フラフラと歩いていると、思い掛けないものに出会うことがある。
「エー、なんだ、これ?」というものに出会った時は写真を撮り、後でネットで調べることになる。

出掛けた時は「捨て目」を忘れない。いつになっても好奇心から離れられない私である。それが「ボケ防止」に役立つと信じて疑わないのであるが、本当に役立つかは定かではない。



「シェアサイクル」(中央区図書館も拠点)


中央区の図書館にはよく行く。散歩がてら歩いて行くのに丁度良い距離なのである。途中には隅田川、築地市場、あかつき公園、築地本願寺、コーヒー豆屋などがあり、「今日はどんな様子かな?」と見て廻るのも楽しみの1つだ。
図書館が近付いた時に、私の横を真っ赤なスクーターのような車が追い越して行った。



「なんだ、これ?」


「なんだろう? あまり見掛けないスクーターだな」と思ったが、そのまま歩いて行った。図書館に着くと、道路の反対側に先ほどの真っ赤なスクーターが停まっていた。

運転手はそこにいないで、ハンドルの前にはウーバーイーツのバッグのようなものが掛けてあった。
珍しもの好きの私は写真を撮った。そして家に戻ってから、バイクに書かれたロゴ「Shearo」という単語を検索した。その結果は「Shearo(シェアロ)」とは「電動バイクの時間貸し」の会社のロゴだった。



有料でシェアが出来る電動バイク


まだサービスが始まって2ヵ月なのでShearoの拠点があまり無いが、面白そうなビジネスである。
電動バイクは山梨県甲府市のメーカーのもので、中国製が溢れる時代に国産とは嬉しい。

この電動バイクは折り畳み式で、シェアサイクルと同じように時間貸しである。ホームページによると、15分で200円、24時間で2000円、1ヶ月は2万円で借りられる。
町中でよく見掛ける「シェアサイクル」より、漕がないでいいのだから楽そうだ。



ハンドルの中央に「Shaero」書いてあった。


ネットには「中央区にも拠点がある」と書いてあったので、どうせ暇なんだからと見に行った。場所は中央区日本橋馬喰町2丁目であった。
地図で見ると都営「浅草線」で「浅草橋」が近いようだった。
駅から5分くらいの交差点の駐車場の一角に、2台のスペースに1台の電動バイクが置いてあった。
1台は貸し出されているようだ。看板に大きく書かれた料金の説明文に違和感を感じた。



「シェアロ」の拠点は有料駐車場の一角(馬喰町)


ホームページと違い、ここでは「オールタイム 10分300円」と書いてある。
『なんだよー!ホームページと料金が違うじゃないか!!』と思った。
私は借りないから構わないが、借りようとした人は15分借りると2倍の料金になる。納得しないままに写真を撮ってから、その場を後にした。



折りたたんだ「シェアロ」が2台用意されている。


家に帰ってから、もう一度、「シェアロ」を検索したが、やはり「15分200円」だった。
このブログを書くにあたり、写真を良く見直してみた。
すると私の勘違いで、この料金説明は駐車場の利用料金のことだった。

「シェアロ」の電動バイク車庫の上に大きく書いてあるのだから、私でなくても間違える。
しかも「シェアロ」の説明も、料金表もどこにも無かったのである。間違えた私が悪いのか?



看板の「オールタイム 10分300円」で勘違いした。


(おまけの話)
都営「浅草線」で浅草橋の2つ先の駅が「浅草」である。
久し振りに「シェアロ」の拠点を見た後に、浅草まで行ってみた。
日曜日ということもあり、駅を出たら歩くのも困難なほど人が出ている。

多くの人達がコロナでため込んだ、「出掛けたい!」という気持ちが爆発したのだろう。私の見た感じでは、もうコロナ前の状況となっていた。



雷門の下は大混雑


記念撮影ポイントの雷門前は大混雑で、近寄り難いので私はそこを避けて先に進む。新仲見世通りを歩いて行き、以前に50枚100円マスクを買った店の前を通った。

値段札を見たら、いまは195円に値上がりしていた。
更に進み、どこかでランチにしようと思ったが、どの店も入店待ちの列が出来ている。こんな光景は長いこと見たことが無い。



マスクが50枚 195円になっていた。


仕方ないので「入れる店ならどこでも」となり、観光客が来ない「ひさご通り」の「メンマル」に入った。
ここのラーメンは、驚きの330円である。もう数回は来ていると思う。

「ひさご通り」にはみ出して置かれたテーブルで食べるラーメンは、台湾を感じさせてくれる。
最初は外で食べるのは恥ずかしかったが、いまでは平気になってしまった。
帰りがけにカフェでアイスコーヒー(小)を飲んだら、335円でラーメンより高かった。



ラーメンは330円(ひさご通りのメンマル)


伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,394,349

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

コメント

  1. 阿部 正
    阿部 正
    返信

    自分は、体調不良は、有りませんでしたが、胆振支庁の人から、[六回目打つと死ぬよ]と言われましたが、今の今まで、生きてしまいました。幸いなことに、7回目接種します。

    1. JIYUJIN
      JIYUJIN
      返信

      2年も前のブログを読んで頂き、ありがとう御座いました。私もワクチンは6回打ちましたが、大丈夫です。最近はコロナも忘れられていて、マスク姿もあまり見なくなりました。

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

アクセス総数:1,394,349

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ