心の伊達市民 第一号

ブログ閉鎖中の話題(2018年4月13日)


4月6日に強風が吹いたことは既に書いた。
夕方になり家に戻ってから、ベランダで乾した洗濯物を居間に持って来て畳んだ。
ところが私の愛用のパジャマの下のズボンはあるが、上が無い。
女房に聞いたら、「どこかにあるでしょう。自分の部屋を探したら!」と言われてしまった。





大横川に架かる黒船橋から下を見たら、和船が見えた。


ところが狭い家なのに、どこにも無い。
きっと強風でどこかに飛んで行ってしまったのだろうと思う。
翌日になり郵便局に用事があったので、海の方まで歩いて行ってパジャマを探したが無い。
そこからもと来た道を引き返し、門前仲町に向かって歩きながら探したが見付けられなかった。





和船乗り場の黒船橋桟橋。


門前仲町に流れる大横川に架かる黒船橋を渡っている時に、何気なく下を見た。
するとそこに和船がゆっくりと進んで行くのが見えた。
3月24日から4月11日まで「深川さくら祭」が開催中で、そのイベントの和船だと分かった。
でも桜はとっくに散ってしまっていて、「さくら祭」の雰囲気はまるでない。





和船に乗る。(船賃は500円)


下に見える桟橋に行って、乗船を申し込んだ。
私が乗った和船は船頭とガイドの2人がいて、乗客は若いお母さん達の3人連れが一緒だった。
船は静かに、音も無く岸を離れる。 そして川上に向かって上って行く。
川は大した流れが無いので遡るという感じは無く、どちらかというと満潮に乗って下るという感じだ。
黒船橋の下をくぐり石島橋の近くまで行き、そこで船は反転する。






ガイドのジイサンは冗談ばかり。    船頭は寡黙だった。



桜は全く無い。しかも川面には花筏も無い。「さくら祭」が気の毒である。
船頭は無口だが、ガイドのジジイがエンターテイナーで冗談ばかり言っている。
昔の演歌を歌ったかと思うと、懐から栄養ドリンクの空瓶を取り出し、橋の下に来ると口に当てて吹く。
すると「ボァ~ン」という船の汽笛のような音がする。
川の水は綺麗で、匂いも無い。ガイドのオジサンが水を手に取って、舐めて見せたのには驚いた。



川上に向かって和船は進む。両側の桜は葉桜になっている。



これは商売じゃないので、「乗船客に喜んでもらいたい」という気持ちがストレートに出ている。
ボランティアというのはお金を儲けようと思っていないので、お客はその「おもてなし」が嬉しい。


船に乗る人もあまりいないので15分の予定だったが、途中でまた船を反転させた。
冗談ばかり言っている間に30分も経ってしまい、やっと船は桟橋に戻った。
今日は思いがけず、良い経験をした。「犬も歩けば棒に当る」とは、このことか?






和船は静かに進んで行く。






帰ってから「和船・友の会」のホームページを開いてみた。そこには和船の研修と検定試験の案内も出ていた。1年で、8回くらいの実技で、その後の試験に合格すれば船頭の資格が得られるらしい。
何でも興味のある私は、今は「やりたい」という気持ちと、「少し面倒だな」という気持ちが葛藤している。果たして、どうなるか?



深川観光協会のサービスで「新内流し」の和船が来た。





(おまけの話)
受付で船賃の500円を払い、船着場の桟橋に行く。そして、そこにいたジイサンに声を掛けた。
如何にも「船頭」という出で立ちで、着ているハッピも染め色が落ちて年季を感じさせる。

私   「もう船頭歴は長いんですか~?」
ジイサン「18年かな~」
私   「これは仕事ですか?」
ジイサン「違うよ!、これは和船の技術を残すためのボランティア活動だよ」
私   「それは失礼しました」



向こうに見えるクルーズ船は、同じようなコースで2300円もする。




その後、船の準備が整うまでの間に、色々な話をした。
ジイサン「この菅笠の浮世絵は私が描いたんだ」
すると近くにいたバアサンが「これの方がもっと凄いよ」と、自分の菅笠を見せてくれた。
この浮世絵もそのジイサンが描いたのだそうだ。


いかにも船頭!



私が『凄いですねー』と言ったら、ジイサンは自分のバッグから何か探している。
そして「今はこれしか無いが、プレゼントします」と言って、ドングリを差し出した。
そこには「ミツバチ・ハッチ」の絵が描いてあった。

何もやることが無く、「毎日が日曜日」と嘆いているジイサン達に比べて、「なんと元気で、しかも充実した人生を送っているんだろう」と橋の上から下を見た偶然に、私は感謝したのである。


趣味で菅笠に描いた浮世絵。       ドングリに描いたミツバチ・ハッチ。

















コメント

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ