心の伊達市民 第一号

少しだが秋風を感じたので、そろそろ浜離宮恩賜庭園の「キバナコスモス」が見頃ではないかと思った。以前なら窓から浜離宮のお花畑が見えたのだが、いまは目の前のタワーマンションが邪魔で見えなくなった。

私がこのマンションに越して来た時は、すでにそのマンションの建設計画があったので文句も言えない。一方で私の住むマンションが出来た為に、レインボーブリッジが見えなくなった人達もいるのだから静かにしていた方が身のためでもある。


「キバナコスモス」の畑で。


昨年の手帳を出して来て今頃の行動を確認したら、私は浜離宮に行っていた。
そこでマンション前から東京BRTに乗って新橋へ出て、そこから歩いて浜離宮に行った。入場料は300円と安いが、シニアは更に5割引があり150円である。

入口からお花畑が見えた。いつもと違い、大勢の人達が来ていた。
高級カメラを持ったカメラマンが目立つ。みんなキバナコスモスの撮影が目的のようだ。


まだ蕾の多い「キバナコスモス」


水路に架かる橋を渡ると、そこは一面のキバナコスモス畑である。
「キバナコスモス」という名だから「黄色い」と思うのだが、赤やオレンジもある。
ここは特に赤が圧倒的に多く、黄色は片隅に植えられているだけだ。
多くのカメラマンはキバナコスモスを接写で撮影している。


 まだ満開には早かった。


私は今回はコンパクトカメラと一眼レフカメラを持参した。
ブログに載せるような全体像を撮るには、コンパクトカメラの方が扱いやすい。
まだ見頃には少し早かったように感じた。
ミツバチが花の蜜を求めて飛んでいる。まだその数は少ない。
花が満開になるとミツバチの数も増え、探す必要もないので撮影も楽になる。


赤い「キバナコスモス」に止まったミツバチ


ミツバチを見ていると、黄色の花の方が好きなようだ。
すぐに花に止まり蜜を吸い静止してくれるので、コンパクトカメラでも問題なく撮影できる。忙しそうに飛び回るクマバチや蝶を撮るには、一眼レフでないと難しい。
ここでミツバチが採った蜜は、銀座ミツバチ・プロジェクトで三越で売られている。


黄色が好きな「ミツバチ」


ところが大きなミツバチである「クマバチ」は忙しなく飛び回り、なかなか花に止まらない。止まったと思っても、すぐに飛び立つのでなかなか画面に収まらない。
もっと難しいのが「ナマアゲハ」で、花に止まることをしない。
ただただ飛び回るので、何枚も撮影して、やっと1枚だけなんとか写真になった。
しかしそれにしても暑い。


「クマバチ」


暑くて堪らず、日影を求めて庭園の奥の方へ歩いて行った。
浜離宮は周りをぐるりと水で囲まれている。しかも海に近いので、その水は海水である。隅田川と庭園の間にある水路に面した私の指定席のベンチで、持参した座布団を敷いて休憩とした。ここから目の前に私の住むマンションが見える。

来る時にスーパーで買って来た「いなり寿司」を食べ、食後に「みかんのゼリー」を食べた。そして持参した本を読み、しばらくの時間をのんびりと過ごしたのである。


「ナマアゲハ」


(おまけの話)
浜離宮に行く時はいつもなら歩いて行くのだが、今回はマンション前から東京BRTに乗って新橋まで行った。その理由は新橋にある「中銀カプセルタワー」の解体が、どの程度、進んだかを見たかったからである。今までに何回か見に行ったが、カプセルをクレーンで吊り上げるところに出会えなかった。

「今回はどうか?」と思い30分ほど待ったが、クレーンは動かずやはり出会えなかった。浜離宮の帰りにもう一度、見に行ったら、運良くクレーンで吊り上げているところだった。しかしカプセルごと吊り上げるのではなく、解体してから吊り上げていた。
残念でした!


クレーンで吊り上げた(中銀カプセルタワー解体現場)


しばらく涼しい日が続いたのだが、私が行ったこの日は暑さがぶり返して32度になった。寒暖差が激しいと、老体には厳しい。
家から持参した氷入りの水筒の水は飲み切ってしまった。

疲れを取るために、新橋BRT停留所の前のシャトレーゼでソフトクリームを買って休んだ。しかし暑過ぎるとソフトクリームは駄目で、自動販売機でコカ・コーラを買って飲んだ。


ソフトクリーム(387円){シャトレーゼ」


少し元気が出て来たので、女房に頼まれたニコラスにピザのテイクアウトのために新橋駅近くに行った。マンションに住む女房の友人2人がしょっちゅう我が家に食べ物をくれるので、お返しが大変である。
今回はピザがお返しとなったので、電話で予約をして「大」を3枚買って帰った。

だが自宅分のピザを夕食にしたが、以前よりかなり小さくなっていて驚いた。
値段は変えず小さくして売るのを「ステルス値上げ」と言うそうだが、小さくなり過ぎだ。なんか騙されたような気分になるので、ステルス値上げは止めてくれ!


  「ニコラス・ピザハウス」(新橋店)


コメント

    山本一道
    山本一道

    こんにちは

コメントを書く
お名前 必須

名前を入力してください。

メールアドレス
(表示されません)

正しいメールアドレスを入力してください。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

心の伊達市民 第一号からの関連記事

伊達季節移住のススメ 心の伊達市民 第一号

北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。

心の伊達市民 第一号のよく読まれている記事(直近期間)

心の伊達市民 第一号のカテゴリー

心の伊達市民 第一号のハッシュタグ

心の伊達市民 第一号のアーカイブ