心の伊達市民 第一号

11月12日にブログで取り上げた『武漢ウィルス(97)・・・これで最後にしたい』でコロナの話題は終ると思った。毎日の東京都のコロナ感染者数を手帳に付けていると、ドンドンと減って行くのが気持ち良かった。ところが12月の2週目くらいから、少し様子が変になって来た。
前の週の同じ曜日と比べて、増加している日が続くようになって来た。



疱瘡退治の絵

(昔の日本では感染症に悩まされ、それを退治する浮世絵が流行した)



更に問題なのは、デルタ株から変異した「オミクロン」というウィルスが、空港の通関で発見されるようになって来た。それでも大したことにならずに収まるかと思ったら、市中感染の報告が12月22日に大阪、24日に東京と相次いだ。その後は各地で発見されている。


「オミクロン」はまだ分からないことが多いが、どうやら「感染力は強いが、重症化はしない」らしい。
ウィルスは自分が生き残るために感染力を増す。しかし「宿主の人間が死んでしまったら、自分も生きられない」という宿命にあるそうだ。これは感染学者の受け売りである。



アマビエ


南アフリカから広がったオミクロン・ウィルスは、あっという間にヨーロッパに広がった。
ニュースによると【12月29日発表の1日当りの新規感染者数はアメリカは31万2043人、イギリスは12万28812人、フランスは19万9808人、イタリアは7万8300人、スペインは9万9671人、ベトナムは1万4440人、日本は313人】だった。


日本政府にコロナ対策を助言する評議会は『日本の感染者数は1月には、1日当り数十万人に膨れ上がる恐れがある』と伝えていた。だが私の予想では、評議会はまた外すだろうなー。



「麻疹送り出しの図」


日本は昔から感染症では苦しめられて来た。代表的なのは「疱瘡」と「コレラ」だった。
コレラは漢字で「虎狼狸」と書いた。きっと「虎」と「狼」と「狸」を合わせたくらい怖かったのだろう。
そのせいで、多くの疫病退治の浮世絵が残されている。
今回の写真はその中から、いくつかの浮世絵を選んで載せた。



「虎狼狸(コレラ)の図」


特に有名なのが、「加藤清正の手形」である。
この絵は大きな手の平の前に、どっかりと座った加藤清正がいる。
朝鮮出兵の際に、かの地で虎を退治したことで有名になり、疫病を加藤清正に退治して欲しかったのだろう。


その時代には原因も分からず、どうしていいのか分からず、ワクチンも無く、神様に祈るしかなかった時代なのである。そこへいくと現在はワクチンもあるし、飲み薬も出て来そうだし、ウィルスの正体も分って来ているので、神様に頼らないで済む我々は幸せである。



悪病退治の図


12月24日のニュースで、「在庫になっているアベノマスクを廃棄する。その前に希望者には無料で提供する。送料は政府が負担」と報道していた。これを見た女房は、『すぐに申し込んで!』と私に言った。
「捨てるものを欲しい」とは思わなかったが、理由を聞いてみたら、『ガーゼなので、色々な利用方法がある』と言った。


彼女は手芸が好きなので、きっと驚くような作品になってアベノマスクが生かされるだろう。
申込は「100枚単位」と分かり、100枚を注文した。そして1月中旬に「アベノマスク」が我が家に届くことになっている。


【アベノマスク申込】・・・https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/mask_haifu_kibou.html


悪病退治には為朝の絵が人気だった。


(おまけの話)
先日、夕食の時に、私の娘が話している内容にビックリした。
その日の午前中に、彼女は友人に会いに出掛けて行ったのは知っていた。
会いに行った友人はフランス在住で、正月を日本で過ごすために戻って来たのであった。


日本への入国に際しては、出発国での14日以内のPCR検査の陰性証明書、空港でのPCR検査、日本到着の空港でのPCR検査、その後、3日間のホテル隔離と連日のスマホ・アプリによる連絡、自宅での10日間の自粛が義務付けられていたそうだ。



虎列刺(コレラ)退治の図


10日間の自宅自粛が解除されたので、友人は私の娘に会うことが出来たのである。
久し振りに友人と会ったので、お茶をして2時間くらい過ごしたようだ。
その日の夜である。娘のところに友人から電話があった。


そして驚くべき話があった。『検疫所からの連絡で「帰国便の中にオミクロン感染者が見つかった。あなたは濃厚接触者となったので、外出をしないように。検査は12月30日で、詳細は別途、知らせる」という内容だった』そうだ。



トラ退治の加藤清正の手形は一番人気。


でも良く考えてみると、帰国者は搭乗する空港に行く2週間前までのPCR検査の陰性証明書が必要である。
出発空港ではPCR検査を行い、日本に着いたら空港でまたPCR検査を行う。
そして指定のホテルにバスで運ばれて、3日間の隔離が行なわれる。


そこを出る時にまたPCR検査を行い、自宅で10日間の隔離生活を行うのである。
彼女が濃厚接触者と言われたのは、日本に到着後14日目である。すでにその時は外出している。
空港でのPCR検査の結果が14日後に出るとは思えない。これで「感染を止める」というのは無理である。



麻疹(はしか)心得乃図


帰国して自宅隔離から解除された後に、『濃厚接触者』と言われても遅い。
すでに彼女は町中を歩き廻っているし、私の娘にも会っている。
検査の結果で彼女が「感染」だったら、次は私の娘も濃厚接触者になる。


娘の検査結果によっては、私も次の濃厚接触者になってしまう。もう感染を止めることは出来ないと思う。
どうも報道とは違い、コロナの入国管理には穴がありそうだ。



疱瘡退治の図


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ