心の伊達市民 第一号

先日の高熱でクリックでPCR検査を受けた時の続きである。
体温計で測った最高体温は「38度」だった。
友人達からは『さぞ辛かったでしょう?』と慰めの言葉が送られて来た。


ところが実際は、私は普段となにも変らなかった。自分では高熱を感じていなかったのである。
体温計で測ったら「38度あった」というだけのことで、もしかしたら高齢で高温を感じなくなっているのだろうか?



昼飯に入った蕎麦屋の貼り紙


最近の私は新型コロナウィルスに関することを書くと、段々と過激になって来ているように感じている。
私はワクチン接種の3回目も終り、「これでもう安心」と思っていたら、どうもそうではないらしい。
新型コロナウィルスに関して、「そもそも」のことを覚えている人はいるだろうか?


当初は「ワクチンは2回、打てば良い」と専門家は言っていたのではないか?
それが海外でオミクロンが出て来たら、「ワクチンが効かなくなったので、3回目を打て」となった。
話が違う。「2回でOK」と言った専門家は、今になっても『そんなこと言ったっけ?』みたいに黙っている。



NISSAN ギャラリーのF1レースカー(銀座4丁目)


ヨーロッパでは「ステルス・オミクロンBA2」という新しい変異株が登場し、現在のオミクロンより更に1.5倍の感染力だという。ワクチン先進国のイスラエルでは、1月から4回目のワクチン接種が進められている。


3回目が効かないとなったら、政府は次に「4回目を打て」と言い出すだろう。
そして4回目が終ったら、次は「5回目」となり、永遠にこれが続く。
「いい加減にしろ!」と言いたい。政府と分科会は製薬会社の回し者か?




かいのマンションの1階広場の光の模様


こんな無節操な感じでワクチンを打ち続けていて、人類は大丈夫かと心配になって来た。
「ワクチンで人工的に体内に抗体を作ることを繰り返していると、人間が自然に抗体を作り出す能力を失ってしまう」と言う感染症の専門家もいる。


オミクロンに感染しても、持病を持っている人と高齢者以外は重症化しないと言われている。
更に死亡する人の割合も、インフルエンザに罹った時の半分くらいだそうだ。
もう欧米の国々のように規制をしないで、自然に任せた方が良い時期ではないだろうか?




晴海から豊洲に行く橋から見た旧IHIの錆びた引込線陸橋


過去の感染症の例から分かるのは、「なんだか分からないが終息した」ことである。
私のお爺さんは運悪くスペイン風邪に罹り亡くなったが、あの時も「なぜスペイン風邪は収まったのか?」は謎のままだそうだ。
1918年~20年にかけて世界的に大流行したスペイン風邪に付いては、スペインが可哀そうである。


発生源はアメリカらしいが、スペインに駐留していたアメリカ軍からスペインの市中に広がったのに、名前をスペイン風邪とされてしまい、いかにも名前からスペインが発生源のようになってしまっている。




ある日の夕方の「天使の梯子」


以前から私は政府の分科会は、本当に「日本の医学界の知能を集めたのか?」と疑問に思っている。
尾身会長は「自粛」ばかり言っていて、2年も経っても自粛の科学的な根拠を示していない。
「分からない」のなら、正直に「分からない」と言ってくれ! その方が誠実さを感じられる。


権威付けられた人は「ごめんなさい」や「分かりません」が言えないようだ。
分科会に入っていない専門家がネットで色々と発言している。
この際、そのような人達を分科会のメンバーに加えてもらえないだろうか?



閉店した後に取り壊される古いビル(数寄屋橋)


私が気に入らないのは尾身会長である。彼がインタビューに答えると、それがテレビニュースで放映される。その時の彼の言い方に問題がある。『・・・・と私は個人的に思います』と、良く言うのである。
政府の分科会会長の肩書でインタビューに答えているのに、『私は個人的には・・・』はないだろう!


もしこれが上場企業の社長のインタビューで、社長が『私は個人的には・・・』と発言したら、メディアは非難轟轟であろう。なぜ記者たちは誰も『個人的な話ではなく、分科会の意見を述べて下さい』と言わないのだろう? なんだか不思議なインタビューである。



日本消防協会の入口の消火栓のオブジェ


(おまけの話)
なんでも縮めることが好きな日本人らしく、最近は「まんぼう」という言葉を聞くようになった。
これは「まん延防止等重点措置」のことだそうで、これでコロナを抑え込めなければ「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」になるのだそうだ。


東京に発出されていて、2月13日が期限だった「まんぼう」が、感染者が思ったように減らないので3月6日まで延長となった。私の考えでは過去の例から考えて、「まんぼう」と感染人数には相関関係は無いと思う。



遊覧船も開店休業(日本橋)


私は「中央区いいねっ!」というfacebookのメンバーになっている。
このサイトには新しく開店した店に行った人の報告や、珍しい企画の紹介などが登場する。
ある日のことである。次のような投稿があった。


『2月の新橋演舞場の公演が休演となり、出店している銀座萬年堂本店さんが上生菓子がたくさんあるとのこと。マンボウ商人イジメの余波はこんな形でじわじわ来ます。本日のお茶の時間にいかがですか?』とあった。この先のことを考えると、萬年堂は新橋演舞場に補償も要求できないだろう。
みんな苦労をしているんだ!



大道芸もマスク姿で(浅草)


少し前にテレビニュースで、「生乳が余っていて、5000トン余りを廃棄するしかない」と知った。
全く勿体ない話なので、牛乳を飲み、ヨーグルトを食べ、極力、協力するようにしている。


三越デパートに行ったら、レストラン街のある店の前に看板が出ていた。
そこには店が「冬こそ牛乳でみんな元気に! 日本の酪農応援フェアを開催」と書いてあった。
学校の休校やイベントの中止などで、酪農以外の業界も相当に痛め付けられただろう。
私は消費者として応援するしかない。



「冬こそ牛乳でみんな元気に!」


コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ