検温する。35.0℃と表示された。
ここの検温器はいつも低めに出る。前回など、34℃台だった。


フラッグ展示コーナーは入室は出来ないが、無料の紙のサンバイザーがもらえる。 (ただし、自分で作る)


1階の入口から都庁に入り、係員に「展望室に行きたい」と言う前に、係員から「展望室は当分の間、コロナ感染防止の為に閉鎖」のプラカードを見せられた。
仕方ないので2階の「東京2020オリンピック・パラリンピック大会のフラッグ展示コーナー」に行ってみた。しかしここも閉鎖中だった。
ここでもアルバイトらしき男が、同じプラカードを持って立っている。


オリンピックまで「あと99日」(4月15日)


そうなるとおもう行くところが無い。しかし思い出したことがある。
32階の職員食堂には行けるのでは?
受付の女性に聞いたら、「あちらの機械で、入館申請をして下さい」と言われた。

画面の指示に従い、氏名、連絡先、用件などを選んで押すとQRコードが印刷された紙が出て来た。それを受付に出したら、胸から下げるカードを渡され入館できた。


入館申請のために登録機。


時間は11時40分くらいだったので、まだ職員はあまり来ていない。
自販機でラーメンを買う。410円だった。
キャフェテリア方式でラーメンを受け取り、空いた席に座る。
これが意外に美味しい。

12時になり職員がドヤドヤと来出したので、私は席を立ち都庁の外に出る。
久し振りに新宿中央公園に行ってみたら、お昼休みのサラリーマンたちがベンチでお弁当を食べていた。太陽の陽を浴びて、気持ちの良い日だった。


職員食堂の「醤油ラーメン」は410円は安い。


(おまけの話)
展望室のツイッターを開いて、ビックリした。そこには次のように書かれていた。「都庁展望室の定位です。都庁展望室ごごキャビネットややのしし、悪絶予の決定により急遽、開室あり閉鎖する際にしします。ごみください」。
HPを乗っ取られたか? 都庁の職員は誰もこれに気が付かなかったのか?


新宿中央公園から見た西新宿方面(右が都庁)


最後の「ごみください」が笑える。これじゃー都庁が「ゴミを下さい」と言っている。呆れると同時に暇人の私は、15日に都庁のホームぺージの「お問い合わせ」にメールでこの件を知らせた。

この私の行動は嫌がらせではないと思う。親切心からである。
「悪絶予」はもしかして中国の「コロナウィルス」かな?と思ってネットで調べたが、それに相当する単語は出て来なかった。


新宿中央公園の「白糸の滝」


翌日の夜になってから、都庁のホームページを確認した。
するとホームページは私の指摘を受けて、既に書き換えられていた。
すぐに対応した態度は良いと思うが、それを知らせた私には何も連絡は無い。

別に「お礼の品を寄越せ」と言っているわけじゃないのだから、せめてお礼の
メールを寄越すのが礼儀ではないだろうか? また腹が立ってしまった。


新宿中央公園の芝生広場から見た東京都庁(左は小田急ハイアット・ホテル)


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ